« 休日でも取材気分、イベントシステム。 | トップページ | 「セカンドライフ」の住人にーその1。 »

2007年5月 7日 (月)

仮想現実、「セカンドライフ」の世界へ。

Secondlifeimg_2 「とうとう、未知の世界に入り込んでしまった!ここはいったいどこなのだ!」

な~んて… (^^;ゞ 

いまオンライン登録してダウンロードしたばかり。実は、まだやり方が全然わかってないのです。

まあ、遅ればせながら、今日からここの住民になりました。「セカンドライフ」の世界へ!

※5/1・日経朝刊より、『仮想世界、広告媒体に』…この関連ビジネスに相次ぎ参入…
またまた米国発!の、オンラインバーチャル新世界です。
真ん中にいる人物が、とりあえず私(Makoto Tatham)。英語版のせいか登録からインストールまでちょっと時間がかかってしまったので、今日はもう寝ます。(笑)
でも、ちょっとだけ歩いてみたけど…なんか、恐いね~、(◎-◎;) 明日が楽しみ(^_^;)

日本語の説明文をちょっと紹介>>--------------------------------------
バーチャルワールド Second Life は、すべてユーザーが創造し発展させてゆく、永続的な 3D オンライン スペースです。 巨大で急速に拡大していくこの世界では、想像できるあらゆるものを創造し実現できます。 内蔵のコンテンツ クリエーション ツールを使って、リアルタイムで他の住人と協力して、想像できるものを何でも作ることができます。
~中略~
3D コンテンツを設計し販売する能力と、土地とマイクロ通貨 (実際の現金に交換可能) を所有し開発する能力とを組み合わせ、Second Life に本物のビジネスを構築することができます。

------------------------------------------------------------------

ソフトが重いとか、操作の難しさなど酷評もあり、まだ若干問題点はあるようだけど、仮想世界で生活をするという発想は以前からあり、やっとこの「仮想現実社会」が「現実」になったのだ!私としては大いに期待したいところです。
しかし、マスコミはみんな揃って「新ゲーム」として紹介。こんなだから旧メディアは困る。

今日は、ほんのご挨拶。楽しめるようになったらまた紹介します、請うご期待を。(^^)V

|

« 休日でも取材気分、イベントシステム。 | トップページ | 「セカンドライフ」の住人にーその1。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/14995115

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想現実、「セカンドライフ」の世界へ。:

« 休日でも取材気分、イベントシステム。 | トップページ | 「セカンドライフ」の住人にーその1。 »