« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

中国のお土産-龍門石窟の拓本

Ryumon_1 中国に行っている渡辺明次先生から、毎日メールと写真が届きます。
今年の1月に(世界遺産の)龍門石窟へ行かれた時、私に買って来れなかったお土産を買ってくれたという便り。なんと嬉しいことでしょう!

渡辺先生:「龍門石窟20品と言う拓本を買いました。此処の拓本はそれ以外は無い、というので。しかし中身を見ると石碑文も名筆らしきものはなくこれがご要望の品であるのか不明です。」

私:「それでいいのです。龍門の石窟に彫られているたくさんの造像記の中から傑出した書を、四品、十品、二十品、百品とまとめているのです。」 現地で売ってる拓本が欲しかったので楽しみです。

Ryumon07051Ryumon07052_1左の写真はその20品のうちの一つで「安定王元燮造像記」。右の写真は私が昔から持っている古本。よーく見比べるとわかるけど、一瞬では同じものから採った拓本とは思えないでしょう。
私の方のは文字の配列自体が編集されているので、現物の魅力が半減しています。

これらは北魏の文字で、わかりやすく言えば「楷書」が唐の時代に完成される途中。

龍門石窟の造像記の書は作者不詳ですが、 たくさんあるなかで特に傑作でなく有名でない字も、良く見るとそれぞれに魅力があります。
原始的な素朴さの中に現実的たくましさと強烈な趣きが、 本格的に書を習う上で、また創作する上でも大変な教科書なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

中国、海賊版DVDのお話

先日(5月27日)書いた梁祝映画について、現在中国にいる渡辺明次先生から、
メールと写真が送られてきたのだけど、 内容が面白いので紹介します。

以下転送------------------------------------------- Liangzhudvd
西安でmixiで取り上げれられている話題の「梁山伯と祝英台」の海賊版DVDを発見しました。このDVDは片面二層になっており3枚、(3枚目は動かないので、明日、もう一つ買ってみて調べる予定です)1枚目に約一篇45分と思われるものが25集、2枚目は26,27,38集、3枚目は動かない、二枚目の内容からして、仮に3枚目にも25集ほど入っていれば全50集以上で、約40時間くらいのドラマと思われます。
明日昼間確認する予定です。メールアドレスに写真を送りました。

なお、このDVDの値段は中国元で18元、日本円で約270円です。
----------------------------------------------------

動かないexclamation & questionなんて…exclamation

そして何ですって??動かないからもう一つ買うって??

そんなことがカンタンにあるから面白いね~。
中国では当たり前だそうですよ。

まあ、海賊版だからしょうがないのかな~?ふらふら
先日話題になった、偽ディズニーランド?といい、唖然として非難する気も失ってしまう。

こういうの大問題なんだけど、あまりの大胆さゆえに、
「堅いこと言わない」って、言ってみたくもなっちゃいました。 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

いよいよ日本でもテレビ放映?!

梁祝(リャンチュウ)物語」 いよいよ日本で放映?!という情報が来たので宣伝します。

写真付き・中国ニュース記事より… ピーター・ホー&ドン・ジエ、中国版『ロミオとジュリエット』で共演、日本の会社が放映権を購入したと書いてあります。

Dvd_1ところで右の写真は、記事と関係ないけど、渡辺明次先生からいただいたDVD、5枚組み15時間の長編ドラマ!スゴイでしょ!とってもキレイ。

そうだ、日本でも(そろそろ韓流は終わりにして)連続ドラマ作りたいですねー!
さて、日本で映画を作るなら…
目がハート祝英台(チュウインタイ)役は、
 伊東美咲ちゃん(大ファン)がいい!
冷や汗梁山伯(リャンシャンボ)役はどうしようかな?もこみちがいいかー(^^)

二人とも年齢が違い過ぎるって!? そうか、そうですねー!残念! (^^;ゞ
確かに、祝英台も、梁山伯も日本で言えば高校生…。10歳以上違いますねー。

まあ、キャスティングはあきらめるとしても、物語の二人の命をかけた熱愛や、論語に基づいた普段の会話も知的レベルが大変高い。日本だったら大学生以上。

というわけで、日本で映画化するならヒロイン役には個人的こだわりがあったもので…。
ちょっとワル乗りでした…m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

NHKと民放テレビ

テレビでもNHKは最近けっこう良い番組を制作してますね、 民放はすっかり差をつけられているのでは?

民放はコンテンツがマンネリで、視聴率さえ上がるなら何でもやるという最悪の事態。
それでも救いは、テレビが暮らしの中心になってる人はまだ大勢いるからでしょう(笑)。
経営者からスタッフまで危機感をどこまで感じていることやら、それどころか最近はM&A防衛対策までやってる、もうヤバイよ。exclamation ×2

今夜はうちの奥さんがいないので、早く帰宅して(普通の家と違う?)、 一人で観たのがNHK11:00~「爆笑問題のニッポンの教養」。民放の番組がつまらなく、たまたま見に来たという若者も多いと知りましたが、評判がとても良いのです。

今回は山岸俊男先生(北海道大学大学院教授)の話、大変興味深かった。

今の日本人、どこかキレてきている理由もよくわかりました。

日本人は本来、真面目で、集団的ではなく、そうしたのは古くからの日本社会の知恵。つまり監視・罰則が常にある社会だったからこそ、まとまりがとれていたという逆説。
更に、米国人との比較調査で、集団から逃れると日本人の方が自己中心的だという。

こう考えると現代の日本人のありように説明がつく。監視(罰則も)が弱まったのですね。そういえば子育てもその良い例、核家族化で嫁姑から逃れ、若い親が自己流で育てていることで起る弊害などなど。

さらに社会心理学的実験などが続き、二人のキャラが盛り上げている。
たくさん書くより、詳しくはこちらを見たほうが早い。

今の日本には教育が大事と騒いでいるのなら、政治任せにしないでテレビの力をもっと使えば良いのに…。インターネットに取られそうなどと怖がるのは、今まで何も勉強してこなかった証拠。広告収入だけに頼らず根本から考え直してみたら???

民放こそ集団的横並びで、とんでもなく間違った方向に進んでいると思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

今夜はダンスを教わりました。

D1 セカンドライフの住民になったばかりで知りたいことだらけ。毎日いろんなところを訪問して遊んでいます。今日訪問したのはとあるダンスホール。

周りは海、広々としてそばにはピアノの生演奏。みんな楽しそうに踊っているのを、始めはひとりでボーッと立って見ていた。もちろん踊り方を知らないから…。
D4(手前にいる白いシャツの男が私)

手を振ったりお辞儀をしたり、できる動きだけをやっていたら「Hi!」と声をかけてくれた 女性がいた。
こちらから先に、「ちょっと一休みしない?」ってナンパしたつもりが、「ずっと踊っていたいの」と、カンタンにあしらわれちゃった。(^^;ゞ

D2ヘンな気持ちを起すのはやめて素直に、「踊りかた教えて?」っと聞くと…「あそこのテーブルの上にある白いボールに触れるの(マウスを右クリック)」って教えてくれました。

すると!おー、何と、僕の身体が音楽に合わせて踊り始めましたよ!

みんなのそばに行って踊ると、あっちからもこっちからも話しかけてくる。
そりゃぁ困りました。僕にはそんなに英語力はありません!ムリだよ、いっぺんにスラスラ返事なんてできない!!!しかもチャットでしょ、スペル間違えちゃうし。

D5女の子のそばに行って、踊りに夢中になってるふりして無言で踊る。他の人に話しかけられても、無視、無視。(笑)

でもやってみれば何でもできるんですね~、このセカンドライフの世界は!
今夜は楽しかった、音楽もいいしダンスにはまってずっと踊っていました。あちらの世界からのおみやげ話し、本日はここまで。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

やっぱり価値ある物は高くても売れる。(^^)v

今朝の日経新聞(23面)を見て、正直ビックリしました。約5万円もする『大書源』という本が、(初刷り5000部が)わずか2週間で完売!現在は四刷だそう。

詳しい事は2月9日の日記に…。
あの時は一部ケチをつけてしまったけど、あの日記をつけて以来、私のこのブログに、検索(=大書源)で訪ねて来た人が百数十件あるので驚いていたのです。

我々書道家には欠かせない資料本だけど、他には図書館や学校が購入するくらいかな?と思っていた。甘かった。(笑)
これだけ価値ある本は、一般の方も最近は漢字への意識が高いし大勢いるのでしょう。

日経記事によると…
「日本酒やしょうゆのパッケージなどに書き文字が使われるため、産業デザイナーの需要が目立つらしい」
そうか、考えてみればそうだ!仕事に使うのだったら「5万円」は高いどころか、安い買い物ですよ。私は会社の仕事と自分の「書」とは切り分けているので、そこまで考えていませんでした。

社長やってると、公私混同した話を何のためらいもなく持ち込んでくる人がいますよね~。実は、某書道会の理事長を辞めたのはその辺の絡みがイヤで自ずから身を引いたのです。ただし、書の世界はそれほど汚れていません。誤解なさらぬよう。m(__)m

話が脱線しましたが、要するに「良いものは高くても売れるんだ!」と改めて実感できるニュースでした!(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

酒の肴に、言葉と文化の話。

新しい企画の仕事で、昨年知り合ったばかりのメンバー4名と久々の飲み会。
それぞれ会社は別で、大企業、中企業、小企業、零細企業。これ見事ですね!(笑)
集合場所は、あの柔術の神様「三船十段」の孫娘が女将をしている飯田橋「藤昌」。

当時ここによく集まりました
話題は豊富で様々ですが、その中で最近、憂慮されている「日本語の衰退」の件。
漢字が書けないとか諺を知らないは別としても、これは決して日本だけの問題でないのです。携帯メールやチャットによる新文化が、世界規模で文字や言葉も変えています。

去年の暮れにこのブログにも少し書いたけど、 私はMySpaceという世界最大のSNSにも入っているので、そのFriend(主に欧米人)たちからメールが良く来るようになりました。そこで驚いたのが欧米人が普段自然に使っている省略言葉。主なものを表にしてみました。(セカンドライフから取ったもので、省略し過ぎもありますが…)

Ryakugo_1日本語がおかしいなんて問題じゃないでしょ!
この表を見せると、みんなさすがに沈黙。これじゃ翻訳ソフトも困っちゃう…。
しかも文頭や固有名詞の最初は大文字って学校で習ったし常識だった筈。ところが今はそんな決まりは無視!?

最近、カナダ観光局の方(会社のお得意さん)から聞きました。Canadaのロゴも頭は小文字になるかもしれないと…。
そういえば私もファイル名は全て小文字でつける習慣が出来ていた。これはホームページのデータをサーバアップする時、大文字は不安だった昔からのクセが抜けません。

PC関連では以前から省略は沢山あるし、B2C(business to consumer)とかもみなさん知ってると思うけど、それらは業界用語みたいなもの。それに対し携帯メールやチャットから派生した言葉は、一般市民の生活言語を変えている。

でも私が思うに、これらをただ憂慮しているのでなく、大きな時代の変化(あるいは新しい文化)として前向きに捉えるべきでは?と。
文科省や大学の先生は、いつの世も「言葉がダメになっていく」と、口癖のように言うけど、単に言葉の衰退ではないのでは?このネット社会が凄いスピードで世の中を変えていることでどんな未来が作られつつあるのか、どこまで掌握しているのだろうか?

言葉は時代と共存しています。平安時代の"紫式部"さんと会話してみたら面白い。(笑)

今に生きている人は、先ずは今を前向きに捉える必要がある。その上で「温故知新」の考え方が生きてくる。今日の酒飲み話ではそこまでいかなかったけど、そんな思いに耽って、この酔っ払いは帰途につきました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月15日 (火)

いよいよ本物の「セカンドライフ」住人に。

いい加減、練習(チュートリアル)も飽きたので、本物の仮想現実社会にテレポート(ワープ)しました! 昨日まで歩き回っていた、チュートリアル世界をマスター(クリア)したわけではないけど、説明文によるとそれでも良いと言うから…。

Italy2_1 テレポートメニューを開くと、いろんなところが出てくる。日本人が少なそうなイタリアの何とかというところにワープ、夜でした。スゴイねー!練習の時と全然違う!この臨場感!
町には沢山の人々がいてざわめいている。いろんな話し声や音楽も聞こえる。誰かが私に話しかけてくれる。言葉のやりとりはチャットでなので、すぐ答えようと急いでキーボードを叩く。英会話を生でやってる気分で楽しいけど、文字を打つのだからスペルを忘れてしまった単語が出てくると、調べてるヒマもないので焦る。(笑)

それでも知らない外国の街へに行った時と同じ感動。これは仮想でなく現実社会ですよ~。私はまさに「おのぼりさん」。
先ずは一人で町の様子見。本屋に入ると「チャオ!」ときた。英語喋れるヤツはいないのか?と大声で叫ぶと、どこからか返事がきた。骸骨の顔して身体が光ってるヘンなヤツで、面白いからつい何時間も喋ってしまった。

Shop1 でもやっぱり、もっと英語が使える国がいいから「bye」と言って、別の国へ「テレポート!」
どこに行っても初めての感動だらけでたまらない。時間がすぐに経っちゃう。
ここはどんな町なのかと、空を飛んで俯瞰してみると遠くには何も見えない。ところが、小さな町かと思ったら大間違え。進んでいくと次々に建物や施設が現れてくる。永遠に広がってるんだー。

Golf 間違って、既に土地を持っている人の敷地のゴルフ場に入ってしまったみたい。建物の中には入れないという警告文と、バリアが貼ってあった。

僕はまだお金持っていない(クレジットカード登録をまだしていない)ので、買い物は出来ないし、土地を買ったり、自分の会社の宣伝をしたりする方法もこれから知るしかない。
でもあわてず、今後一ヶ月ぐらいは、いろんなところに遊びに行って「おのぼりさん」を楽しんでいようと思いました。そのうちに色々知るだろうし、自分で何かを見つけられる筈。

自分のこれからを見出せる素晴らしい世界?そして物凄く奥が深い世界。
今後はちゃんと活躍したら、また報告しますので是非ご期待ください。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

「セカンドライフ」の住人にーその5

Newface0705 登録してからちょうど一週間、はまってしまったみたい。(^_^;)
とはいっても、毎日やる時間が少しずつしかない。。。

今日の私はこの男に変身!!
実は、本当の自分の容姿に合わせて設定したら、だんだんヘンなおじさんになってきたので気持ち悪くてヤメました。(笑)

説明文にあったように、この4つの島(オリエンテーションアイランド)は、セカンドライフの操作方法を覚えるための初心者の練習場所。だからここで出会う人々は、私と同じ何もわからず入ってきた人、或いは、本当の世界に行く前にしっかりチュートリアルしている人達でしょう。私もこの先輩達?に、わからないことをいくつも教えてもらいました。

Stage 最近になって面白いと感じたのは、「What are you doing?」とか「Where are you from?」なんて、話しかけて来る人がいる。これは初めてここに着いた時、私も同じ質問をしたのを思い出した。

長くいる人は、自動車に乗れたり、グループを作って遊んでる人もいる。でも質問すればみんなもともと同じレベルなので教えてくれるんだ。Cmboard
道路の看板に触れると、CMが始まったり、説明パネルが出たりするけど、これから行くセカンドライフの世界の説明をしてくれているのです。その宣伝動画や説明を聞いてると、そっちの方が全然楽しい筈。ここは世界が狭いし、もう飽きた!

飛んだり走ったり、知らない人と話をしたり、車に乗ったり、自分の容姿を換えてお洒落もできるし、最低の身の振り方はできるようになったから、同じところをぐるぐるは、もう飽きた。
もちろんわからないとことはまだまだ沢山あるけど、もうそろそろテレポートして本番に入ることにしましょう。

いよいよ来週からは本番!「セカンドライフ」の住民になりますよー宣言です!!(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

「セカンドライフ」の住人にーその4

Faceex イヤー、確かにやることが無限にあって凄いですね~。
まだ何もやっていないのに、やる前から感動。

今日見つけたのは、自分の姿をちゃんと作れる所です。
今ここに出ている私は、既製のサンプルから選んだまま。

身長、体格、肌の色、ヘアーなどはもちろん、目の色や瞼、頬、鼻の形も細かいところまで無限に作れるので、どんな自分にするか先ず考えてからやることにしよう。私にもっと絵心があれば、自分そっくりさんを作ることもできそう。(笑)

他にもこんな設定がいくらでもある、丁寧にやっていたら何時までもかかってしまう。
ここはまだ練習用の世界なので早くテレポートしたい気持ちと、何をやるか?現実にお金をかけて何かをやりたいのか?正直まだ決めていません。

以下は、成功している人のブログや事例。例えば…
☆上野に借りている土地を、東京Furryランドとしてオープンしました!
「東京Furryランド」へは、こちらからテレポートできます。
----------------------------------------------------------------
☆こんな人や企業がいます
●アンシェ・チャン(ドイツ在住女性)
低価格で仕入れた土地を魅力ある街に育て、住民に貸し出す仮想不動産業で、資産を100万ドル
相当まで膨らませた。
●米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾート
新ホテルの展開に先立ち、仮想空間内に同じ仕様のホテルを開設。
●トヨタ
セカンドライフの世界で、車の試乗ができる。
●米IBM
現実の世界と共に、仮想空間内にも、取材班を集め記者会見を開く。
●ハーバード大学
仮想キャンパスで教授の分身による講義を実施。
●mixi(ミクシィ)
セカンドライフ内に新卒採用ブースを設置。各種メディアの報道により注目されました。
----------------------------------------------------------------
だそうですよ、今後はこれらも同時に、参考にして行くことにしました。
私にも何か生み出す可能性、あるかな~?!(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月10日 (木)

「セカンドライフ」の住人にーその3

1land1セカンドライフの歩き方」を読んでいるうちに。
何~んだ!ということがわかった、昨日まで歩いていた世界は、単なる練習用の世界らしいのです。でも別にガッカリしていません。

説明文を読むと…
セカンドライフのログインに成功すると、最初の島「オリエンテーションアイランド」に到着します。ここはチュートリアルをクリアしながら、セカンドライフの操作方法を覚えるための島なのですが…ちょっと難しすぎます(涙)2land2_1
オリエンテーションアイランドを脱出する一番早い方法は、クリアをあきらめ、「テレポート」で脱出してしまう方法です。

と書いてある、私もそのうち多分テレポートしてしまうだろうけど、今日のところは、この4つの島を回って遊んでみた。島の名はAppearance、Move、Search、Communicate。それぞれライブをやっていたり、いろんな人に話しかけてみた。

4land1_1「Hello, Where are you from?」なんてカンタンな英語で女の子に声をかけたら、「From Nagoya, Japan」だって(笑)。
鉄砲を持ってる物騒な人がいて、話しかけると怖くなかった。皆な親切。ここには法律もあるのです。

いけない、これはゲームやって遊ぶものではないのだ!!!

またしても、説明文より…
オンラインゲームとは大きく違うのは「決められたゴール(目的)がない」という点です。
セカンドライフは、すべてのユーザーが創造し発展させてゆく仮想世界です。創作支援ツールを使い、他のユーザーと協力して、想像できるものなら何でも作ることができます。 人の想像力の続く限り、大きくなる世界と言えるでしょう。

明日もお楽しみに。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

「セカンドライフ」の住人にーその2

1_1 今日は先ず、「セカンドライフの歩き方」を読むことにした。
本も沢山出てるし、既にできる世界中の人がブログに書いているし。一人ではないし、そんなに焦っていない。

2_1 セカンドライフとは、欧米で急成長しているネット上の3D仮想世界です。有名なところでは、トヨタや日産やデル、IBMなどが進出。mixi(ミクシィ)の参入も話題になりました。日産が所有する島には、車の巨大自動販売機があり、番号を入力すると缶ジュースのように車が出てきます。またトヨタの土地では実際に車に試乗することもできます。4
ですって!

読んでるだけじゃ面白くないので、実際に歩いてみることにした。空を飛ぶとビルが見えたので降りてみた。ビルの前で何かが燃えていた。ビルの中に入って行くと、怪しい人影がスーっと通ったり。でも、ただ歩いているだけで何していいのかわからない。6_1
まあ、今日は動くことに慣れるだけ。歩き方や空を飛ぶ、ジャンプするなどなどこれこそゲームと同じ感覚です。

マスターした人からみると笑っちゃう?
でも気にしない。マイペース、マイペース。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

「セカンドライフ」の住人にーその1。

今週から「オンライン登録」でこの社会に入ったのはいいけど、まだどんな社会かもわからないので住人になったという認識がない。

ゲームではないのだから、いろんなところを歩いているだけではダメ。と知りつつも先ずは近所を散歩してみた。イヤー!見るもの全てが初めての世界、歩いてるだけでも楽しい~。空を飛べるんですね~、それでわかったけど4つの島のひとつにいるらしい(00;)

Fly_1難しいっていうけど、先ずその一つに、ソフトの操作が無数にあるからだと思う。

こういう場合私は、焦らず、のんびりやります。日本語より英語のままの方が、大変だけど面白い。それにこれから出会ったりする人は、基本的に英語でやりとりする訳だから。慣れることが大事。

ところで私、「ゲーム」の方は昔、アップルPCのファン、オタクでした。(笑)
全て英語のマニュアルしかない中、ゆっくり翻訳しながらマスターしたのが「フライトシミュレーションゲーム」、本当の飛行機の操縦法を習って、飛行場も本物だった。当時、ニューヨークに出張で行った時は、マンハッタンでPCショップを捜し、NY、LA、パリ、ロンドンなど大都市ソフトを買い込んできて、世界中の空を飛んでました。
あと、ロールプレイングゲームはいくつかやったけど、この手のゲームはハマると、仕事に手がつかなかったり、時間ばかりムダしてしまうから、今はもうやる気がありません。

ちょっと話が脱線したけど、ムリをせず、時間かけてゆっくり覚えていくことにします。
(^_^)/~~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 7日 (月)

仮想現実、「セカンドライフ」の世界へ。

Secondlifeimg_2 「とうとう、未知の世界に入り込んでしまった!ここはいったいどこなのだ!」

な~んて… (^^;ゞ 

いまオンライン登録してダウンロードしたばかり。実は、まだやり方が全然わかってないのです。

まあ、遅ればせながら、今日からここの住民になりました。「セカンドライフ」の世界へ!

※5/1・日経朝刊より、『仮想世界、広告媒体に』…この関連ビジネスに相次ぎ参入…
またまた米国発!の、オンラインバーチャル新世界です。
真ん中にいる人物が、とりあえず私(Makoto Tatham)。英語版のせいか登録からインストールまでちょっと時間がかかってしまったので、今日はもう寝ます。(笑)
でも、ちょっとだけ歩いてみたけど…なんか、恐いね~、(◎-◎;) 明日が楽しみ(^_^;)

日本語の説明文をちょっと紹介>>--------------------------------------
バーチャルワールド Second Life は、すべてユーザーが創造し発展させてゆく、永続的な 3D オンライン スペースです。 巨大で急速に拡大していくこの世界では、想像できるあらゆるものを創造し実現できます。 内蔵のコンテンツ クリエーション ツールを使って、リアルタイムで他の住人と協力して、想像できるものを何でも作ることができます。
~中略~
3D コンテンツを設計し販売する能力と、土地とマイクロ通貨 (実際の現金に交換可能) を所有し開発する能力とを組み合わせ、Second Life に本物のビジネスを構築することができます。

------------------------------------------------------------------

ソフトが重いとか、操作の難しさなど酷評もあり、まだ若干問題点はあるようだけど、仮想世界で生活をするという発想は以前からあり、やっとこの「仮想現実社会」が「現実」になったのだ!私としては大いに期待したいところです。
しかし、マスコミはみんな揃って「新ゲーム」として紹介。こんなだから旧メディアは困る。

今日は、ほんのご挨拶。楽しめるようになったらまた紹介します、請うご期待を。(^^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

休日でも取材気分、イベントシステム。

Evententer 私の仕事のパートナーが開発した、一般コンシューマ向けイベントシステムが、今週いっぱい(5/3-5/6)、渋谷・NHK放送センターにて公開することになりました。
屋内会場の「デジタルななみちゃんランド」に設置。

画面が、こちらの動きに反応する画像処理技術を使った、他にないシステムで、キャラクターを生かしたお子様向けゲームなどにピッタリ。Event1_1
ゲームが終わると、遊んでいる途中が保存されてプリクラや、ポストカードにしてくれる。これが受ける!と同時に、これは、ケータイサイトやPCサイトとの連動など、イベント後もお客さんに楽しんでもらえる、実質的な効果を狙っています。

毎日500組以上のご家族が大喜びで長い列を!
大成功!お子様向けキャラクターを持ち、それをもっと有効に…と思う大手企業などにはピッタリ。

Event2_1 しかし、この新画像処理技術は、ゲームだけでなく「映像差分検知アルゴリズム」や「色認識アルゴリズム」などなどの応用技術を生かし様々なソフトをテスト開発中。企業さんからは是非、利用していただきたいところです。
などと思いつつ、私も仕事の頭から離れて、一人のおじさんとして、このゲームをやらせてもらいました。http://www.nhk.or.jp/diginanami/4_01.html←こちらをクリック。
NHKのサイトに、私も一人写っているのです!た~くさんのPhotoプリントが掲載されてる中なので探すの大変、おヒマならどうぞ。(笑)

このシステムに興味がある方は、私のところにご連絡くださって結構です。
なんて…、今日は宣伝もしちゃいます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

時期はずれ?のお墓参り。

Reien2 今朝、思いついたように多磨霊園へ…。GWの天気が良い日にと決めていたので、さっそく…。
我が家は毎年、お彼岸とかにはこだわらず混む日を避けてお参りに行きます。

ところで、多磨霊園は奥さん方で、私の方は八柱霊園(千葉県松戸市)。
代々神田、で、築地生まれの江戸っ子に対し、私は出身が東京でも両親が千葉(三代続いていない)なので…、両方負けています。(^^;ゞ

途中、京王線の「飛田給(味の素スタジアム前)駅」ではサッカー観戦の若い人でごった返し。はじめ何の試合かわからなかったけど、若々しく爽やかな気分になりました。

霊園内の新緑が何と美しいことか!まさに五月晴れ!来て良かったと毎度思います。

ところで、最近テレビに良く出る人気女性占い師?が言うには「お正月にお墓参りはいけない」とか、「墓石の上から水をかけてはいけない」など。以前に娘から注意されたのを思い出したけど、困ったものだ。
この方の事を、どうこう言うつもりはないけれど、一般の人の暮らし方が、テレビからの情報だけで左右されているのが、未だに多いことを憂慮します。

まあ、私も聞いてしまったので、墓石に水をかける時、一瞬に気になりましたが。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

パソコンやっと繋がった!(^^)v

自宅のパソコンが通信不能になって10日間。直す時間がやっととれ、この2日間で修復作業。
サポートセンターからリカバリー(再インストール)するしかないと言われたけど、絶対イヤなので、自分でデバイスの状態チェックからはじめ、どうも通信接続関係のドライバーがおかしいと一つ一つチェック。削除・更新をくりかえしたり、最近インストールしたセキュリティ関連のソフトを削除したり…。厳しかったのはネットに繋がっていないから、外から部品を取り寄せて直すことなどは一切出来ない。

やった!なんとか出来た、繋がった!!! 全てのデータやソフトはそのまま無事だ!

実は、プリンターとの接続がまだおかしかったけど、通信さえ繋がればメーカーのサイトに行って必要なものを取って来れるので簡単に修復。

最近セキュリティ関連のソフトが氾濫しているけど、ドライバーが喧嘩しあったりすることもあるのでやたらにインストールしたりは気をつけたほうがいいかも。

人間の「五体」の一つでも障害があると大変!という事は、もう人間は「六体」という事か。(笑) まあ、これでブログも自宅で書ける。 最悪の10日間!ホッとしました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »