« 「セカンドライフ」の住人にーその5 | トップページ | 酒の肴に、言葉と文化の話。 »

2007年5月15日 (火)

いよいよ本物の「セカンドライフ」住人に。

いい加減、練習(チュートリアル)も飽きたので、本物の仮想現実社会にテレポート(ワープ)しました! 昨日まで歩き回っていた、チュートリアル世界をマスター(クリア)したわけではないけど、説明文によるとそれでも良いと言うから…。

Italy2_1 テレポートメニューを開くと、いろんなところが出てくる。日本人が少なそうなイタリアの何とかというところにワープ、夜でした。スゴイねー!練習の時と全然違う!この臨場感!
町には沢山の人々がいてざわめいている。いろんな話し声や音楽も聞こえる。誰かが私に話しかけてくれる。言葉のやりとりはチャットでなので、すぐ答えようと急いでキーボードを叩く。英会話を生でやってる気分で楽しいけど、文字を打つのだからスペルを忘れてしまった単語が出てくると、調べてるヒマもないので焦る。(笑)

それでも知らない外国の街へに行った時と同じ感動。これは仮想でなく現実社会ですよ~。私はまさに「おのぼりさん」。
先ずは一人で町の様子見。本屋に入ると「チャオ!」ときた。英語喋れるヤツはいないのか?と大声で叫ぶと、どこからか返事がきた。骸骨の顔して身体が光ってるヘンなヤツで、面白いからつい何時間も喋ってしまった。

Shop1 でもやっぱり、もっと英語が使える国がいいから「bye」と言って、別の国へ「テレポート!」
どこに行っても初めての感動だらけでたまらない。時間がすぐに経っちゃう。
ここはどんな町なのかと、空を飛んで俯瞰してみると遠くには何も見えない。ところが、小さな町かと思ったら大間違え。進んでいくと次々に建物や施設が現れてくる。永遠に広がってるんだー。

Golf 間違って、既に土地を持っている人の敷地のゴルフ場に入ってしまったみたい。建物の中には入れないという警告文と、バリアが貼ってあった。

僕はまだお金持っていない(クレジットカード登録をまだしていない)ので、買い物は出来ないし、土地を買ったり、自分の会社の宣伝をしたりする方法もこれから知るしかない。
でもあわてず、今後一ヶ月ぐらいは、いろんなところに遊びに行って「おのぼりさん」を楽しんでいようと思いました。そのうちに色々知るだろうし、自分で何かを見つけられる筈。

自分のこれからを見出せる素晴らしい世界?そして物凄く奥が深い世界。
今後はちゃんと活躍したら、また報告しますので是非ご期待ください。(^^)v

|

« 「セカンドライフ」の住人にーその5 | トップページ | 酒の肴に、言葉と文化の話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15086940

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ本物の「セカンドライフ」住人に。:

» 団塊世代の退職後を考える! [【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】]
バリバリで現役の頃描いていたのは、第二の人生のシルバーライフはのんびりと、好きな事をして毎日をゆっくり過ごそうと思っていました。現実にそうなった今、退職しての最初の1ヶ月ぐらいは、時間に追われることも無く何の制約も受けず自由に行動でき、理想の生活だ!と思っていました。しかし、一ヶ月も過ぎると、毎日が退屈で、気力も萎え、腑抜け状態に陥りました。人間(特に男性)は目的(目標)が無いと張り合いが無くて生きていけないのかも知れません。会社人間だった方たちが、シルバーライフを始めた途端...... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 19:54

« 「セカンドライフ」の住人にーその5 | トップページ | 酒の肴に、言葉と文化の話。 »