« 北京旅行記ー三日目 | トップページ | 北京旅行記ー五日目 »

2007年10月15日 (月)

北京旅行記ー四日目

Tsukasyo 今日の昼食は大変、しゃぶしゃぶ料理「満春林」に現代の中国美術界のホープが集まって一緒に画や書をかくらしい。交流会です、日本の書家と会うのは始めてらしい。

人民日報の記者の方が来ていて、私の書を海外版に載せるために、ここで書いて欲しいと言うのです。これに載った日本の書道家はまだいないらしい。
しかし、いきなり言葉を渡されてその場で書くというのも結構つらい。 なんとか書き上げて渡しました。みんな注目してくれたようでホッとしました(笑)

Jynichisyo_2 先ずは食事。中国独特のしゃぶしゃぶは食材が豊富、口に合わないものは一つもありません。相変わらず「高級マオタイ」をいただき、乾杯しながらそれぞれの方と交流。
みなさんとても高名なのに私に親しみをこめ、気を使ってくれて何とも恐縮だらけです。昨日の偉い人たちといい、ここが中国の大きいところ。日本の偉い人たちと違う!?

Gassaku_2写真は、この五人の中国の画家・書家たちが一枚の紙に描いて出来上がったもの。そのまま私にプレゼントしてくれました。大変な価値アリもの。

そして、この後のスケジュールは、まだまだ組まれていました。「戒台寺」という中国仏教の最高学府、唐代に創建されすでに1400年近い歴史を持つ大変なお寺。

Myou1お坊さんのウンチクを聞くのかと思ったら、とんでもない!この妙有という和尚さん、スゴイ気さくで笑い話ばっかり。
いろんな中国茶を作っていただきながら、なぜか?言葉のわからない私なのに大変気に入られたようで、夕食の時には大変なお酒をお土産にくださったのです。

Kaidaiji Myouannこれもみんな安先生のおかげ。現在このお寺は文化大革命で壊された貴品をたくさん掘り出して修復中。
同時に、皇帝が座った部屋や、めったにならさない鐘を私のためにたたいてくれました。 (写真左)嬉しいね~(^^)v

夜はこのお寺が経営のホテルで一泊。ちっとも元のホテルに戻らないで、もったいない話だね~。写真右は、泊まったお寺のホテルの一室。ビックリ!趣きたっぷり!
しかし、中は設備がちゃんとしていて、これまた大満足でした。

|

« 北京旅行記ー三日目 | トップページ | 北京旅行記ー五日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/16798945

この記事へのトラックバック一覧です: 北京旅行記ー四日目:

« 北京旅行記ー三日目 | トップページ | 北京旅行記ー五日目 »