« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

あの「VoToL」が、先端技術大賞受賞!

このブログで何度も紹介した、NECのモバイルマルチプレーヤー「VoToL(ヴォトル)」
NECの開発メンバーが、経済産業大臣賞(企業・産学部門最優秀賞)を受賞
『携帯端末用の多言語自動通訳システムを実用化』が評価されたようです。

以前やり取りしたブロガーさんが、TBで教えてくださいました。
実はこの商品、発売とほぼ同時期に私とNECの友人と共同で企画したのが、「ブログを活用したマーケティング戦略」でした。
20人のブロガーさんにこの商品を使ってもらい、各々のブログに記事を書いてもらう。
今では、この手法は企画アイデアの一つとして定番になっているけど、一年前は結構実験的でもあった。この新しい仕事を通していろんな意味でよい勉強になりました。

Transpeech_2画像がキレイとか、メモリーが30GBとかで驚いていたけど、同時に私が興味を持ったのがこの受賞対象となった「翻訳機能」です。英語と日本語だけだけど、実は中国語、韓国語も開発視野には入れていたらしいのです。

使い心地は?…いきなり乱暴に機械の前で喋っても、トンチンカンな翻訳が出てしまう。

しかし、この翻訳システムのロジックがわかる人が試すと、ほぼパーフェクトに近い翻訳がされるそうです。まあ、簡単に言えば「コンピュータの気持ちがわかる」のです。そう!ここが難しさの原点かも?まだまだ開発の余地があり夢があります。いいですね~。

ところで授賞式の後、小渕優子・文部科学大臣政務官が「研究の過程で試行錯誤を重ねながら研究に没頭した貴重な経験を大切にしてほしい」とあいさつされたそうだが、小渕優子さんといえば、私も数年前アカプリ(赤坂プリンスホテル)で産経国際書展の授賞パーティでご本人の挨拶を聞いた記憶があるけど、いい感じですね~スゴイ人気でした。産経書会の○○氏に書道を習ってるそうです。

話がまるで脱線…m(__)m

頑張りましょう! ものづくりニッポン!
参議院選挙後(自民大敗)で、安倍政権には触れませんが、「イノベーション25」は続けて欲しいな。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

中国からのお客様ーその後(番外編)

News_3 とうとう大変なことになっちゃいました!

中国・国画大師、安雲霽先生と私が、中国新聞網全国ネットに出ちゃったのです。(写真は7/24の梁祝祝賀会)

先ほど、段躍中さん(日本僑報社編集長)が、コメントで教えてくれました。

「安先生との写真は中国新聞社より全国配信されました…。
多くのサイトに転載されています。
おめでとうございます。」ですって!!!
詳細は:http://www.chinanews.com.cn/tp/kjxw/news/2007/07-25/986809.shtml

この記事に載っている写真は、7/16に紹介した絵をコピーしたものを、安先生と一緒にみせているところ。記事によると日本の書法家(私)と共同創作的作品とか?

イヤー、デビューですね~(笑)、 光栄です。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

中国からのお客様ーお別れ編

Yunchanguenoup 7/14に日本に来られた中国の国画大師・安雲霽先生は、昨夜帰国です。
このブログで5回目のシリーズになりますが、一昨日が最後のお付き合いでした。
今になって言えるけど、実はこの方はVIPで、お忍びで来日されたのです。
マスコミにも知らせず、責任重大な任務?だったのですよ。街角で何かトラブルに巻き込まれたらそれこそ大変なこと。移動は全部タクシーだったし、何もなくてホッとしています。

今朝は10:00にホテルに迎えに行き上野・国立博物館へ。東洋館には宋の時代の書と絵画が展示されていて、こちらの方は私の方がすっかり勉強させていただきました。
中国のその時代を代表する芸術として、「書」は六朝、「詩」は唐、そして「絵」は宋の時代と言われます。日本のものはもちろんですが、現存する宋の時代の実物が展示されているのにも感動していました。

MoutaiTeaset私は午後、一度会社に戻って仕事をこなし、夜は浅草雷門で夕食。最後のお別れとなりました。もともと日光へ行きたかったそうで、後半は浅草ビューホテルをとったようです。
こんな方と付き合いが出来た2週間。しかも気に入ってもらって大変ラッキーです。

次は、北京で会おう。と、(^o^)/~~~~~

今夜も中国外交部駐外使館専用の高級茅台(マオタイ)で最後の乾杯でした。(^^)V
お土産もたくさんもらっちゃいました。写真は左が「マオタイ」、右が高級茶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

日中文化交流・祝賀会

中国からのお客様ーの続きです。

梁祝・北京支部長のemiさんと中国の国画大師・安雲霽先生が訪日されて以来、第4弾の日記となりますが、「梁祝関係の皆さんにも会いたい。」と言うことで。。。

0724all2先週、関係者の皆さんに、こんなメールを配信しました。

『急なお知らせになってしまいましたが、梁祝コミュニティの皆さん!乾杯しませんか?』

日時:7月24日(火)18時~
場所:池袋「魚河岸亭」(雑司が谷鬼子母神ヨコ)
電話:03-3987-3821
地図:http://r.gnavi.co.jp/g810400/map1.htm

小さいお店なので、2階を貸切で18人が満タン。まあ、10人くらい集まればいいかなと、思っていたら続々と参加の申し込みです。ヤバイ、定員を超えちゃう!!!

0724all1 幹事をやるといつもドジる私は、焦った。

幸か不か?当日になって来れなかった方には申し訳ないのですが、実際の参加者は20名弱。結果オーライ。

イヤー、盛り上がりましたね~。遠方から訪ねてくれた方々、そしてマイミクやコミュニティで初めてお会いする方、とっても楽しかったです。皆様、ありがとうございました。

これ以上記事を書くより、この写真の雰囲気をみれば盛り上がりを察していただけると思います。ここには、酔っ払いの写真は載せませんが、写真をたくさんご覧になりたい方は『段躍中日報ブログ』をどうぞ。

私のよりもっとキレイな写真が載ってますよ~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

中国からのお客様ーその3

安先生ご一行、先週一週間は長野のおぶせ(小布施)美術館へ行かれていました。
ここは、全国唯一の中国水墨画だけを展示する美術館だそう。もちろん温泉や善光寺なども巡ってこられたそうですが、昨日夕方、東京に戻り、電話がありました。

Yunchangasakusa_2 浅草に泊まるので「もんじゃ焼き」を食べたいそうです、と…
ということで夜7時、雷門前で待ち合わせすることになったのです。

安先生はいつも高級茅台(マオタイ)しか飲まないので、お店に持ち込んで飲ませてもらうよう交渉して、一瞬ためらったけど了解してくれた「もんじゃ屋」が見つかりました。

下町育ちの私は、駄菓子屋の奥でガキ大将達としょっちゅう争って食べたのが懐かしい感じ。安先生はもちろん初めて、それがとっても気に入ってしまい、焼けるまでの待ち時間がたまらないようでした(笑)

お店の方も快く、お好み焼きや焼きそばもプロの手で焼いてくれました。さらに、ニンニクやデザートもサービスで…。お互い言葉が全然通じないけど今日も楽しかった。

イヤー、何と言ってもこのお酒(茅台)は美味しい!知らないうちにおながが一杯。
さあ、24日はいよいよ皆んなを集めて大パーティです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

2歳の誕生日祝い

070715 娘の息子が、先週の日曜日2歳になりました。でもその日は台風で延期。

今日は、横浜の旦那の実家でお祝いです。2歳だからロウソクは2本。

会うのは今年の正月以来だけど、やはり可愛いですね。(^^)v
メールなどで写真は見せてもらっているので成長ぶりは期待通り。

年に1~2度しか会わない私のことなど、当然覚えていないと思っていたら、
なんと!よちよち走ってきてヒザの上に乗ってくるではないですか…!

確か、生まれたばかりの時、こわごわ抱いたら急に笑顔になったので、
その時も、みんなビックリしていました。

これはスゴイ!血のつながりの強さか?
不思議なものを感じましたね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ネットコミュニティのパワー。

7/6の日記で宣伝したけど、
ロスの鶴亀さんが出版する本を応援するために、我ら246コミュニティの有志が
『鶴亀フレンズ』と名づけた電子会議室で毎日白熱した論議の末、
2007-07-24「出版記念イベント開催」にこぎつけました。
すでに70名以上の参加者が登録されています、ご興味がある方は是非ご参加下さい。
http://www.tsurukame-friends.net/modules/eguide/

しかし、何と言っても、恵比寿ガーデンプレイスという会場から、専用ホームページ作成、会場のセット、宣伝、何から何までボランティアで完璧な発表イベントの準備ができてしまったのです。

Turukame_img『還暦を過ぎてから、あるきっかけで、潜水艦に乗っていて戦死した父親のことを調べていくうちに、太平洋戦争で戦った日英蘭3隻の潜水艦の関係者たちの間に、恩讐を超えて交流が広がっていく様子を描いた感動の実録ストーリーです』動画を見せながらのお話しも楽しみです。

私は当日、中国からのお客様のパーティとかち合って参席できないのですが、
終了後の懇親会も素晴らしいメンバーと出会え、きっと感動することと思います。

もちろん、私もボランティアで宣伝しております。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月16日 (月)

中国からのお客様ーその2。

昨日の続き。(昨日の日記を読まないとわかりませんが…)
大先生にすっかり気に入られてしまったようで…。たいへんな事になってきました。*^_^*

今日は、絵を描いてくださるというのです!!!

描く場所で悩んだ結果、ホテルの部屋で描こうということに…。
何を描こうか?と聞かれ、調子に乗った私は、トラの絵をリクエストしました。

Art1_1
エッ!!!!、描かれた絵の上に僕が字を書くのですって?!
大先生の絵の上に??? そんな失礼な…。
初めはそう思っていたけど、やっと意味がわかってきました。

幅48cmの大色紙に、真剣に描く姿を目の前にすることができました。
何と優しく描かれたトラたち…。しかし、この動きと力強さ!墨と色絵具の濃淡が美しい!乾いてくると、絵が変わってくるのがまた素晴らしい。

Yungi_1これは、大変な家宝ですよ~。(@_@!
この2匹のトラが安先生と私?という事か?
「相看両不厭」と、題字を私が書くことに…。
李白の詩にある言葉で「二人は尽きることない友」みたいな意味?私なんぞに…!、このような世界的画家っていたでしょうか?超えてる、未来的、感動です!

安雲霽先生の画は中国国宝級の博物館でしか観られません。売るための絵は描かないし、嫌いな人の前で描くことは絶対無いそう。それを聞くと「私は何と幸せか!」でした。(^_^;)

Alls 夜は大使館の方々と会食。その前に新宿の「世界堂」を案内しました。中国は、紙も筆も日本のより悪くてメチャクチャ高いそう。逆だと思ったら日本が輸出してるんですね。品数が多いこの店でたくさんの買い物をしていました。

今夜はたくさんの方々を紹介していただけたうえ、茅台(マオタイ)酒とお寿司とで盛り上がりました。中国では一度でも食を共にすれば、その人とは「朋友」なのだそうです。Emi_2

明日からは地方へ観光?に行かれるそうですが、来週またお会いできるでしょう。イヤー、驚き、感激、喜びの2日間でした。(^^)v
その間ずっとやさしく取り持ってくださった「emi」さん(日本梁祝文化研究所・北京代表)。
たいへん、たいへん、ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

中国からのお客様。

夕方、台風が止みかかった頃、突然たいへんな人から電話がありました。
昨日、北京からやってきたあの「安雲霽」大先生です。(3/22の日記で詳しく紹介

もちろん、お互い言葉が通じないけど美人才女の日本人女性が通訳してくださいます。 日本に2週間くらい滞在されるので、いつお会いできるかと楽しみにしていた矢先のこと!
Gain1 私に「お土産を渡したいので、もし時間がとれるなら今夜でも…」という。

エッ!何をいただけるの?と一発OK。(笑)
永田町のホテルに泊まっているそうなので、自宅から30分もあれば到着です。 でも日曜日だし、知ってる店はないので困ったけど、結局何度か云ったことがある赤坂見附の居酒屋がやってた。ちょっと失礼だったかな。(^^;ゞ

そこで、すぐに大先生が出してくれたのが「雅印」。僕の名前を直々に彫ってくださったのです!嬉しいですよ~(^^)vそして、この石がまたスゴイ!「寿山凍」ですが、これはもう無いそうですよ。 白い部分に光を当てると透明になって光るのです(@_@!

そして、彫っていただいた篆刻の文字、右側の塚越が「白文」で、左の誠が「朱文」。ツートンで洒落ていますね。書体も変えるなんてスゴイです。わずか数cm角のこの世界(宇宙)の中で様々なお話しが聞こえます。

大変な宝物をいただき、なおかつ中国の高級茅台(マオタイ)酒を居酒屋で平気で飲んじゃいました。 これが何と53度!もあって強い、しかしメチャクチャ美味しいのです。

かなりいただいちゃったけど「真に、次の日スッキリ」というヤツ。いい酒は違いますね~ (^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

ドシャ降りのアキバ!

我々東京人は「アキバ」とは言わない。あくまでも「秋葉原」。

かの昔(二十数年前)の私は、Macが出来るもっと前からの(アップル)オタクでした。AppleII+、AppleIICとかの頃、ProDOSというOSにハマっていた。ドシャ降りも関係なく、まー、良く行きましたよ。裏通りや小路地の不法コピー屋にも…しょっちゅう。

そして、今日は久々の秋葉原…。今回は仕事です。

新しい仕事を始めるのにフォント(書体)を指定されていて、買わなきゃならない。
MacとWindows両方使ってやってるから、お金もかかるし面倒くさいんだけどしょうがない。大日本スクリーン(ヒラギノ書体)。

ネットでいろいろ調べて、どうもOSとの絡みで理解できないところがあるので店に出向くことに。「ソフマップ2号店(マック専門館)」。もともと中古買取~販売店。ここも昔からの行きつけ。で、やっぱり直接店員に確認した方が早い、すぐに購入しちゃいました。
Windowsとのハイブリッドで買い得?書体はキレイで素晴らしい。

が、強制かつ独占的。こういう版権商法が成り立つ時代は終わって欲しいと常々思う。

Akibascr ま、それはそれとして、Mac専門館はさすがにオタクだらけ(かっこいい男女も結構います)。
今の私はMacとWindowsの長短を認めて使ってるし、Macオタクではありませんよ。^_^;

PS.秋葉原電気街まつりの券8枚ももらいました。これからやってみます。
10万円当たったらノートPCでも買おうかな?

実は…、100円が1枚当たりました(相変わらずクジ運がないのです)(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

仕事に追われる日々。

ひたすら仕事に没頭してたらもう金曜日ではないですか!!!
…なんて言うとカッコいいけど…、実は今までヒマで焦ってたのです。(>_<)ゞ

急に仕事が詰まってきて毎日残業~直帰宅で缶ビール(小)と焼酎○○割り数杯。これはありがたいこと。身体も生活も規則的な毎日で、これまた良い事ですね。(^^ゞ

しかし、今日の金曜日は違う。夕方からのお客さんとの打ち合わせが池袋で!
池袋というのは我が協力スタッフの事務所。PCを見ながらの大変充実した会議でした。

そういえば今日は、今や日本最大の「ヤマダ電機LABI」がオープン!
ここはその池袋東口の裏通りです。

Sakerenka この辺は飲み屋だらけ。たまたま「連家」という居酒屋へ…決起大会か?3人で乾杯!
なぜか今日は、芋焼酎とトビウオの刺身とタタキでスタートでした。(^^)v

私の場合、ちょっと深酒をやめると弱くなってしまう。
良いことなのか?悪いことやら…?\(^_^ ) ( ^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

日展100年展。

Nittentop 4月26日の日記で、「日展100年展」のことを書いたけど、我が国最高の総合美術展にしては、広告がお粗末…などと言っちゃいました。

で、ようやくPRイベントが始まったようですね。新サイトを立ち上げ、新デザインのポスターも。

私の知り合いのPR会社も協力したそうですが、対談や作品づくり体験などイベント申し込みもできます。セブンシーズクラブ会員の方は無料招待もありました。

この成果が少しでも上がってくれると嬉しい。
有名な方の展覧会はどこでも盛況なのに、「日展」はどうも不人気。権威主義が強いのが問題か?特に「書」は一般人には敷居が高すぎるのでさらに問題?

多くの日本人は、高い文化的意識を持っている筈。
レベルは違うけど、展覧会の主催者側にたった経験ある私としては、大変気になるところなのです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

書道展の最終日。

Bougi1_1 今月4日から始まった、練馬区書道連盟展の最終日。16:00になると業者が片付け始めます。

15:45、練馬区立美術館に到着。たいへん!

Nerimamsm_1 ちっとも来ないので、幹部の先生方も心配してくれてたようでした。
「いま、携帯に電話するところだった」と伊東会長。
そして、打ち上げ会に出るのが当然のごとく事務局長が会費を集金にきた。

着いた早々そんな話してる場合じゃない、観る時間があと5分しかない!
いくらなんでも5分じゃムリだ。会長に写真撮ってもらったりしてたら16:00になってしまった。
(写真みるとわかるでしょ、こんな大きいのを出展できる所はあまりないです。)

今回の出品数は約150点だそうで、会長の挨拶が始まってしまった。

すでに、業者が来て片付ける準備している。
私としては、せっかく来たのだからいちおう他のも観なきゃ。

Room3_4 そして、打ち上げは17:00からだって…落ち着いてすわってる時間はない。
今年はいつもの料理屋がとれなくて隣のレストラン。料理はコースで出てくるし、お酒はガンガンで会費2,000円だからメチャ安い。

しかし、やっぱりギリギリの到着はいけない!疲れます。(^_^;)

作品の解説は6月12日の日記に。表装前で、額に入れる前の作品を載せたけど、比べるとずいぶん感じが違うものでしょう。
※最後に一言:ここの幹部の方々は日本の歴史上の書家の流れを継承(師事)している方々ばかりなのです。練馬展が単なる街の書家の集まりであれば私は出品しません。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

今日は、発刊本の宣伝。

Covers1_1 我ら起業家ネットコミュニティの重鎮、鶴亀(つるかめ)彰さんという素敵なお名前の方が
『海に眠る父を求めて 日英蘭奇跡の出会い』を7/24に出版される。

先月からボランティアで応援しようと、300人近いメンバーを抱えるこのコミュニティから有志が名乗り出て今や朝から晩までメールだらけ、スゴイもんですよ。

私は、時間がとれなくて、しばらく会議には遠慮してたら、いよいよ本番となっていました。

いつの間にか、メンバー達の好意でこんな立派なHPもあっと言う間に作られたのです。
説明するよりはやい、ご覧になってください。↓
http://www.tsurukame-friends.net/modules/eguide/

Tokyobookfair1 この中の「呼びかけ人」に私の名前も出てるではないですか!
そうなんです私も宣伝させていただきます。

7/24の恵比寿ガーデンプレイスで発表会+懇親会、大パーティやりますよ。

更に、右の写真は8日まで開催中(東京ビックサイト)の東京国際ブックフェア、学研ブース内に、この本のディスプレーも作ってくれたメンバーもおられます。なんと積極的かつ素早いことでしょうか!!!(送っていただいた写真です)

お役にたてればと思いつつも、皆さんがスゴイのでつい引き込みがち。何と言っても、このコミュニティのメンバーの質の高さと人脈の幅広さにはいつも勉強になっています。

このネットパワーは、膨大な宣伝費が不要!広告業界を震撼!との、良き事例になることでしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

お金はグーグルが出す!!!

グーグルの新展開はとどまるところを知らない。
しかも、あくまで「検索」を基本とし、常にその可能性を拡大している。
とにかく世界中から最高の頭脳をヘッドハンティングしているそうだから。。。

過去の図書データのデジタル化を急ぐ中、
欧米諸国以外で初めて日本の慶応義塾(学校法人)とジョイント!
先ずは、著作権の切れた明治から昭和初期の本(約3万冊)から電子化…。

電子化に必要な費用は、グーグルが全額負担!!!

このことは、私が7年前、日経新聞社(電子メディア局)の友人にツアーを組んでもらって
NY~ダラス~ロスと米国のIT企業を回ってきたのですが、その時、日本もネットバブルの真っ盛り。
Yahoo、e-bay等々ベンチャー企業を巡りTOPとのミーティングも組んでもらえた。
しかし、最新情報は私の親友を通してどんどん入ってきていたので、それほど影響を受ける程のことはなく残念と思っていたが、一つだけ未来の準備を着々と進めているものがあったのです。

それは、過去のアナログデータ(映画やニュースなど)を電子データに変換し初めているのです。私はそれが未来にとても大事なことだと思っていたけど、いったい誰がお金をはらうの?

という疑問で、質問をしました。

「先行投資です。」と、そりゃそうだけど、そんな会社あるのかな?四半期ごとの損益勘定と株主対策に追われている日本の大企業にもできない話でしょう。(何せ7年前の話ですよ!)

今回のようにグーグルのような資金力ある企業が、人々の未来のためになることをやってくれることを嬉しく思います。べた褒めするつもりは決しないのだけど、グーグルは今の資金力で様々な国際貢献も始めている。地球温暖化防止対策(最も消極的だった米国)にも、昨日今日できた会社とは思えないくらいで素晴らしい。

大きな企業ほどこうでなきゃやってる価値ないですね。(中小もそうだけど…)

ところで、ここがこれからの大事な点。「数値予測も損益計算も立たない計画では企画になっていない」と言うのは、実は時代遅れなのです。

先日書いた、「シャドーワーク」でも読んで行動して欲しいな。
(ここにもグーグルの新しい発想がでています)

とにかく、考えてばかりでは何も動かない、実行するという勇気ですね!
その体験が結局、自分のため、会社のため、世界のためになるのだと信じています。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

これが"あちらの世界"での私。

Bougitatham_1 この顔、自分で作った!カッコイでしょ!、当分この顔(アバター)でいきます。(^^ゞ

もちろん、あのバーチャルリアリティ社会での話。
実は私、今のとこ、この世界で一人ぼっちで生きているのです。

セカンドライフ」ってネーミングは日本人にはわかりにくいかも?直訳だと"第二の人生"になっちゃうからね~、全然違うんだけど…。
ところで、自分を創るのにスタイルから何から、そうとう細かく設定できる。いつでもどこでも変身できるんだけど、私は当分これでいきます。なんか、この顔に愛着がでてきた。(笑)

FaceBody_1まあ、その辺はそろそろ知ってもらうとして、いままでずっと英語圏で生活してたので、今度は日本人の居住地区に来ています。
まだ先日の「下北沢」にいるので、今日は久々に日本語を使っておしゃべりしました。

私の顔をみて?「Do you speak Japanese?」って女性が聞いてきた。「yes」って答えると、「なーんだw」って返ってきました。

確かに日本語の方がラクですね。(^_^;)

僕より早くから住んでいて詳しそう。そうなると、ついリアルな会話になってしまう。池袋界隈に住んでいるらしい。

でも、私としては一人ぼっちでこの世界に来たので、「教えてくれる人やアイデア会議が出来る場所とかがないかな~?」って聞きました。
そしたら、「(日本最大の)セカンドライフSNSコミュニティ」を教えてくれたのです。
早速入っちゃいました。

彼女ともお友達になれて、いろいろ教えてもらって生きてますので、皆さんどうぞ早く来てください~!待ってます!

PS.何か「Back to the future」の映画みたいですね。(^^)V

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »