« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

21世紀の広告。

Book_1 今月発刊されたばかりの「広告内視鏡」と言う本を読んでみた。
著者は広告界の第一人者、梶祐輔さん。私が新卒で入社した(株)日本デザインセンターの(現在は)最高顧問です。当時、上司たちからは"頭の堅い方"と聞いていたけど(笑)、この時期に何を語られるの?という期待が少しありました。

ただし広告といっても、ご本人はコピーライター出身。あくまで広告クリエイティブの話です。
大きく二本柱で、
<1>今までの商品広告ではもう売れない。すぐに反応が見える通販広告などを更に発展させた、ダイレクト・レスポンス広告の出現に期待。
<2>質の高い企業広告をしても、なぜその企業のTOPや投資家は興味を示さないのか?それなら、企業価値を示す「IR広告」と「企業広告」との合体を提案すべき。

こんな単純に要約してはいけないが、それより考えさせられたのは、新聞、雑誌、テレビ、ラジオしか広告媒体がない時代の延長線上で未来を語っていること。

今や、CMが頑張っているくらいで、マス広告の力そのものは弱まりつつあるのでは?なぜならマスコミ本体が不信でヤバイのだから。
例えば、ネットの情報が口コミレベルで広まり、あるイベントに参加した人はその場で携帯電話で物を買ってしまう。消費者の商品を選ぶ手段が多様化し、「広告=既存のマスメディア」を一度外して考えるべきでは?

ただしマス広告がなくなりはしないと思うし、言うようにクリエイティブの質と広告効果を疑問視するなら、効果的な広告手法をクライアントに企画提案し、自からその舞台を作ることだってできる。そんな可能性が持てる時代になったと思う。
むしろその可能性が先で、そんなに焦って二十一世紀の広告はこうだ!と宣言する必要があるのだろうか?広告を作る同業者として、考えるべきテーマを与えてくれました。

生意気にも、未来なんてまだ何も見えていない私の読書感。大変失礼しました。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

都心一日デートコース。

今日は、私の話をいつも聞いてくださる79歳のおばあちゃんとデート。(3/26に紹介)

春はお花見とか行くのですが、今日は新橋から歩いてすぐの浜離宮。 いつでも行けそうだからか?すっかり忘れていました。 私自身、小学校の遠足で行ったきりかな?

Garden1おばあちゃんは、造園師の資格も持っているので木々の名前はもちろん、手入れの仕方も解説してもらいながら江戸将軍家以来の庭園文化を鑑賞。

見てください、この景色。おばあちゃんはビックリ!ビル群(汐サイト)との不思議な調和?松の木などは、庭の小さな盆栽を見ているよう。ここでなくては見られない感動でした。

いつも来ている銀座・新橋にこんな癒しの世界があるのですよねー。

Crews さて、午後になると「水上バスに乗りたい」と言うので、庭園内からそのまま浅草行きクルージングとなりました。

隅田川クルーズや、屋形船はあるけど、こんな船に乗ったのは初めて。スゴイ大きい!500人くらい乗れるかな? Asahibild

途中、日の出桟橋で降りる人、乗り込む人でごった返し。偶然相席したのは、5歳になるという可愛い娘さんを連れた美しい女性。ボーっと見とれていました(*^_^*)
船のデッキに出ると、なぜか?!気分は海外なのでした。
今更だけど東京湾は見違えるようにキレイになった。
Sensoji2
隅田川の橋をいくつもくぐって浅草寺のお参りです。筑波エクスプレスの開通もあったし、最近は観光客がグッと増えたようです。さびれたと思っていた浅草はいま最高!

