« あと何年生きられるか?占い。 | トップページ | 『インターネット白書2006』発売、記者発表会へ。 »

2006年6月 1日 (木)

今年の作品を完成!28日より練馬の書道展で。

0606card_3 昨日は「練馬書道展」の作品締切り日。タテ2.7mのと2.4m、2つの大作を書き上げました。
この会には20年前から参加し、その間に「日本書道会・理事長」「産経国際書会・評議員」など他団体の役員も務めてきましたが、現在はこの展覧会だけにしました。
そこには、私のたくさんの想い出が詰まっているからです。本気で「書」を志すようになった最初の先生(小浜春芳)は、3つ年上の女性。石神井公園の近くで、お弟子さんは幅広く小学生から老人まで。二松学舎大学で書道教育を熱心に学ばれたようです。大変真面目な方ゆえに教え方は厳しく、私ども大のオトナが先生の前では皆小さくなっているようなところでみっちり学びました。

それが5年前の秋、不幸にも先生は乳がんで亡くなったのです。が、彼女は10年間もこの癌と戦い続けました。入退院を繰り返しながら弟子の指導を怠りません、展覧会の締切り間際ともなると周囲の心配を背に、自分の身体よりそちらを優先させてしまう方。
熱心な若いお弟子さんが多く、中・高・大学を卒業してOLになっても、さらに結婚した後も、辞める方は少ないのです。

ある日、小浜先生の「先生」でもある産経国際書会の現・理事に、「塚越さんの事、今後お願いします」と病室で言い残してくれたそうなのです。当時の私はまさに感激でした。

0601nerima_1 このようなたくさんの想い出の中に、この「練馬書道展」があるのです。先生が亡くなったあと出品者数が激減してしまい連盟が困っています。僅かでもお役に立てれば…。という思いを込めつつ毎年出品。
さらには他の先生方にも参加願いを続けています。

※写真は前回のもので、一番手前が私の作品。 詳しくはこちら
今回はこれより更に大きいのと2点出品しました。請うご期待を (^o^)/~~~~~

|

« あと何年生きられるか?占い。 | トップページ | 『インターネット白書2006』発売、記者発表会へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/10371082

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の作品を完成!28日より練馬の書道展で。:

« あと何年生きられるか?占い。 | トップページ | 『インターネット白書2006』発売、記者発表会へ。 »