« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月21日 (火)

マダム禮のお店

madamrei 今日は、私がベトナムと日本との文化交流の仕事に携わっていることから、ある友人に紹介され、アジアン雑貨ショップ「マダム禮」こと吉川禮子さんのお店に遊びに行ってきました。会社名も「マダム禮」で、経営をされています。

元は数学の先生だったそうですが、ベトナムの素敵なバッグを中心としたShopを、ネットと本郷三丁目とに構えています。是非訪れてみてください。

bagきっかけは、ヨーロッパなどで人気のベトナム雑貨をデザインしていたのが日本人男性で、その作品に惚れこみお店を作ったそうです。
この数年間に24回も現地に行かれているのですが、お会いしてみると、決して"やり手社長"のイメージがなく、ベトナムそのものを愛し、ベトナム人の器用さで作られた木目細かい刺繍の細工に惚れこんだ気持ちが、多くのお客様を呼んでいるのだと思いました。
小田急百貨店などにも出店していますが、特に地元鹿児島の百貨店では、販売成績で新記録を上げたそうです。

entrans「今日お邪魔していいですか?」と、いきなり思い立って伺ってしまったのですが、とても気持ちの良い方で、いろんなお話が聞け、私の夢もさらに膨らみ、本当にお会いできて嬉しかったです。
何か取材のようになってしまいましたが。。。(^^ゞ

「マダム禮」さん、これからもよろしくお願い致します。やっぱり思い立ったら、即行動がいいですね。(^^)v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

郵便受けに"Just Married"

married-card カナダの大自然を愛し、写真を撮り続けておられる村田さん、ご結婚おめでとうございます。やっぱりココロも優しい人だったのですね。(^^ゞ

某大手家電メーカーに勤め、休暇をとってはカナダに飛んでいた、大変お世話になった方です。
毎年11月に、西新宿のギャラリーで写真展を開催していますが、カナダの自然を長時間かけて撮影された、美しい風景写真を観ることができます。私も今回は友人を誘って拝見。新作の苦労話を聞いてきました。

趣味も半端でなくなってくると、一つの自分独自の人生観が見つかってきます。「自然が好き過ぎて女性のほうは、ちょっと。。。?」と思っていたらとんでもない、いつの間にか?結婚までもGETしちゃいました!素敵です、感服しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

日本橋・人形町クラブ(NNC)設立計画

あーぁ(>_<)ゞ 「表参道の女性社長日記」に先を越されちゃいましたが。。。

昨日、JATV社長でジャーナリスト北岡さんの日本事務所に、山崎百合子社長と共に呼ばれました。「アメリカの通が飲む地酒、美味しいよ!」と出されたのは見たことない銘柄のバーボン!こんなコクのあるバーボンは初めて。次に出たのはスルメ、これがまたうそみたいに美味しい。タイ産で米国で売っているそうで醤油やマヨネーズは無用!

新築マンションを自分専用に構えたようで、事務所というか書斎ともいえそう。若々しくて清潔でスゴイお洒落。そこにしばらく座っていると、彼女も私も、もう一つ会社を作りたくなってしまいました。儲けやノルマに拘束されない新しいビジネスモデルで。。。

場所は日本橋・人形町。あまり知らなかったけど、飲屋小路から高級フグ料理等々。消えてしまった時代の情緒が健在なのです。ここでコミュニティを作ろうという話がすでに出ていて、江戸っ子でなくてもいいけど、酒が飲めなくて乗りの悪いのはダメ。過去の話しか話題提供できない人は失格。とか居酒屋では話題も変わり、勝手にこの街に貢献。などなど、わけのわからない乗りで楽しんでしまいました。(^^ゞ

日本橋・人形町クラブ(NNC)結成に向けて。NASAの宇宙医学の三井先生も来てくれるかな?みんなスゴイ人ばかりだから、またまた新しい夢に向けて!が誕生しますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ホーキング、宇宙のすべてを語る

今日(連休のおかげ?)で、ようやくホーキング博士の最新本「ホーキング、宇宙のすべてを語る」を読み終えました。昨年暮れネットで購入し正月中に読む予定だったのに!

読むのが遅いので自己弁護。今までに読んだのは「ホーキング、宇宙を語る」「~、未来を語る」「~の最新宇宙論」そして今回4冊目ですが、どれも私が読破するには何十年かかっても無理。そこで「全部といわずとも、一箇所でも多く解ればいい…」と、私なりにのんびり調べながら読み終えた結果なのです。(-_-#)

確か15年くらい前、ホーキング博士を目の前で見て興奮した事がありました。来日記念講演会があり、それに私も参加できたのですが、ちょうど本人が会場ロビーに到着された時の事。車椅子なので目線より下だったのに、すごいオーラを見ました。

宇宙の話は小さい頃から好きですが、現在はマクロとミクロの研究が同時に進み、常に新しい学説や発見が生まれ、「この世の始めと終わり」とか、「量子論での時空を超えたゆらぎ」とかは、宇宙論というより、これはもう、「哲学」です。
で、私の場合いつの日にか、そちらにも興味を持ちつつ最新の宇宙論を楽しむようになりました。歴史上ではガリレオが死ぬ前に「それでも地球は回る!」と言ったとか、近代ではアインシュタインが「神はサイコロを振らない」と言って、最後まで「大統一理論」を完成できませんでしたが、宇宙論には常に「神」が出てきたり、東洋の「インドの哲学」が絡んだり。もしかすると、もっともっと大きなところで(時間も空間も超越したところで)全てが繋がっているのではとか。限りない夢が膨らみますね (^^ゞ

そいえば「神はサイコロを振らない」って言葉、最近TVドラマのタイトルにありましたね。だいぶ違うんじゃないですかね-? 番組を全然見ていないけど。。。

実は、この本でホーキング博士は、現在の哲学者に対し皮肉を言っています。
宇宙物理学がここまで進み、現代哲学も見直していく必要があるのではないかと。。。
難しい本を、自分流の読み方で、勝手に楽しんでしまう私です (^^)V
(だから、宇宙の話を聞かれても、オタクっぽくは語れませんので、よろしくです。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月 8日 (水)

63歳の北京外国語大学生

iijima なんと、63歳で大学生。昨日はこの方の誕生日祝いを渋谷のフランス風?居酒屋で。。。北京外国語大学で中国語を学んでいる現役の大学生です。北京では旧正月が終わりましたが、春休みということで帰国しています。写真がその飯島志欣さんで、古くから仕事でもお世話になっています。

誕生祝いのメンバーは僅か5人ですが、2ヶ月に1度集まります。お酒がみんな好きで「結の会」と名づけ、近況報告やら最近のIT事情など話題が尽きません。もう15年以上、一度も中断なく続いています。

wine飯島さんは、もと広告代理店でバリバリの営業マンでしたが定年退職後、中国語を 学びたいと留学しました。スゴイやる気で頭が下がります。私も勉強はしているつもりですが、ついダラダラと。。。でも定年退職後に悠悠自適と自賛し「ゆとり」見せつけている年金暮らしはイヤです。(何か、死ぬのを待っているようで)

他のメンバーもそれぞれみんな自分の生き方を持って、仕事の苦しみとも戦っています。とても明るく、楽しい「結の会」の紹介でした。

同じメンバーの仲西さんのブログ「UP WITH」を紹介します。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年2月 4日 (土)

上野の書道展へ

sudou 今日は、上野・東京都美術館の「現代書道院展」を観てきました。出品されてるのは、私の広告制作の仕事仲間で、「一般部から4年に一度のチャンス!是非観に来て欲しい」ということで足を運びました。