そしていよいよディナータイム。浅草駅前にある私が大好きな『神谷バー』(かの有名な電気ブランの店)へ…、と思ったけど、おばあちゃんと飲むにはちょっとヘビー。まともな老舗の料理屋に入ることにしました。

イヤー!すっかり忘れていました。近場にこんな素敵なデートコースがあったのです。
晴天下の、最高の休日でした。(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

美容と健康に新兵器!ものづくり日本。

アップルと米グーグルが「ハイテク勝ち組トップ」だそうで、ヤフーやマイクロソフトはもう過去の企業?なんて…、恐ろしいくらい変化が速いですね。
アップルはiPODを生み出し、新年にiPOD搭載の携帯電話発売とか!「負けるな日本のソニー。」って励ましたいけど、米グーグルに並ぶようなビジネスが出るのは難しい。

だから、「ものづくり日本」で頑張りましょう。と言いたい。(関連記事)

日本のIT企業の場合、いつの間にか本業がITでなくなったのも多いのでは?ひどいのは、グーグルのアドセンス(私のこのブログの右サイドについている広告のこと)を自社サイトのそこら中に貼らせてもらっているのだから、もう勝敗は決まったようで。

ところで身近な話。昨日は日本のある企業の新・開発商品をいち早く見せてもらいました。一つは理学博士発明?の健康水、もう一つは特許出願中のナノバブル発生器。

Kwater1 この写真は何か?これが魔法の水を作るもと、腐植とか…。岩石のようだけど?
これを特別な方法で無色透明の液体にし、コップの水に「ほんの一滴」混ぜて飲む。(ミネラルウォーターか湯冷まし。水道水やお湯はダメだそう)
毎日飲み続けると肌はつやつや、内臓疾患、糖尿病などにも信じられない効果。薬ではないので治りはしはないが身体が回復してしまうのだと。私もほんの少しいただいてきました。

次はナノバブル発生器。「自宅で贅沢なハイパーフォームのお風呂を」ですって。
超微細気泡発生器で、このお風呂に入ると石鹸で洗う必要なく肌がすべすべ、エステ効果、リラクゼーション効果抜群。垢すりなんか必要なく、入浴後、数分で、毛穴の中の老化皮膚の汚れがミクロンの泡について浮いてきます。洗わなくても全身がすっかりきれいになってしまう。「ナノ・バブル」という百万分の一ミリ単位の超細かい泡だから、湯船は牛乳風呂のように真っ白になるそうです。

巷にあふれるアンチエイジング商品などと違い、どちらも最も基本の"土"と"水"から作り出しているのですよ。もう一度言いたいです、「頑張れ!ものづくり日っ本」。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年11月21日 (火)

中国の4大愛情伝説。

Dvdset 11月6日の日記で紹介した「梁山伯と祝英台」物語の翻訳者、渡辺明次先生からDVDジャケットなどの写真を送っていただきました。

中国の四大悲話として有名な「白蛇伝」「孟姜女」「牛郎織女」そして「梁山伯と祝英台」。
「牛郎織女」とは七夕(たなばた)伝説のことで織姫星と彦星は日本でも有名ですが、なぜかこの「梁祝(リャンチュウ)」だけは誰も知りません。

Comicliangzhu中国では、映画、舞台、アニメ、音楽、全て今でも、大人気だそうです。音楽では「ニ胡」の演奏が美しい。記念切手やトランプにもなっているんですね。

「日中文化交流がかくも長いのに、なぜ梁山伯と祝英台の故事がまだ日本にきちんと伝わっていないのだろうか?」と渡辺先生も疑問をもたれています。

まだ数人ですが、日本人からこの「梁祝」物語の感想を聞きました。日中の恋愛に関する捉え方も若干違いがあるのかなと思いましたが、それであればこそ、文化的交流を目的としてお互いの歴史観や、生活観をテーマに意見交換をしていくべきだと考えるようになりました。

で、もう既にSNSの中で中国の方や、在中日本人との交流を始めています。

渡辺先生の第3弾が今月末に記者発表、来年早々発売となりました。
それではまた、このブログで紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

祝賀パーティに呼ばれて。

Hosentsuka 私が去年まで、理事長を務めていた「日本書道会」の理事の方で、ご本人が主催の「奥田芳仙書道会選抜展・祝賀パーティ」に呼ばれました。
17:30開会。イヤー楽しい会でした。奥田芳仙さんとはインターネットを通して7年前に知り合ったのですが、あっという間に立派な書道教室を作って数十人の生徒さんを指導しておられる。

