« 国会中継を観て「女性バトル」報道に怒る! | トップページ | 宇宙医学「三井先生」のお話(つづき編) »

2006年3月10日 (金)

宇宙医学「三井先生」のお話(出会い編)

profile 今日はNASAで宇宙医学の研究、脳神経外科医の「三井石根(いわね)」先生にお会いできました。場所は先生経営の赤坂5丁目「三井メディカルクリニック」です。
そもそも我々ネットグループの新年会で紹介され、その時のお話しがとても興味深く、是非ゆっくりお会いしたいと思っていたところ、山崎百合子社長(ミミ生活情報研究所代表)が取材と言う形でセッティングしてくれたのです。

ですから私の場合は仕事ではないので、リラックス気分で質問などできました。(^^ゞ

小さい頃から宇宙パイロットになりたかったが、視力(強度近視)で断念。でもその夢をあきらめず宇宙医学の研究に従事、それがなんと!皮肉?にも視力を治す画期的な治療方を開発してしまったのです。もちろん近視だけでなく遠視・乱視もOK。ただ市場には紛い物や危ない治療も出回っているので、独自に「オサート」とネーミングしたのです。enter-2

しかし、先生の専門は決してこれだけでなく、宇宙から発想されるあらゆることに挑戦し続けているため日米の往復はもちろん全世界を駆け巡る「超」多忙な毎日です。

とにかく限りなく飛び出てくる驚きと新鮮な話題に、感動だらけの二人でした。「間違っていた生活習慣」や「宇宙に行くと老ける!?」などなど、熱っぽく語るその目は世界中の人々が救われる事を次々に考え出すプラス志向の方。これは小さい頃、家庭教師で叔父さん?の育て方に大きな鍵が!

思うに、昨今「どうやったら儲かる?」とか「ビジネスモデルがあるの?」などベンチャー起業ブーム以来こんな言葉が当たり前になっていますが、そうでなく三井先生のような方は目的がお金でない。(お金はきっと後からついてくるのでしょう)
理想的ですね。みんなこうありたいものですが。。。(^o^)/~~~~~

|

« 国会中継を観て「女性バトル」報道に怒る! | トップページ | 宇宙医学「三井先生」のお話(つづき編) »

コメント

そうです。事業の目的はお金ではないのです。事業をゴーイングコンサーンさせるためには、収益を上げるのは当然ですが、それを目的かすると、お客様からの支持が離れます。大事なのは、志です。

投稿: 仲西裕 | 2006年3月13日 (月) 16:40

仲西様、同感です。でも志を成し遂げるまでには、決して「焦るな」「怒るな」「あきらめるな」の3つの壁があるようです。現実に直面してみるとわかるのですが、とっても良い教訓だと思っています。

投稿: 塚越 誠 | 2006年3月14日 (火) 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/9035100

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙医学「三井先生」のお話(出会い編):

« 国会中継を観て「女性バトル」報道に怒る! | トップページ | 宇宙医学「三井先生」のお話(つづき編) »