« ソニー出井氏、退任について | トップページ | 日本企業も続々進出 »

2007年6月20日 (水)

昨日の続き(ソニー出井さん)

昨日の出井さんの言葉の中で、載せなかった大事な二つがあります。
・「日本人はロボット好き。金融やネットワークといった目に見えないものが苦手だが、世界の流れは変わらない。日本も国内に固執していては生き残れない。」
・「ソニーのような大企業が頑張って変革を進め、意識改革を主導しないと日本の企業の変革はできないと思う」

そう、わたしが言いたかったのは日本人の意識改革でした。 もちろん、先ずはソニーなど大企業がやるべきです。しかし残念ながら前回書いた通り全く期待薄。

苦手な事や不向きをムリに強要してもモチベーションは上がらないし、良い結果を上げたとしても一時的な成功でしかない。(これは一般企業でもいえること)

それより日本人が持つパワー(底力)を復活させること。消極的と思う方もおられると思うが、これは積極的なアイデンティティの復活。見直しである。 戦後、アメリカ崇拝の頃「日本人は物マネだ」なんてよく言われたけど、そうでなく物マネでもそれを本物よりはるかに良いもの(価値あるもの)にして世界市場に送り出してきた。

大昔からあることで、平安時代に創られた「ひらがな」なんてとても良い例。文字を持たなかったと言われる日本民族が、中国から文字(漢字)を取り入れるとそれを表音文字として拾い、変形させ、「ひらがな」という優れた造形文字を創り出し独自の文化にまでしてしまった。アルファベットで言えば、26文字を換えて独自の文化を継続させた国は世界のどこかにあっただろうか?信じられない能力である。

それなのに!数年前のITバブルでは、アメリカが成せること全てが教科書で、起業家の考えもビジネスプランも「物マネ」そのものになってしまった。米国から帰られた方々にお話しを聞くと一同に憂慮しておられます。 日本では土地バブル崩壊後、失われた(失った)年月で敗戦後と同じような現象(米国崇拝)が始まってしまった。
しかも今日ではグーグルのような怪物にあこがれ、その掌の中で事業をさせてもらう起業家が続出している。

そろそろ、結論に近づきます…。

アメリカ人のDNAは、「ハゲ鷹」ではなくて「西部開拓時代の金鉱探し」と言っては間違えか?アメリカ的資本主義は、株価で争い、買収、競争を繰り返し、オーナー個人の目的達成。それでは企業はいったいどこに向かおうとしているのか?科学技術の進歩は凄いけど、資本を巨大化させて行き着く果てのプラン(哲学)は? しかも、日本はこれをそっくり真似し、利用されているのだから深刻です。

歴史のない国はもっと学ばねばならない。それがいつか来る。ヨーロッパでは(アジアも)それを何度も繰り返して今日に至っている。だからこそここで登場できるのがニッポンではないか?(年齢は関係ない!元気を出そう(^^)v)

そこで今、日本政府が推進している"イノベーショ25"。

これを批判する者は、先ず「具体的でない」と切り出す。そんなことを言い出す人がダメなので「やってくれる人がいなきゃ出来ない」と言っている一般民衆と同じ。今の日本はリードする物(人)が必要なのです。甘える気持ちを根本から切らねばならない。やるのは個々、つまり「あなた」ということがどうしても日本人には素直に通じない。
理屈っぽい評論家先生の言葉を信じているのです。でもあれは人気稼ぎ。
テレビ報道は、情報操作された何者でもないことに、視聴者は早く慣れてほしい…。

長々と書きましたが結局私の結論は、日本人皆んなが"イノベーション25"をすることなのです。

最後に、イノベーション担当大臣の高市早苗氏の言葉を引用します。
 イノベーションは、日本が人口減少の局面に入ったとしても十分に、力強く成長していくための源泉です。安倍内閣においては、「日本社会への新たな活力となり、経済成長に貢献するイノベーションの創造に向けて、医薬、工学、情報工学などの分野ごとに、2025年までを視野に入れた長期の戦略指針(いわゆる、「イノベーション25」)をまとめることを政権公約としています。
総理からのご指示で、私がその策定の任を担うこととなりました。
 私たちが取り組む「イノベーション」は、単なる「技術革新」という狭義の概念ではなく、広く社会のシステムや制度をも含めた「革新・刷新」であります。 今後、2月末までに長期戦略指針の全体像「2025年に目指すべき社会のかたちとイノベーション」を策定、6月までに実現のための戦略的ロードマップを分野別にまとめることとしています。
 非常に難しい政策テーマですが、国民の皆様の声を伺いつつ、生活者の視点から「生活がこんなに便利になる、安心・安全になる」という夢のある未来を描き、そこへの道筋を明らかにしていきたいと思っています。政府と国民が力を合わせて創っていく日本の未来です。
ご一緒に頑張りましょう!


以上でおわりです、ご清聴ありがとうございました。(^^)v m(__)m

|

« ソニー出井氏、退任について | トップページ | 日本企業も続々進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15547810

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き(ソニー出井さん):

« ソニー出井氏、退任について | トップページ | 日本企業も続々進出 »