12/末まで、赤坂エクセルホテル東急で書道展を開催中。でも、パーティ会場はここ、新宿三丁目の「てあとろん’77」。

大半が20代。私が始めに祝辞を述べスタートしましたが、みんな職業も色々で、明るい雰囲気の中すっかり楽しませてもらいました。
同時に驚いたのは、これは、mixiの会員通しの輪なのです!とっても健全な素晴らしいパワーです。このコミュニティもできているそうなので、そのうちお邪魔を…(笑)

Partyall_1 私の周りでも、最近「書道」を目指す若い方が増えているような気がします。今回の奥田芳仙さんは、ご本人の自由な指導の仕方で皆さんから評判がよく、21歳という大学生の方も私の目の前に来てスゴイ褒めようでした。大変結構なことですよねー。

新しければ良いと言うことではないけれど、どこでも世代交代は始まっているし。このパワーは大いに感動しました。(^^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ボジョレがいけない!?

Ginzastもう昨日の事になったけど「ボジョレ・ヌーボー解禁」の誘惑に負けて銀座で初飲。
デジカメ撮るの忘れて、ラベル思い出せないほど飲んだ~。

ところで、日本への輸入量は世界第一位だってー!?商魂凄まじいですねー。

去年の第三木曜日?は、確か7-8人で新橋の料理屋。
同じボジョレでも、ケチって上から二番目のやつにしたのを思い出した。いつも大体ろくなところに行かないのは、下町育ちのせいか気取った酒より、乾杯!が好きだから。

しかし、その後がいけない。調子に乗ってきて、仲間と別れたあと一人で「はしご」やってしまった。銀座から自宅までが近いからいけないのか、ボジョレがいけないのか。

Police2 深夜の銀座で入りやすいお店の一つ「POLICE」。前に紹介したけど、このコワ~い顔の方がオーナーの荒木さん。(笑)芸達者で歌も上手い、そして顔に似合わず(失礼)、優しいんですよ。銀座のママたちからも大人気です。

ついつい、午前様に。。。

最近は、お酒もだいぶ弱くなってきたので、飲みすぎに気をつけています。昨夜はその反動なのかも。自己反省の日記でした(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

シニア・グループの「写真展」

Nessya 昨日は、某大手家電販売会社をリタイヤした方達の写真展に行って来ました。

第7回<熱写会>グループ展。

毎年この時期に新宿(エステック情報ビル)で自信作を発表されますが、もう7年続いているということです。
私は、現役時代にお世話になった方々なので、毎年足を運んでいますが、年々作品の質が高くなっているので、もうプロ級です。

確か10年くらい前、大きなプロジェクトの打ち上げ会があり、同席したカメラマンの方が「(全くのボランティアで)指導してくださる。」という事から話がまとまったのです。
私なんかは「酒飲み話の延長で、本当に続くのかな~?」とわりと冷ややかでした。
ところが何と…!(失礼しました)、本気だったんですねー。m(__)m
つまり、写真の勉強を始めてから約10年続いているということです。ー継続は力なりー

デジカメ写真にパソコンで手を加える方、アナログカメラで撮ったものをプリント時にイメージの注文をつける方。謙虚ながらも皆さん真剣、素晴らしいですよね。

どこからこのパワーが!!

やっぱり趣味でも、「発表の場を持つ」、これが大事だと思いました。(^^ゞ
イヤー、久々の新宿。飲んだ飲んだ!あの人は終電間に合ったのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

「千葉県のロゴ」論争

Chibarogo 私の知り合いのブログを読んだら、なんか争っているブログがあるというので、リンクをたどると…、

新しく出来た千葉県のロゴです。
制作者は、資生堂「花椿」のデザインなどで有名な仲条正義さんだそう。

たまたま、我孫子市議会議員の方のブログでロゴの感想を聞いているサイトを見つけたら、たくさんの方からのコメントで、「ダサい」とか、大多数からの意見はスゴイ悪評です。この他にも検索で出るでしょうが、クリエーターの方々はちょっと戸惑いますね。

