« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

毎年恒例、東京湾屋形船。

Yakatabune1 なぜか?毎年8月の最後の日曜日って決まってるみたい。
もう25年くらい通っている行きつけのスナック主催で、常連客を集めた感謝会らしい。最後に賞金付きゲームもやる。
今年で3度目、どうしても断れないお誘いなのです(^^ゞ

船は、40人乗りで今回は38人が参加。18:00に出航なので遅れてはなりません。
勝どきの桟橋~お台場まで2時間半のクルーズです。
一人1万500円(税込)まあまあでしょう。料理はしっかり出ます。酒は飲み放題。日本酒は久保田、八海山もある。私はいつも一人で赤ワインをボトルごともらってマイペース。

こういう時の私は酒に飲まれず、窓の外の風がなんと爽やか!と、静かに飲んでます。

Yakatabune3 外をみるとカモメが今年は1羽もいない!なぜ?
みんな酒とカラオケで夢中になってるからそんなこと考えてる情緒はないのかな~?

ややっ!、まわってきました、カラオケの番が…
歌うと酔いが回るからイヤなんだけど…。しかたがない。この後の出来事は…省略します(笑)

まあ、こういうのがあると、夏が終わるんだなって感じますね。
とりとめもない夏の終わりの日記でした。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月25日 (土)

梁祝+フィギュアスケート大会?

梁祝(梁山伯と祝英台)コミュニティ(SNS)の中で話題になっていた、
以下の動画がやっとYouTubeで見つかったそうです。

以下引用-------------------------------------
安藤美樹選手、浅田真央選手が活躍したフィギュア世界大会2007。
エキシビションで中国選手ペアの演技があったのですが、その時の音楽が「梁山伯と祝英台」でした。女性の方が演技の最後には、腕に羽を着けて蝶になって滑っていましたが、会場やTVで見ていた人で、どの位の方がこの意味が判ったのか興味あるところです。

来年は北京オリンピックです。フィギュアスケートだけでなく体操や水泳競技などからも、きっとこのメロディが流れることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月23日 (木)

Google Earthで宇宙へ!

Space1Google Earth使ってますか?

Google Earthは地球の上を見るだけじゃなく、どんどんバージョンアップしてる。
いろんなコンテンツが増えていてスゴイ、17世紀にタイムスリップするのもある

画面上のヘルプメニューから「アップデートをオンラインで確認」を開くだけ。

Space2 今日は「宇宙」をダウンロード。画面右上に宇宙行きのアイコンができるのでカンタン。
さっそく宇宙旅行に出かけました。光の10万倍?のスピードで、美しい銀河の中に突入していくのが何ともたまらないのです。(^Q^)/^

数年前にコンピュータで補修された、Space5銀河の衝突や、超新星の爆発などの美しい画像を見たけど、見たその日に宇宙を旅した夢をみてしまったことがあった。両手を広げて大空を舞うように「宇宙狭し」と飛んでいるのです。(笑)

宇宙物理学者のホーキング博士は昔から大好きですが、あるインタビューで「宇宙には地球と同じような生命体が棲む星は幾つくらいあると思うか?」と聞かれたとき、「一兆以上あると思う」といって聴衆を驚かせたが、良く考えてみるとそれでは少ないくらいでしょう。

Space4 専門家でないので非常に大雑把だが、単純計算すると宇宙には銀河が2千億個あるとして我々地球がある(天の川)銀河に地球のような星が、5つあれば、×2千億個だから、全宇宙に一兆個の星があると言えますね。

あー夢だね~、途方もない世界だね~。
写真を撮ってきたのでお見せします(笑)
上から順に、●かの有名なアンドロメダ星雲 ●銀河が密集しているところ ●車輪銀河 ●こと座にある有名な環状星雲 でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

国民的ヒーロー、野口英世とは?

