« 中国からのお客様ーその後(番外編) | トップページ | スゴイね!話題の7歳、天才書道家。 »

2007年7月30日 (月)

あの「VoToL」が、先端技術大賞受賞!

このブログで何度も紹介した、NECのモバイルマルチプレーヤー「VoToL(ヴォトル)」
NECの開発メンバーが、経済産業大臣賞(企業・産学部門最優秀賞)を受賞
『携帯端末用の多言語自動通訳システムを実用化』が評価されたようです。

以前やり取りしたブロガーさんが、TBで教えてくださいました。
実はこの商品、発売とほぼ同時期に私とNECの友人と共同で企画したのが、「ブログを活用したマーケティング戦略」でした。
20人のブロガーさんにこの商品を使ってもらい、各々のブログに記事を書いてもらう。
今では、この手法は企画アイデアの一つとして定番になっているけど、一年前は結構実験的でもあった。この新しい仕事を通していろんな意味でよい勉強になりました。

Transpeech_2画像がキレイとか、メモリーが30GBとかで驚いていたけど、同時に私が興味を持ったのがこの受賞対象となった「翻訳機能」です。英語と日本語だけだけど、実は中国語、韓国語も開発視野には入れていたらしいのです。

使い心地は?…いきなり乱暴に機械の前で喋っても、トンチンカンな翻訳が出てしまう。

しかし、この翻訳システムのロジックがわかる人が試すと、ほぼパーフェクトに近い翻訳がされるそうです。まあ、簡単に言えば「コンピュータの気持ちがわかる」のです。そう!ここが難しさの原点かも?まだまだ開発の余地があり夢があります。いいですね~。

ところで授賞式の後、小渕優子・文部科学大臣政務官が「研究の過程で試行錯誤を重ねながら研究に没頭した貴重な経験を大切にしてほしい」とあいさつされたそうだが、小渕優子さんといえば、私も数年前アカプリ(赤坂プリンスホテル)で産経国際書展の授賞パーティでご本人の挨拶を聞いた記憶があるけど、いい感じですね~スゴイ人気でした。産経書会の○○氏に書道を習ってるそうです。

話がまるで脱線…m(__)m

頑張りましょう! ものづくりニッポン!
参議院選挙後(自民大敗)で、安倍政権には触れませんが、「イノベーション25」は続けて欲しいな。(^^)v

|

« 中国からのお客様ーその後(番外編) | トップページ | スゴイね!話題の7歳、天才書道家。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/15953700

この記事へのトラックバック一覧です: あの「VoToL」が、先端技術大賞受賞!:

« 中国からのお客様ーその後(番外編) | トップページ | スゴイね!話題の7歳、天才書道家。 »