« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

ええっ、ドイツ旅行(ベトナム観光つきで)98,000円?!

Sky 「ベトナム航空で憧れのドイツへ行こう!!」というタイトルで、旅行コースができたのですが、あまり安いので調べてみると更にビックリ、ワールドサッカー日本代表の試合日程に合わせてドイツ旅行企画を組んでいるのでした。
<W杯1次リーグ>6月12日オーストラリア戦/6月18日クロアチア戦/6月22日ブラジル戦とのこと。

この旅行企画はいずれもフランクフルトに着いたあとは自由滞在型ですが、(ゆとりをみて3日間滞在したい場合は1万円高になる)行き帰りはハノイやホーチミン観光もついていて、どうしてこんなに安いの?でしょう?チケットがなくてW杯を見られない人でもドイツ旅行出来ればいいですよね!

今日は会社で仕事しながら宣伝をしたくなってしまいました。
http://www.vietnam-no1.com/special/free-plan/plan.html#plan2
是非こちらのサイトで確認して見てくださいね。旅行企画案ですから、問い合わせをして自分の希望を言って相談することもできるのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

今年も早すぎ、桜はまだ三分咲き!(^_^;)

sakura-1 昨日は五島美術館「源氏物語絵巻展」を観たあと、半蔵門線で「半蔵門」へ。この日デートした女流書家の先生は何と79歳になるのですが、足腰が元気元気。黄信号も走って渡ってしまうので、私はいつもヒヤヒヤです。(¨;)
実は去年のお花見は、巣鴨「六義園」~新宿御苑というコースでしたが、やはりソメイヨシノが早すぎ。もっともこの日は巣鴨に長居し新宿到着が遅れ、御苑の中には入れなかったのですが。。。(>_<)ゞ

sakura-2今回の千鳥ヶ淵も、ソメイヨシノは上の写真の如くでした。来週は各地でお花見大会が始まるのでしょうけど残念。
右の写真は靖国神社境内の「開花宣言」の桜です。見ると、ちゃんと開花してるんだけどなー?(-!-;)y-

まあ、あんまり悩まず、その後は銀座。生ジョッキーで乾杯!。本当はこれが楽しみとか!?( ^_^)/□☆□\(^_^ ) 去年もそうだった!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

『よみがえる源氏物語絵巻』展を観て。

goto-mus NHKでも宣伝していましたが、この復元は是非観たいと思っていたところ、親しい女流書道家から誘いがあり今日行ってくることができました。(写真中央の方は無関係ですm(__)m)
上野毛にある「五島美術館」特別展です。明日で終わりのせいか、何と1時間待ちでした。聞くと昨日は2時間待ちだったとか。

goto-tiket国宝「源氏物語絵巻」をもとに5人の日本画家が復元模写した19面ということですが、展示の仕方がわかりやすく、平成17年に完成したもの、40~50年前に復元模写されたもの、そして900年前のものと3点づつセットで並べてありました。
と言うことは最新の科学技術による成果がはっきり見えるのです。たとえば50年前に復元されたものには襖に模様が入っていません。それが今回完成されたものには模様がくっきりと、しかも色も違います。

芸術品を難しい顔してみているよりも間違え探しをしているようで、これまた面白い鑑賞会でありました。では、勉強にならなかったって?そんなことはありません。「宿木(やどりぎ)」の絵巻を細部まで鑑賞し、物語の中味にまで興味が深まったのですから。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

お見事!東京学芸大学の修士学位。

nini 春ですねー!お花見、そして卒業式。なんて感慨に耽っていたら、今日、上海出身のハンジンニィさんから、卒業式の写真が届きました。
日本に来て8年。先ず日本語を学び、日大芸術学部を卒業、学芸大学の大学院へと進み、その間、通訳、中国語講師、国際交流事業に参加、そして専門のCGデザイナーという才女です。

彼女が目指すCG+Webデザインがきっかけで数年前に知り合い、卒展での力作も拝見しました。「私が経営している広告企画・制作会社に入社したい」という願望を持ってくれて大変光栄でした。しかし、昨年当社に履歴書と作品持参で足を運んでくれたのですが、こちら側の受け入れ態勢の不備で躊躇していたところ、他の会社に就職が内定されてしまいました。本人には申し訳なく、私もとても残念!反省しています。