今朝の日経新聞(2面)の記事。

「野口英世賞」募金集まらず!
小泉前総理の肝入りで創設された「野口英世アフリカ賞」の募金が思い通り集まらず、政府とJICAが苦慮している…。

実は偶然だけど、今私が読んでいる本「生物と無生物のあいだ(福岡伸一著)」に、野口英世のその後の、意外な評価が書かれていたので、紹介することにした。

NY・マンハッタンにあるロックフェラー大学(あの有名なロックフェラー・センターでなく)を知る人は少ないそうだが、ここの図書館に野口英世の胸像があるにもかかわらず彼がどんな人物かを大学の人たちは知らないらしい。
なぜ?
「彼の業績すなわち、梅毒、ポリオ、狂犬病、黄熱病の研究成果は賞賛を受けたものの、その後の結果は矛盾と混乱に満ちたものだった。間違いだったものもある」という。
最近(2004年新千円札の発行以来)、彼の胸像を背に記念写真を撮りに日本人観光客が押し寄せるようになり、驚いた図書館側はそれを冷ややかに?見守っていた…。

この本の趣旨は分子生物学の話であり、野口英世とは直接関係ないけど、こんな事実はあまり知らされていない。こちらに少し解説あり→【野口英世の最後】

「野口英世賞」募金は、ロックフェラー財団が5万ドル、小泉前総理は最後の退職金(834万円)を全額寄付、その他は殆んど無しだそうです。ゆかりの深い福島県や横浜市にも頼むそう。
来年5月に第一回目の授賞式があるそうだが、このままでいくと、その予算(1億円)の大半を税金から使うことになりそう。
こうなると、運営側はますます前途多難です。(◎-◎;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

著作権について

このブログで何度か著作権についての持論を書きましたが、8/14朝刊の日経コラム(作家:柴田翔氏)は、"過敏なる著作権保護に異議を唱える私"を元気づけてくれました。

著作権の期限を死後50年から70年に延ばそうと言う動き(各種著作権協会)に、何と、著作者自から異議を唱えているのです。柴田氏の趣旨は、期限を延ばす必要がないというだけでなく、知的所有権そのものに対し大変謙虚な気持ちで意見を述べている。

私なりに要約すれば…、
著作権の元となる「作品」は、決して無の空間から生まれるわけではない。
過去と無関係な作品は無く、そこで読まれる過去の作品も、更に古い作品とつながっている。むしろ、その間に数千年かけて作り上げられた日本語を無料使用して作品を書いている。そんなものが、死後何十年間も自分のものだと主張し続ける権利があるのだろうか?!それより、長年の無料使用をお詫びしつつそっとお返ししてよいのではないか。
素晴らしいご意見ではないですか!!!全く同感です!
文筆(著書)に限らず、音楽であれ、私の書道であれ、人類の英知の積み重ねを真似して(学んで)出来上がっているわけです。

ところで、先日の中国の「偽ディズニーランド?」ニュースには、空いた口がふさがりませんでした。他のアジアの国々でも、似非(エセ)は当たり前、得意芸にすらなっています。
とんでもないことです。が、しかし、誰もが同じように目くじらをたてて怒るのでなく、この折に、そもそも著作権なるものを冷静に考える事も必要なのでは?
マス報道の一面だけを観て何でもバッシングするのはもうやめて自分の考えを持ちたい。もちろん、著作権保護を名目に既得権益を生む団体(法人)が猛反対。しかし、Net社会との戦いはとっくに始まっているのです(笑)。

日本政府が(今は書きにくいけど)頑張ってくれているのが、二次著作権(Net上)の緩和を推進。ご周知の通り音楽配信フリーなどはどんどん進んでいます。
このことは人類の英知が全世界の人々に平等に与えられ、高度な未来社会が生まれるのです。(^^)v

PS.「未来社会は著作権が無くなる」エスター・ダイソン女史の著書:広告キャッチより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

夏休みの想いを動画に。

一昨日の日記の、あの庭園での想いを編集しました。

深川・清澄庭園の「二匹の鯉(恋)の物語」と
中国・愛情故事「梁祝(リャンチュウ)物語」のテーマ音楽を合成。
癒し作品ができました。
このクソ暑い毎日、少しでも皆様の「涼」となりますように…。
ちょっと短すぎたかな?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

炎天下のウォーキング&癒しの庭園。

何だか寝てばっかりの夏休み。昨日も一昨日もまあ良く寝た…(^^;ゞ
さて今日は私にとって、本格夏休みです。
久々にジョギング(暑いからウォーキングに変更)をすることに。いつもの地点からスタート。ただしゴールを決めるのやめました。

