« 書の値段は難しい!? | トップページ | とうとうボケたか(笑) »

2007年10月21日 (日)

「老白汾」というお酒。

Sake1 今日の晩酌は、このお酒で。。。

北京の四日目にお世話になった、戒台寺という大変なお寺の妙有(和尚)さんから特別にいただいたお酒です。

よく読めないけど10年物で45度の強い酒!今夜初めて封を切りました。

安先生の「高級マオタイ」が飲みなれてしまったせいか、臭いが強くて一瞬驚いた!が、何のことはない。薩摩の芋焼酎を思い出せばなんとも乙な味。
いや、芋焼酎と比べるもんじゃないですね!(失礼しました)m(__)m

一口、二口、と…、旨いよ~これ!
一人で味わっちゃもったいないけど仕方がない!(ケチってるワケじゃなく夜も遅いし…)
強いけど、55度のマオタイで一気飲みに慣れちゃったから45度なんて軽い軽い(笑)

お世話になりっぱなしの、安先生とemiさんを思い出しながらの晩酌。
これまた乙なもんですね~。今夜も最高!(^Q^)/^

PS.ところで、中国関係の検索エンジンはやっぱり「百度」がいい。YahooやGoogleより無駄がない。

|

« 書の値段は難しい!? | トップページ | とうとうボケたか(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/16830883

この記事へのトラックバック一覧です: 「老白汾」というお酒。:

« 書の値段は難しい!? | トップページ | とうとうボケたか(笑) »