日本にこんな素敵な女性、まだどのくらい残っているのかな~?
仕事面で今後もお付き合いできれば。。。なんて思っています(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

美しくて、見とれた!「夜の競馬場」。

oi-keibajo 『やっほう。夜の、競馬が、はじまるよ。』(2006トゥインクルレース開幕) 競馬は若い頃少しやっただけの私が、こんなキャッチフレーズを知ったのは後のことでした。

90歳になったおばあちゃんは、今年に入ってから腰を痛めて大分元気がなくなってきました。そこで昨日も泊まりに行って来たのです。場所はモノレール「大井競馬場」駅から徒歩5分の八潮団地、そんなに寒くもないのでベランダから外を眺めながら晩酌。
すると、目の前に輝いている美しい夜景は何なのだ!と、ビックリ!

あれが「競馬場」だとは全然知らなかったのです。写真を撮る気になりました。
そして、この家に来るといつも「いい酒」があるので今宵は「バランタイン17年もの」で美しい夜景を肴にして酔うことが出来たのです。

介護は何もしなかったのか?って?いえいえ私が行くだけでおばあちゃんは元気になっちゃうのです。これで喜んでくれています。「長生きしてください」という僕の気持ちが、介護にも勝る「介護」なのですかねー?(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

二つの「夢酔独言」(^_^)v

この私のブログのタイトル「夢酔独言」を、ちょっと書風を変えて(別バージョンで)書いたものが今月の書として掲載されました。そこで作品の解説に補足をしちゃいます。
掲載されているのは「スローミミ」と言うサイトで、「スローライフ」に共感される人たちのためのコミュニティーサイトです。毎月私がここに「書と解説文」を依頼されて約3年?なんと!もう31回目になります。バックナンバーも見れますよ。

ttl-1ttl-2毎度、自由に思いつきを書かせて頂いていますが、今日はこの2 つの作品を並べて眺めてみました。見た目、結構違うでしょう。書体は両方とも「草書」ですが、右の方がまだ読みやすく、リズミカルで温かみがあるかも?その逆に左の方(このブログのタイトルに使った)は、字画そのものをできる限り省略。シンプルな造形にこだわってみたものです。

現代、我々が使っている「ひらがな」は、「女手」と呼ばれ平安時代には完成されていましたが、「あ・い・う・え・お」の原字は「安・以・宇・衣・於」であるのはご存知でしょう。見事な省略と変形ですね。これこそ「極限」と言いたいところ。しかし仮名はあくまで表形文字。表意文字としての漢字(漢文)の場合はそこまでやっては意味を持ちません。

あぁ、書の難しくも楽しいところ。私は死ぬまでこの道に挑戦し、自分と戦い続けます。バカは死ぬまで…と言われても(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

宇宙医学「三井先生」(その又つづき編)

多才な「レオナルドダビンチ」を尊敬、と語られる三井先生。宇宙医学の研究でも活躍。

現時点で、宇宙旅行に行くのは止めた方が良い人は「脳出血、脳動脈瘤、高血圧、妊娠中」。気をつけた方が良い人「緑内障、椎間板ヘルニア、虫歯・歯槽膿漏、環境の変化に心理的負荷を受けやすい人」。だそうです。
良いのは、「頭の血流が増えることで増毛効果が期待、脳梗塞の治療に、背骨の間隔が開くので身長が伸びる」などなど。
「宇宙と言う無重力の空間は身体に合わない面が多いのですが、逆に医療の場に持ち込めば、地球でできない夢の治療も可能な"宇宙ホスピタル"がそのうちできるかも。」
現在もNASA「エイムス研究」で、地球上の人々のために大活躍されています。

せめて、映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観ようと思っている私でした。 (>_<)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

宇宙医学「三井先生」のお話(つづき編)

日本人のアンチエイジング(健康ブーム?)に首をかしげ、首を横に振る三井先生。
そもそも肉を主食としているアメリカの食生活の中で「抗老化」の研究が始まったもので、主食が米という日本人である限り不必要な生活習慣で、サプリメントの多用などは、かえって栄養バランスを狂わせてしまう。と、余談が進みました。