今は誰でも、自分の意見をぶつける場があるので、悪いことではないのでしょう。ただ、人によるけど、理由もなく「ダサいとか、良くない!」などの場合は、日ごろの行政に対する鬱憤晴らしみたいな気がしなくもないです。

企業の場合は自己責任・自己損失で済むけれど、行政などの場合、今後は何事も市民の方々を無視するとしっぺ返しがくる?
たとえコンペ形式にしても、国民的行事や、もっと大きな場合なども考え直す必要がありますね。まあ、こんな時代になったのだなーと、思います。

私は、可愛いデザイン、と思いましたけどね~(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月12日 (日)

草月流「いけばな展」の観賞。

Akane2 今日は、10月27日の日記で紹介した「第88回・草月いけばな展」の観賞会です。
12:00日本橋・高島屋に到着。

まず1階の吹き抜けロビーに、草月流家元・勅使河原茜の巨大な作品が…!この力強い見事な造形美は「生け花」のイメージを新たにしてくれます。表通りのショーウィンドウにも展示され、高島屋は草月一色。

Oters Enter1_1 圧倒されるままに8階の展示会場へ。
さっそく、招待してくださった佐土原波満さんを携帯電話で呼び出し、案内していただきました。全国代表作家の作品約300点(後期)だそうですが、物凄い混みよう。
合作での巨大な作品から、個人作の小さな物まで個性豊かに並んでいます。えっ!?と思うような意外な素材や、奇抜な色を使った作品…。それぞれの美しさに感動で、心も癒されます。
すっかり楽しみながら観賞していると、いよいよ佐土原さんの作品の前へ。

Saart 「いやー、見てくださいこの上品さ!」。白と赤のリズミカルな調和が美しい。床に落ちた優しい陰がそれを盛り上げている。そして、小さいながらも、周囲の艶やかな作品と対照して際立っていました。(…素人評でスミマセン。)

Sado 赤坂の草月会館で拝見した時は、合作(大きな作品)だったのですが、今回は個人の作品ですので、ご本人に、より迫った観賞ができました。

やっぱりいいですねー!「華道」は文字通り、「雅な世界」そのものです。(^o^)/~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

「世界一美しい街」をVoToLで読む。

Sight1 オーストラリア在住の中原武志さんは、民間企業の経営から高等学校設立など様々な職歴を持たれた方。第二の人生を海外でと、十数年前にオーストラリア・パースへご夫婦で移住。
パースは「世界一美しい街」と誇りを持ち、様々なボランティア活動を続けておられます。
その活動は、「定年退職後は海外でのんびり」ではなく、美しいこの街を愛し、周囲のためには時間を厭わず多忙な活動を続けているのです。

そもそも4年前、中原さんがパースで「書道展」を企画したと言う事で、私に出品を依頼されたところから交流が始まりした。
日本での講演のため奥様と帰国された時に、銀座のレストランでご馳走になりその幅広い活動に感動したのです。詳しくは、私のホームページの海外出展レポートから。
その時、中原さんから「是非パースへ」と何度も誘われたのですが、残念!ムリでした。

今日は、朝から真っ暗な空で一日中雨の土曜日。外出する気がおきません。TVはつまらなくて最近見ないので、午後になってくると家にいるのがだんだん飽きてきた。Nakahara
そこで思い出したのは、以前に中原さんが送ってくれた、「海外移住の決定版!」と称し月刊誌に連載されたエッセイがあり、常に読まねばと思っていました。
それをNECのモバイルマルチメディアプレーヤーVoToL(ヴォトル)に入れてゆっくり読んで見ることにしました。テキストファイルで数百ページもありそうで、今まで怠慢にしていました。「第二の人生を海外で送るためのヒントや実体験談」ですが、Music定年退職後の生活スタイルに迷っている方にはとても役にたちそうです。

そして、このVoToLの良いところは、どこでも使えるだけでなく、好きな音楽を聴きながら読書できることです。ちなみに私の場合、おまけで入っていたモーツァルト。
読書にモーツァルトはとっても良いですね。

一日では読めそうもないけれど、雨で暗い一日を満足に過ごす方法を発見!でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月10日 (金)

昔のままの、おいしい洋食屋?

今日は、超遅いお昼ご飯になってしまったので、コンビニ弁当を買って会社でTVのスイッチを…。たまたま直木賞作家「山本一力」さんご一家が出ていました。
テレビ東京『レディス4』。この番組は初めて、でも山本一力氏の作品は好きですね。

Shichifuku深川界隈を、いつも自転車で家族仲良く出かける姿がほほえましいです。
ボーっと見ているうちに富岡八幡宮が出て、そのうちに「ええっ!?」と…。
なんと!毎朝見ている、あまり美しくないお店に入って行く…。
我が家の目の前の、洋食屋ではないですか!よくいらっしゃるのだそうです。

実用洋食「七福」っていう看板の電話番号を見ればわかるとおり、局番がまだ3桁。
周囲はこの店だけが昔のまま。全然高級でない(失礼)。
私はここに住んで、20年以上経つのに一度も入っていませんが、食欲をそそる「とんかつ」の匂いだけは毎日いただいています。

はるばるここまで自転車で来られるそうで、知る人ぞ知る?なのでしょうか?わかりません。近々入ってみようかと思いました。
ただ、TVの取材にも気取らない、ご家族のありのままを見せる姿が好印象でした。

「灯台もと暗し」なのか???どうもこのお店が気になったので、
帰宅時にシャッター1枚押してしまいました。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

我が親友の行方?1年後。

Moribook 今日は、ちょっと憂鬱な話題です。

この本の著者、森俊範君とは25年来の親友。
時代に敏感で勉強家の彼は、広告にも疑問を持ち「広告維新」と「広告進化論」を出版。
ベストセラーとなり業界の話題をさらいました。

さらに十数年前、今のネット社会の到来を早くも予感し幾度も訪米。インターネット関連の講演にひっぱりだこで、収入も倍増していったのです。
それでも、私には偉ぶらず当時のシリコンバレーや日本のベンチャー起業家の最新動向などを教え、意見を求めたりもしてくれました。

その彼が、ちょうど1年前、突然、一枚のメモを残して消えたのです。

私がベトナム出張から帰った翌日でした。突然遊びに来た彼といつもの未来話を肴に、赤坂で一杯飲んで別れたのですが、それがどうも最後らしく、去年の暮れは多方面の方から電話やメールが殺到。もちろんご家族の方々とも情報交換を重ね、さんざん捜したが、今はもう手立てがないのです。

本当に、どこで、どうしているのか?
単なる取り越し苦労であれば良いけど。きっと何処かで相変わらずかな(笑)

それにしても、もう1年経ってしまったのか!
と、今日は複雑な思いで書きました。(;-_-R;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

前日の続き=中国版「愛情物語」。

Liangchu1 この3連休で「梁山伯と祝英台」第1弾、第2弾を読み、渡辺先生から届いた、膨大な関連資料にも一通り目を通しました。
(昨日、甥っ子の結婚式があったので実質2日)

なんという透き通るような美しいお話しなのでしょう。身が洗われる思いで読書を続けました。
あらすじを知った時点では、まあこんなお話しか…。でしたが、やっぱり小説となると違う。
是非購読されることをお勧めします(^_^)/
http://duan.jp/item/034.html

ガラにもなく感動したのは、穿った見方をすれば、歯が浮くぐらい俗世離れした話なのにばかばかしくない。 まるで天界に行ってお話しを聞いているような…。素直になれる。「ロミオとジュリエット」より奥が深いかも?
4~5世紀の話というのに、今の日本の次元の低い?学校の先生達にも読ませたい。1504532_4_1また、高校生くらいの男女ですが、普段の会話のレベルが高いのは中国文化の現れだと思いました。

