« 番外編:ソニー出井氏と中国 | トップページ | 昨日も誕生日祝い。 »

2007年6月28日 (木)

web上での試験が終わった。

といっても、私ではない。
(ブログでは仕事のことは触れないのだけど、興味深いことがあったのでちょっと。)

インターネット上でやる、90分のカナダ旅行の専門家資格試験の臨時事務局が我が社。
受験者は、全国の旅行会社在勤(現役)が条件です。
解答が送信されてくるチェックから終了時のサーバ管理まで。
試験実施中は試験官と同じ役目で、電話での応対もやります。

試験開始時刻がくると「待受画面」が切り替わり、試験問題が出るシステムですが、めちゃくちゃ難しい。私がやったら0点?(悲)

それはそれとして、試験が開始すると「何度やっても画面が切り替わらない」とかの電話がかかってきます。カンタンなことなんだけど、優しく対応するのも我が社の仕事。
数年前は社員3人で対応していたけど、今は誰もがインターネットに慣れてこんな初歩的な質問はまずありません。

しかし今日は驚く電話が1件、
試験開始15分前、「教えていただいたURLを入れても待受画面が出ない」という電話。私が出ました。
「入力間違えがないか読んでみてください」と聞くと、どうやら間違っていない…。
「どんな表示がでますか?」と丁寧に聞き直します。
すると、「これに一致するページは見つかりません」ですって!!!!

わかった!

「もしかしたら検索のところにURLを入れていませんか?」と聞くと、相手は意味がわからないようでいる。
「GoogleやYahooの入力スペースに入れるのではなくて、その上にアドレススペースがあるでしょ。。。」

本人がちゃんとできるまで、電話を切らないで待ちます。
「あっ!開きました!ありがとうございまーす。」

でも、笑わないでください。(こんな時オタクはすごく不親切)

試験が終わると今度は「回答が送信されたか心配なのですが…」という電話が数件。
「『送信受付けました』という画面が出ましたか?」と聞き返します。
「はい、出ました」
「では大丈夫ですよ」と答えると、どうも心配そう。
(昔、FAX送る時みんな不安だったのを思い出した)

サーバの中を見て確認してあげます。

まあ、いいじゃないですか、きっと試験で緊張してるのでしょう。
優しく教えてあげましょう。

我が社は、ヘタなサービス会社の対応より親切でしょう!(^^)v
(サーバチェックを済ませて会社を出たのが22:00、疲れた…)

|

« 番外編:ソニー出井氏と中国 | トップページ | 昨日も誕生日祝い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15593652

この記事へのトラックバック一覧です: web上での試験が終わった。:

« 番外編:ソニー出井氏と中国 | トップページ | 昨日も誕生日祝い。 »