« 「夢酔独言」っていうタイトルの由来。 | トップページ | 孫からのEメール »

2006年2月 1日 (水)

ベトナムのお正月

昨日まで、ベトナムでは旧正月(テトって言います)でした。

haron 仕事でベトナムとの文化交流サイトを作っているのですが、正月休みで、現地からの情報が留まっていました。今日からやっと正月明け。それなのに、まだまだ一週間くらいは正月気分だそうですよ。でも、ベトナム人は器用+勤勉ですから決して怠ける人たちではありません。

ここでちょっとサイトからのニュースを紹介。>http://www.vietnam-no1.com

2006年のTETは1月29日から31日。ベトナムの人にとって大切なTET(テト)は旧暦のお正月。 旧暦は農業やお祭りなどで重要なので、現在も新暦の新年もお祝いしますが 旧暦のお祝いを大切にします。
家族親戚一同が集まる大切な行事なので、日本と同じようにテト前には皆、お正月の準備で大変です。海外や遠方から故郷へ戻る人達の中には1ヶ月近く休暇をとる人もいるとか...
この時だけはあの賑わっているホーチミンも人が少なくなります。
ベトナムでも今年は同じく戌年です。忠誠の意味を持つ2006年も経済成長とともに更なる発展を期待しています。

rotusこんな感じで、私のところにはベトナムニュースが毎日入ってくるので、また紹介できる話題があればカキコします。
日本の正月はもう遥か彼方へ。。。と思いを馳せた今日でした。

このページの写真は私がカメラマンですので、もし良かったら(大切に使っていただけるなら)どうぞご自由にお使いになってください。(^^ゞ 写真上:ハロン湾(世界遺産) 右:蓮の花

|

« 「夢酔独言」っていうタイトルの由来。 | トップページ | 孫からのEメール »

コメント

文章は洗練されているし、写真は美しいし、見事なブログですね。仲西は、週末何か考えます。

投稿: 仲西裕 | 2006年2月 2日 (木) 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/8461260

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのお正月:

« 「夢酔独言」っていうタイトルの由来。 | トップページ | 孫からのEメール »