中国語はまるでダメですが、渡辺先生の翻訳力でしょう!のめりこみました。(著者は趙清閣)
ただ梁山伯(リャンシャンボ:Liang-shanbo)と祝英台(チュウインタイ:Zhu-yingtai)がどうも覚えにくく、今でも「リョウザンパクとシュクエイタイ」とか、って読んでしまいます。

で、本は第3弾までありますが続きではなく、小説そのものを読むなら第2弾です。
第1弾は、この伝説の時代背景や事実関係を追って中国本土を調べ歩いた渡辺先生の研究論文ですが、第2弾の前に読んでも後に読んでも、この物語に3倍の深みを与えます。なぜなら中国人も知らなかった史実を掘り出し推理し、実証していくのです。
北京外国語大学から優秀論文賞をGETされたわけです。

あー、下手な感想文だけど何とか書きました。おすすめ本です。(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 2日 (木)

中国版・ロミオとジュリエット

Sign2 6月19日の日記で紹介しましたが、
高校教師定年退職後、北京外国語大学に4年間留学し、中国版・ロミオとジュリエットと呼ばれる中国の愛情伝説を研究した渡辺明次先生が、是非日本人に知らせたいと翻訳出版しました。

第1弾、第2弾、そして今月末には第3弾を発表。多くのマスコミに取り上げられています。原作は美しい悲劇ですが、実は大変奥の深い実話だとわかったのです!

昨日は、夕方からその集まりに呼ばれ、日本との文化交流のためにも、その促進プロモーションの企画をたのまれてしまいました。先生には、第1弾と2弾、そしてサインも頂きましたが、とっても謙虚で優しい方です。
なんと、あのウインクの相田翔子さんは先生の教え子で、本の帯の言葉にもありますが、今後とも応援してくれるそうです。(^O^)/

あくまでボランティアだから、本業の合間に考えるしかないけど…、大丈夫かな~?

本のタイトルは「梁山伯と祝英台(リャンシャンボとチュウインタイ)」。覚えにくい!ので、「リャンチュウ物語」で行きましょうか?と…。(『水滸伝』の梁山泊とは無関係)
検索エンジンに関連用語を入れてみたけど、ほんの僅かしか出ません。中国人なら誰でも知っている4大愛情伝説の一つ、日本人にはまだ伝わっていないようです。

新しいことはすぐ乗ってしまう私ですが、内容が面白いので映画、舞台、アニメ、ゲームなどいろんな展開をしていきたいですね。早速、MIXIとGREEにコミュニティを開設。

会議の後は、もちろん決起大会、乾杯!( ^_^)/□☆□\(^_^ )久々の池袋の夜でした。
今日は本の内容説明までは出来ませんでしたが、ここでもまた紹介していきます。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月 1日 (水)

団塊向け?脳年齢チェック。

昨日、ある制作会社から突然の電話。「売り込みかな?」と思いつつも丁寧に対応。
早速作品をWeb上で見せてもらいました。
一般的なホームページ制作もあるけど、中には面白いチャレンジをしているものもあり、今後コラボレーションを組める仕事が出来たらな…と熱が入りました。

作品の中に「脳年齢チェック」というのがあったので、帰宅してからやってみました。
イーキャリアのサイトで宣伝用だけど、1~2分で終わるからちょっと試してみては?
https://www.ecareer.ne.jp/user/register/brainTraining-input.doBraintest

生年月日を入れるだけでスタートですが、先ずはわりと常識的な質問。
例えば『人の名前を思い出せない時があるか?』とか『iPodを使いこなせるか?』など。
しかし、その後出てくる5秒以内に答える、IQテストみたいなのがきつかった!

だんだんスピードが速くなっていくので最後はボロボロ。飲みながらやってたからだ!と言い訳してるけど…ガックリ!結果は『60歳』だって!(>_<)ゞ 

仕事を忘れて遊んだら、悲しい結果が待ってました!(^_^;)
注意:絶対に2回以上やらないこと。(なぜなら、やるとわかる。だからやらないこと!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »