« 今日は、仕事仲間の新年会。 | トップページ | いまさらだけど…「テレビVSインターネット」 »

2007年1月20日 (土)

「よみがえった明治建築」へ

Hyokeikan2 午前11時、上野駅公園口で書の友人と待ち合わせ。長い間修復工事をしていた「表慶館」を見ようということで、東京国立博物館へ。

上野の森は、私にとってやや地元。小学生の頃から自転車で遊びに来ていたので、
「表慶館」に入ると、確か、いきなり「エジプトのミイラ」があったような記憶が…?。

この建物は、誰でも見たことがあるでしょう。屋根のグリーンが、やたら鮮やかではありませんか!出来た時はこんな色だったのですかねー。青さびの時のほうが良かったような。(下の2頭のライオン像は青さびのままでしたが…)
2階のバルコニーに出たいと聞いたら、「出口のドアがこわれちゃうからダメ!」、残念。

Hyokeiup 中はすっかりキレイに片付いていて、天井がまた素晴らしい!(写真左)
もちろん壁や床も、ボロボロだったのを最新技術で修復した様子がスライドで見れます。
しかし出来てしまうとあたりまえで何も感じない。つまり陰の(縁の下の)力のスゴさを感じました。

色については(ケチつける気はないけど)、いつも思うのは、源氏物語絵巻の復元や、西洋でも壁画を修復して見事な絵が復元されるのだけど、思っていた以上に色彩が鮮やか!

年月で色あせた中に歴史の重みを感じつつ本物を観賞するのと、本物に近い復元画で歴史の遺産を残す大事さと、両端を考えさせられる一日でした。(^_^;)

|

« 今日は、仕事仲間の新年会。 | トップページ | いまさらだけど…「テレビVSインターネット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/13593948

この記事へのトラックバック一覧です: 「よみがえった明治建築」へ:

« 今日は、仕事仲間の新年会。 | トップページ | いまさらだけど…「テレビVSインターネット」 »