« いよいよ日本でもテレビ放映?! | トップページ | 中国のお土産-龍門石窟の拓本 »

2007年5月29日 (火)

中国、海賊版DVDのお話

先日(5月27日)書いた梁祝映画について、現在中国にいる渡辺明次先生から、
メールと写真が送られてきたのだけど、 内容が面白いので紹介します。

以下転送------------------------------------------- Liangzhudvd
西安でmixiで取り上げれられている話題の「梁山伯と祝英台」の海賊版DVDを発見しました。このDVDは片面二層になっており3枚、(3枚目は動かないので、明日、もう一つ買ってみて調べる予定です)1枚目に約一篇45分と思われるものが25集、2枚目は26,27,38集、3枚目は動かない、二枚目の内容からして、仮に3枚目にも25集ほど入っていれば全50集以上で、約40時間くらいのドラマと思われます。
明日昼間確認する予定です。メールアドレスに写真を送りました。

なお、このDVDの値段は中国元で18元、日本円で約270円です。
----------------------------------------------------

動かないexclamation & questionなんて…exclamation

そして何ですって??動かないからもう一つ買うって??

そんなことがカンタンにあるから面白いね~。
中国では当たり前だそうですよ。

まあ、海賊版だからしょうがないのかな~?ふらふら
先日話題になった、偽ディズニーランド?といい、唖然として非難する気も失ってしまう。

こういうの大問題なんだけど、あまりの大胆さゆえに、
「堅いこと言わない」って、言ってみたくもなっちゃいました。 (笑)

|

« いよいよ日本でもテレビ放映?! | トップページ | 中国のお土産-龍門石窟の拓本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15263398

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、海賊版DVDのお話:

« いよいよ日本でもテレビ放映?! | トップページ | 中国のお土産-龍門石窟の拓本 »