彼女の本職はコピーライターですが、とっても熱心に学んでいます。手紙などもらっても字がキレイで、きっと伸びる方だなと思っていました。同時開催していた他の団体のものも帰りにサッと観てきましたが、中でもこの団体は「仮名」が主体で、結構真面目で清潔な会だなという印象を受けました。習われている先生もとても良い方だと聞いています。

sudou-3書でも絵でも、大きな展覧会場に自分の作品が展示されるというのは嬉しいことです。友達 や、家族、親戚などもびっくりしますしね。私は書も本職になってしまいましたので、最近OLなどから、「昔(学校時代に)学んだきりで長い間やめてしまっているが、本格的に習いたい。」というメールが私のホームページを見てくる方が結構います。そういう方はみんな熱心で上達が早いのです。

団塊の世代(私も)で、定年退職してから、あるいはされる間際になって何か学びたいと思う方々がたくさんいます。とても良い事ですが、中にはもう少し若い頃に気がついているともっと良かったのになー!と残念に思う方はおられます。まあ、その時は仕事に全てをかけていたのですから仕方がないですけどね。

「書」のお勧めみたいになってしまいましたが、出来れば、やればやるほど終わりがないこのような趣味を選ばれて、彼女は良かったと思いつつ帰路につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

孫からのEメール

taisukeまだ 6ヶ月の孫からメールがきた!なんて。。。ありえない(O.O;) でも声が聞こえました。

今日、妻が(娘の)孫に会いに行くと言って朝からウキウキしている。私を誘ってはくれなかったので、デジカメを貸したら撮ってきたのがこの写真。ケガしてるじゃん!単なる引っ掻きキズでもこの騒ぎ。。。でも、多くの方は「他人の孫の写真」みても感じませんよね。

私の場合、「孫」っていう歌が流行っても、みんなから「孫が生まれると絶対にデレデレになるわよ。」などと言われても、実際に授かってみると夢中にならない。でも冷めているとかではなくて、両親に自分たちでちゃんと育てて欲しいと気遣って、でしゃばらないようにしているだけ。本当はとっても可愛いと思います。

思い出したけど、昔(娘と息子が中・高校生くらいの時)夕食後の団欒で、私が何かの拍子に、二人に「この家にいつまでもいられると思ったら大間違えだぞ!」と、言ったことがある。二人は「えっー?!」って言ってたけど、その言葉を潜在的に覚えているのか、私夫婦に何の負担をかけることなくそれぞれ社会に出ていきました。今となっては、負担をかけているのはむしろ私の方かも。(^^;ゞ

ほんとの、ほんとの、プライベートなお話しでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

ベトナムのお正月

昨日まで、ベトナムでは旧正月(テトって言います)でした。

haron 仕事でベトナムとの文化交流サイトを作っているのですが、正月休みで、現地からの情報が留まっていました。今日からやっと正月明け。それなのに、まだまだ一週間くらいは正月気分だそうですよ。でも、ベトナム人は器用+勤勉ですから決して怠ける人たちではありません。

ここでちょっとサイトからのニュースを紹介。>http://www.vietnam-no1.com

2006年のTETは1月29日から31日。ベトナムの人にとって大切なTET(テト)は旧暦のお正月。 旧暦は農業やお祭りなどで重要なので、現在も新暦の新年もお祝いしますが 旧暦のお祝いを大切にします。
家族親戚一同が集まる大切な行事なので、日本と同じようにテト前には皆、お正月の準備で大変です。海外や遠方から故郷へ戻る人達の中には1ヶ月近く休暇をとる人もいるとか...
この時だけはあの賑わっているホーチミンも人が少なくなります。
ベトナムでも今年は同じく戌年です。忠誠の意味を持つ2006年も経済成長とともに更なる発展を期待しています。

rotusこんな感じで、私のところにはベトナムニュースが毎日入ってくるので、また紹介できる話題があればカキコします。
日本の正月はもう遥か彼方へ。。。と思いを馳せた今日でした。

このページの写真は私がカメラマンですので、もし良かったら(大切に使っていただけるなら)どうぞご自由にお使いになってください。(^^ゞ 写真上:ハロン湾(世界遺産) 右:蓮の花

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »