« 中国、海賊版DVDのお話 | トップページ | 一年分の飲み代。 »

2007年5月31日 (木)

中国のお土産-龍門石窟の拓本

Ryumon_1 中国に行っている渡辺明次先生から、毎日メールと写真が届きます。
今年の1月に(世界遺産の)龍門石窟へ行かれた時、私に買って来れなかったお土産を買ってくれたという便り。なんと嬉しいことでしょう!

渡辺先生:「龍門石窟20品と言う拓本を買いました。此処の拓本はそれ以外は無い、というので。しかし中身を見ると石碑文も名筆らしきものはなくこれがご要望の品であるのか不明です。」

私:「それでいいのです。龍門の石窟に彫られているたくさんの造像記の中から傑出した書を、四品、十品、二十品、百品とまとめているのです。」 現地で売ってる拓本が欲しかったので楽しみです。

Ryumon07051Ryumon07052_1左の写真はその20品のうちの一つで「安定王元燮造像記」。右の写真は私が昔から持っている古本。よーく見比べるとわかるけど、一瞬では同じものから採った拓本とは思えないでしょう。
私の方のは文字の配列自体が編集されているので、現物の魅力が半減しています。

これらは北魏の文字で、わかりやすく言えば「楷書」が唐の時代に完成される途中。

龍門石窟の造像記の書は作者不詳ですが、 たくさんあるなかで特に傑作でなく有名でない字も、良く見るとそれぞれに魅力があります。
原始的な素朴さの中に現実的たくましさと強烈な趣きが、 本格的に書を習う上で、また創作する上でも大変な教科書なのです。

|

« 中国、海賊版DVDのお話 | トップページ | 一年分の飲み代。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15263595

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のお土産-龍門石窟の拓本:

« 中国、海賊版DVDのお話 | トップページ | 一年分の飲み代。 »