« 中国からのお客様。 | トップページ | ネットコミュニティのパワー。 »

2007年7月16日 (月)

中国からのお客様ーその2。

昨日の続き。(昨日の日記を読まないとわかりませんが…)
大先生にすっかり気に入られてしまったようで…。たいへんな事になってきました。*^_^*

今日は、絵を描いてくださるというのです!!!

描く場所で悩んだ結果、ホテルの部屋で描こうということに…。
何を描こうか?と聞かれ、調子に乗った私は、トラの絵をリクエストしました。

Art1_1
エッ!!!!、描かれた絵の上に僕が字を書くのですって?!
大先生の絵の上に??? そんな失礼な…。
初めはそう思っていたけど、やっと意味がわかってきました。

幅48cmの大色紙に、真剣に描く姿を目の前にすることができました。
何と優しく描かれたトラたち…。しかし、この動きと力強さ!墨と色絵具の濃淡が美しい!乾いてくると、絵が変わってくるのがまた素晴らしい。

Yungi_1これは、大変な家宝ですよ~。(@_@!
この2匹のトラが安先生と私?という事か?
「相看両不厭」と、題字を私が書くことに…。
李白の詩にある言葉で「二人は尽きることない友」みたいな意味?私なんぞに…!、このような世界的画家っていたでしょうか?超えてる、未来的、感動です!

安雲霽先生の画は中国国宝級の博物館でしか観られません。売るための絵は描かないし、嫌いな人の前で描くことは絶対無いそう。それを聞くと「私は何と幸せか!」でした。(^_^;)

Alls 夜は大使館の方々と会食。その前に新宿の「世界堂」を案内しました。中国は、紙も筆も日本のより悪くてメチャクチャ高いそう。逆だと思ったら日本が輸出してるんですね。品数が多いこの店でたくさんの買い物をしていました。

今夜はたくさんの方々を紹介していただけたうえ、茅台(マオタイ)酒とお寿司とで盛り上がりました。中国では一度でも食を共にすれば、その人とは「朋友」なのだそうです。Emi_2

明日からは地方へ観光?に行かれるそうですが、来週またお会いできるでしょう。イヤー、驚き、感激、喜びの2日間でした。(^^)v
その間ずっとやさしく取り持ってくださった「emi」さん(日本梁祝文化研究所・北京代表)。
たいへん、たいへん、ありがとうございました。m(__)m

|

« 中国からのお客様。 | トップページ | ネットコミュニティのパワー。 »

コメント

塚越先生、コメントありがとうございます。安先生との写真は中国新聞社より全国配信されました。正谷さんも一緒に入っています。多くのサイトに転載されています。おめでとうございます。詳細http://www.chinanews.com.cn/tp/kjxw/news/2007/07-25/986809.shtml

投稿: 段躍中 | 2007年7月29日 (日) 14:23

段躍中さま、
ありがとうございます。
詳細URL見ました!
わー、私と安先生、そして正谷さんが、
中国の新聞にバッチリ出ちゃってます~(笑)
嬉しいです。これ、みんなに宣伝します。(^_^)/~

投稿: 塚越 誠 | 2007年7月29日 (日) 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15791625

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からのお客様ーその2。:

« 中国からのお客様。 | トップページ | ネットコミュニティのパワー。 »