日本人の長寿や美肌の理由には(1)米食、(2)家では靴を脱ぐ「はだし」の生活習慣、(3)はっきりとした四季、そして「湯船につかる習慣」なども欧米文化と異なり、重要な要素を秘めていると言います。

となりの山崎百合子社長は「目からウロコ!」の状態でした。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

宇宙医学「三井先生」のお話(出会い編)

profile 今日はNASAで宇宙医学の研究、脳神経外科医の「三井石根(いわね)」先生にお会いできました。場所は先生経営の赤坂5丁目「三井メディカルクリニック」です。
そもそも我々ネットグループの新年会で紹介され、その時のお話しがとても興味深く、是非ゆっくりお会いしたいと思っていたところ、山崎百合子社長(ミミ生活情報研究所代表)が取材と言う形でセッティングしてくれたのです。

ですから私の場合は仕事ではないので、リラックス気分で質問などできました。(^^ゞ

小さい頃から宇宙パイロットになりたかったが、視力(強度近視)で断念。でもその夢をあきらめず宇宙医学の研究に従事、それがなんと!皮肉?にも視力を治す画期的な治療方を開発してしまったのです。もちろん近視だけでなく遠視・乱視もOK。ただ市場には紛い物や危ない治療も出回っているので、独自に「オサート」とネーミングしたのです。enter-2

しかし、先生の専門は決してこれだけでなく、宇宙から発想されるあらゆることに挑戦し続けているため日米の往復はもちろん全世界を駆け巡る「超」多忙な毎日です。

とにかく限りなく飛び出てくる驚きと新鮮な話題に、感動だらけの二人でした。「間違っていた生活習慣」や「宇宙に行くと老ける!?」などなど、熱っぽく語るその目は世界中の人々が救われる事を次々に考え出すプラス志向の方。これは小さい頃、家庭教師で叔父さん?の育て方に大きな鍵が!

思うに、昨今「どうやったら儲かる?」とか「ビジネスモデルがあるの?」などベンチャー起業ブーム以来こんな言葉が当たり前になっていますが、そうでなく三井先生のような方は目的がお金でない。(お金はきっと後からついてくるのでしょう)
理想的ですね。みんなこうありたいものですが。。。(^o^)/~~~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

国会中継を観て「女性バトル」報道に怒る!

会社で、お昼ご飯をコンビニ弁当で済ませていたら、参院予算委員会が目に飛びこんできました。ちょうど蓮舫さんと猪口大臣がやりあっているところ。
蓮舫さんは以前、私のブログ(2月15日付け)で紹介した「北岡和義」JATV社長のパーティーで司会をされていたので知りました。永い知り合い(仲良し)だそうです。

選挙の時は、陰ながらも応援していたので、おおッ!と観はじめました。

ところがです、TVに映ったまわりの男性議員たちのニタニタ顔。野次も笑い声も品がない。新人議員だからというより、「女性」ということで軽く見ているように感じたのです。

今や世界中がリアルタイムで映像を観ている時代になんとも恥ずかしい。質疑・答弁を真面目にやっているのに。。。マスコミも見出しに「女性バトル」としたのもガッカリ。こういう議員の先生たちは未だに男尊女卑思考を根に持つ時代錯誤の人種?まさか「セクハラ」なんかしていないでしょうねー。(00;)

日本は未だこんなかー!(>_<)ヽ と、書かずにはいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

おばあちゃんの「ひな祭り」。

sotsuju 3月3日は「ひな祭り」ですが、お祝い事は平日だとなかなかできず。今日(3月5日)になってしまいました。

ただ、我が家に娘は(嫁いで)いません。だから5段雛檀はあるのだけど最近はこうなっちゃいました。写真左の色紙「寿」は、90歳になるおばあちゃんに、卆寿のお祝いに書いてあげたものの下書きです。本物はこちら→

そこで今日は、その90歳(卆寿)になるおばあちゃんのところへ、お見舞いを兼ねて泊まりに行って来たのです。今の住居は品川区八潮の団地ですが、20年前にここに引っ越すまでは神田生まれ築地育ち。超江戸っ子の元気ばあちゃんでした。

「これじゃー100歳になってもピンピンだよー!」と、みんな言ってたのに、2月に入って急に(腰が痛いと言い出して)元気がなくなったのです。「兎年は気が小さいだけ」っていうから心配していなかったのですが、さっき、別れ際におばあちゃんの背中がかなり曲がっているのを見てビックリしました。今年のお正月も会っているのに、急に腰が曲がったのでしょうか?そんなおばあちゃんの後姿を見て、ちょっと目に涙がにじみました。

あんなチャキチャキ江戸っ子の寂しい背中など見たくないです。「まだまだ元気だせ!頑張れ!」って言っちゃいました。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

ブログ研究会、発足!

daichitei 勝手に「ブログ研究会・発起大会」と名付けちゃいました。

それは昨夜、渋谷の『大地亭』という和風フランス料理の店で開催されました。出席者3名 (^^)v
このメンバーはたった1ヶ月前にブログを始めたばかりなのです。それも偶然同時スタートなのでわからないことだらけ、「トラックバック」って何?とか「リンクどうやるの」から始まったメールでのやりとり。

それが何と!この一ヶ月すっかりハマってしまい「ブログ研究会議をしようでないか」で、集まったのです。アフィリエイトとかアドセンス、知らないことがどんどん、ノリノリでした。

「ウェブ進化論を読んだよ。」とか、それぞれ専門分野が全く違うのが良い。話題の出し方がみな違う。同業者ばかりと付き合っていると気づかなかったことが山ほどある。

で、私のブログではこんな紹介ですが、もっと詳しくは、お二人のブログを見に行ってきてください、写真も見れます。この会議の捕らえ方が皆、さまざまですよ。
仲西さんのブログ記事へ小山田さんのブログ記事へ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月 2日 (木)

「私の隠れ家」を紹介=その2

Hitomi3 3月2日AM1:00、ここは銀座8丁目。銀座のお店は12時前に終わり、その後いわゆる"キレイどころ"が息抜きに現れたりで、遅くまで繁盛している深夜のお店がいくつもあります。そんなお店の一つが、ここ「Police」。

この店のママは「瞳」、でもヒゲ面で名前も「荒木」という、一見怖そう?なオーナーがいて、毎日お店に出ています。社長の顔写真はここには載せたくありません(^_^;)。。。(笑)Hitomi4

ところが、ところが!実に優しく、丁寧で、物まねが上手で、エンターティナーなのです。大体から、怖い社長じゃ誰も来ませんよね。この社長と、ママのホッと加減が、私には、このブログのタイトル通り『夢酔独言』の世界です。

あんまり遅いと家がうるさいので(>_<)ゞ そこそこで帰りましたが、お客さんたちの雰囲気がいいと何時までも終わらないので気をつけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

「私の隠れ家」を紹介しちゃえ!

makoto 仕事に疲れたり、ちょっとホッとしたかったりすると一人で飲みに行くお店がある。誰もそんなお店があると思いますが、私の場合は銀座の外れにある、スナック「のろ」です。ママが"のろま"だからそう名付けられたそう。 mama-nabe

私が一人でいる時の飲み方は、別に明るくも暗くもなく、また自分から他の客には話しかけない。声をかけられた場合は、聞かれたことだけ謙虚に笑顔で応える。そんな私をママとマスターはよーく知ってくれていて、タイミングを見て話しかけてきてくれる。それが実に私をホッとさせるのです。(さすがプロ!)

なんだかんだと、この店には25年も通っているのですが、car
昨日は、やっぱり仕事で精神的に疲れていてふらりと足を運び、10時頃にもう帰ろうかな?と思っていると、ママが「教えたいお店があるから、あと小1時間付き合って」と言われ、彼女の車に乗せられた。お金はママが払ってくれたのでわからなかったけど、そんなに高いお店ではない筈。ただし、この後の出来事は明日(12:00過ぎ)になってしまうので明日の日記にします。

私が一人で「のろ」に行くと、必ずというくらい何かハプニングが付いてきて面白い。しかし、それに悪乗りし(反省(>_<))、ついつい長い年月が経ってしまったのかも?です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »