« 草月会館にて、『ひと・花』展を観賞。 | トップページ | 友人がブログ書評コンテストで大賞を! »

2006年4月23日 (日)

今日は、地元「深川不動尊」で前厄払い。

Yakuyoke 男の厄年は数え年で、25・42・61歳。だから私の場合は還暦なんてまだまだだけど、37歳頃の出来事を思い出して今日厄払いに行きました。
当時、私の身辺では悪い事が続き、もう厄年が来たのでは?と周囲からも心配され同年代より早く厄払いを始めたのです。今回も気持ち悪いので前厄のお護摩をしてきちゃいました。(^^;)

自宅から歩いて行ける「深川不動尊」は門前仲町駅から徒歩1分。10人くらいのお坊さんが一斉にお経を唱え、太鼓の音が鳴り響き、私の名前も詠んでくれました。目の前で大きな炎とともに護摩木?を焚くのが見え、身の回りの運転免許証とかパスポート、バッグなども渡せば炙ってくれます。。。なんか気持ちがスッキリしていいですよ。(^^)v

それにしても40歳前後の大厄の時は、スゴかった。引き逃げ交通事故で全治3ヶ月の重症(犯人見つからず)。10歳上の兄が49歳で病死。痛風発作、喘息再発、メチャメチャでした。その後、通風や喘息の発作は一度も起きず。酒に関してはだいぶ弱くなってしまったので徐々に元に戻しつつ、量を抑え現在に至っています。

厄年を自分なりに解釈すると、年齢的に身体や心の節目。今までのムリが祟ったりもしますが、今後生きていく上で各人の環境に与えられた注意信号と思えば前向きに構えられますね。なんて…偉そうに、私にそんな自信があるわけでなし。でした。m(__)m

|

« 草月会館にて、『ひと・花』展を観賞。 | トップページ | 友人がブログ書評コンテストで大賞を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/9728389

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は、地元「深川不動尊」で前厄払い。:

« 草月会館にて、『ひと・花』展を観賞。 | トップページ | 友人がブログ書評コンテストで大賞を! »