Teien1 着いたところは、清澄庭園(きよすみていえん)。読めない人がいるのでルビを…。入園料150円。
自宅から徒歩10分で、こんな良いところがあるのです。

江戸時代「紀伊国屋文左衛門の屋敷」~武家下屋敷~「三菱財閥の岩崎彌太郎」などなど変わってきたそうです。
この辺は人が少ないし静かだから、癒しにはとってもGood。

Furuikeya Koi 近所(芭蕉庵)から運んできたという「古池や~」の石碑がひっそりと涼んでいたり、
鯉や亀がなついて水面に上がってくるのについ惹かれ、ボーッとなってしまう。
近所(町内会)なのに、まるで別世界。
夕方まで涼んだ、涼んだ。すっかり癒しウォーキング?でした。(^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

暑い日は外出禁止。

昨日も、今日も、東京36度、とか38度?とか??そんな暑いのか!と知ると、絶対に外に出る気がなくなった。やってられないよ。家で涼しくいるに限る。

その気になってか?この2日間、寝っぱなし。

昨日20時間寝たのに、今日も14時間寝てしまった!!驚くでしょ。
昨夜1:30に寝ついて、起きたのが午後の3:30。その間トイレなし、朝8時と12時30分だったか?一瞬目が覚めただけ。

いろいろあって、精神的に疲れているのでしょう。夏休みはまだ続くけど明日から根性で再起しましょう。頑張ります!

以上、中味が何んにもない一日。
これが本当の夏休みだ。夏休みは、まだつづく。\(~o~)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

夏休み初日から、仕事!???

今日から夏休みだと言うのに、お得意さんから連絡があり、千葉(市川)の発明博士の研究所に行くことになった。
まあ、私の夏休みは毎年予定なし。帰る田舎はないし、旅行は面倒だし…。ま、いっか!って気分で15:00現地着。今まで固めてきた特許新製品を、具体的に営業する資料の最終チェック。

しかし、実は、目的は夜にあり(笑)

17:00会議が終わる頃、博士が部屋に探し物に行った合間に、 すし屋がいいか?焼き鳥屋がいいか?って我々はひそひそ話。
ところが!博士が戻ってくると!何と!日本酒5合ビンをぶら下げているではないですか。「浦霞」だったけど名前が「弐百四拾参号」とか?漢字で番号が書いてある。いただき物らしい。 いけない、デジカメ写真撮ればよかった!

旨い!気がききますね~、さすが博士!

会議室ですでにチョッピリ良い気分、そしてその後は駅前のナベ料理屋へ連れて行ってくれました。 夏休み初日にしちゃあ、まあまあでしょう。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

ペット用ヘアカラー。

Petcolor これ、ペットの毛染め!
可愛いでしょ!!!

いままでマル秘だった製品を発表。こんなお洒落商品はどうでしょう?
我々宣伝広告の仕事は、喋りたくても時期が来るまで友達にも喋れない。そんなのが今もたくさんあって、これは数ヶ月前から調査をしてました。

ペットを飼っている人からいろいろ聞いて少しづつわかってきたけど、まだイマイチ。
面白いという人、とんでもないと言う人賛否両論。動物愛護?とかで問題になるのでは?いろいろ反応を聞きたかった。

Petcolorset ●ペットは家族。という女性…、
「動物は人間の何百倍という臭覚。臭いが優しいなんてありえない。臭覚が鈍ってかわいそう。」といいながらも、「私はいやだけど、でも、好きな人はいるんじゃない?」

●ペット大好きの人…、
「とってもいいじゃない、人間のようにブロンズとかないの?」

近々に、この犬を連れて街を歩き、取材する計画をたてました。
さあ、どんなマーケットが生まれるでしょうか?(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

我が家の、夏祭り。

Mplace_2 たまには地元(ローカル)な話。

今日はうちのマンションの「夏祭り」。
21回目だって!スゴイでしょ。何年経っても子供が多んです。永住型マンションだから?!

まあ、写真の通り地元・深川のローカル色が出ていいじゃないですか!(笑)
全部管理費でやってるんだし。

Mstage ただし、笑ってばかりでないところも…、住民の中に、偉い人や、業界有名人が結構いるんですよ。元○○大臣もいて、任期中はマンションの中に小さい交番が置かれていました。

もしかしたら、我が家が中で一番貧乏かも…(笑)

祭りの内容は?まあ、舞台みればわかる通りこんなもの…。
以前、某音楽会社のプロデューサが住んでた時は、若手新人歌手が何人か舞台で歌ってくれた。こういうのまたやらないかと期待してるけど、住民みんなが楽しく頑張ってるのもいいですよ。若い人も皆んな育ちがいいから、安心できるし和やかムードです。

Hanabi3 午後3時に始まるので、食べ物は早くしないとみんな売り切れちゃう。
夜7時半ビンゴ大会が始まって8時半に花火大会で終わる。ここは毎年同じです。
(右の写真みてください、花火はなかなか立派でしょ!打ち上げ花火はムリだけど…)

我が家は、もう子供達が出て行ってしまったので静かな夏祭りでしたけどね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

なつかしき愛宕界隈。

長くお付き合いいただいているお得意さんが西新橋にあり、去年神田方面に引っ越すまでは、新橋界隈で飲むことが多かった。

それとは別に、今週突然「暑気払いしたいな」という友人からメールがあり、即決。
本日18:30集合(4名)、場所は、最近西新橋に引っ越してきた仲間の事務所となったのです。懐かしい!この辺は…。しかもお得意さんがあったビルの真正面!

03新橋駅のまわりは居酒屋だらけだけど、この西新橋(愛宕山下)には、落ち着いた品の良いお店が結構ある。入り口はなんと言うこともないのに入るとビックリする高級ステーキ屋に連れて行ってもらったこともあります。

今日は、直送鮮魚・黒豚しゃぶ「ぜん」というお店。とても落ち着けて良いお店でした。
しかし、割り勘仲間だし、しかも本来ならこちらが事務所引っ越し祝いをしなきゃいけないところ。逆にご馳走してもらっちゃったのです。

01 あ、またデジカメ撮るの忘れて食べ初めてしまった。焦って撮ったのがこの下手な写真。(^^ゞ

結局集まったのは3人。残念ながら予定していたもう一人の仲間は残業で断念。彼はまだ30代そこそこ。
30代といえば、我々も仕事で徹夜・朝帰りはザラだったし、一番働かされる時だよね…。彼を元気付けるための話題にも花が咲きました。ヘンにブレないように…それも年長の役目だな。と思いつつ楽しかった。

今回の仲間は、会社も業種も違うけどITだけが共通。だから話題が豊富で楽しい。
年齢もバラバラで、それぞれ経歴がスゴイんですよ。とっても勉強になります。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

スゴイね!話題の7歳、天才書道家。

スゴイですよ!「モントリオール国際芸術賞2006」グランプリ受賞などなど。
YouTubeの動画がみれるのでわかりやすい。↓
http://404er.com/blog/2006/11/07-230151.php
今日、身内からちょっと聞かれたので書きました。ある方のコメントでは… 「今やメディアでもひっぱりだこの天才書道少年、高橋卓也君。 鋭い感性と力強い筆使いはプロの書家もうなる作品ばかり。 卓也君は現在8才。」 ですって。
こんな感じでネットでもスゴイ賑わっていますね。造形センスがすごくいい、やっぱり天才でしょう。最近、若き才能が各分野で芽生えているのはとても良いことと思います。

まあ、それはそれとして、ここでちょっとばかり、「書道」の話。

そもそも、「書道」と呼ぶのは日本独自の文化の結晶?中国では「書法」です。「道」がつくのは日本で「禅」の考え方が取り込まれてから。 柔道、剣道、茶道、華道…そして香道、装道とか?何でも「道」をつけてしまう。日本文化に携わる者の独自の考え方です。

書は芸術が否か?

「芸術と呼ばない派」に近いのが私です。しかし芸術とは呼ばないにしても文字を素材にしつつ、その意味をも超えた心の表現であり、間違えなく偉大な文化です。
書はまさに「温故知新」。偉大な先人たちが作り上げた歴史と未来との狭間に生きつつ、自分に問い、己れを磨く。カッコよく言えば私の書道はこんな感じかな? (^^;ゞ

なんて、うんちく話したら終わらないからこれで止めます。
まあ、書道に興味がない方も、この少年のサイトをみると何かを感じる筈ですよ。(^^)v

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »