« 最近知ってお気に入り、赤坂のバー。 | トップページ | 社長のグループインタビュー。 »

2006年5月17日 (水)

ようやく我が家にも『光』開通。

先週、自宅のADSLモデムが故障し、この際「光ファイバー」に換えようとNTTに頼んだら、意外と早く、月曜日に工事が済みました。ところがプロバイダー側の都合でコース変更登録の方が遅れ、順序が逆になってしまったのです。
そんなことで今日は朝から一人で接続設定作業。プロバイダーとの接続確認などで少しトラブルがあったけど、設定は超カンタンでビックリ!今ようやく開通しました。

自宅のPCはWindowsXPですが、この「超カンタン設定」マニュアルを見て驚いたのは「Mac」の設定の方でした。わかる人はいいけどみんな自分で出来るのかなー?と思います。Macは優れたパソコンですが通信(インターネット)で遅れてしまったのですね。

といっても、実は私はもともと「Macオタク」に近かったのです。Macintoshがこの世に出る前のAppleIIcというオモチャのようで優れものPCにハマっていました。
ここで思うのは、なぜMacは負けたか?(負けたなんていうとMacファンから怒られる)ですが、昔、家庭用VTRでSONY(ベータマックス)がVHSに負けたのと似ているのです。
多くの人が見て、技術も、デザインも、更には広告のレベルや表現のセンスも、全て前者が勝っている。それがなぜ負けてしまうのか?

ここからが私の持論ですが、技術(ハード)の躍進時には、文化(ソフト)は措かれる。
技術革新が進めば進むほど、価格競争(チープ革命)に陥るのは当然です。そして文化的価値は当分の間、価格面で見下されるということが起こるのです。
歴史的に見てもここが重要なポイント。そんな中で(私はいまだにアップルのファンだからこそ)、「iPod」の空前のヒットで息を取り戻した姿は、さすがだな!と思う。
技術優先社会からの圧力に押される常日頃だからこそ、自分自身の暮らしから「文化」を遠避けないよう心がけたいですね。 (^^)v

|

« 最近知ってお気に入り、赤坂のバー。 | トップページ | 社長のグループインタビュー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/10137046

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく我が家にも『光』開通。:

« 最近知ってお気に入り、赤坂のバー。 | トップページ | 社長のグループインタビュー。 »