« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月18日 (日)

いまどきの結婚式!!!

時代は変わるね~、大変良いことです。
我々の時は、花婿花嫁は黙って座って、食べて飲んで、
皆んなが褒めてくれるのを聞いてりゃ良かったけど…。

全員仲人とか言って、挙式から披露宴まで、全員参加型なんですね~。

今日は甥っ子(兄貴の息子)の結婚式。ではなくて、報告会でした。

親族だけが集められて、DVDを見たんだけど、
半年以上前の結婚手続きから、ビデオを撮って編集してるからスゴイ。

その気で乗らないとそんな前から準備しないでしょ。
最後の披露宴まで、友達がみんなで協力して企画してる。

年寄りが入る幕はないね~。

DVD見ながら飲んで食べての半日。私にはこれが一番。(^_^;)

ところで、自宅の引越しが終わったところで今度は事務所、今月中に赤坂から神田へ。
やることが多すぎて、忙しくて頭パニクってます。

実は、今日はしっかりお酒を飲むため、会社で今朝までに仕事を済ませたのです。(>_<)ゞ
12月になったら落着くだろうな~。

なかなかブログ書いてるヒマがない。
というわけで、本日は単なる日記でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

草月流いけばな・89回展へ

Akane2 先日(11月2日)紹介した「草月いけばな展」、引越しだ何だと忙しく、最終日に行ってきました。

今年も、日本橋高島屋の1階中央に勅使河原茜氏の「竹」をベースにした新作がドーンと!

直通エレベーターで8階展示ホールへ…、

今年は、「80周年を機にたくましく力をつけた全国49支部の作品が一堂に会します。」と、初めての試みだそう。
Akane1 作品それぞれに個性があふれ、ハッとするようなものも多く観れ、発想の自由さが会場を生き生きとさせていました。
私は「生け花」の中でも、この草月流は好きです。

展示場内の茜氏の作品は今年もさすが。美しさと共に、その存在感、迫る力強さ、圧倒されます。

Sadohara 会場内は大混雑でしたが、佐土原波満さんの作品はすぐに見つかりました。
去年とはガラリと変わって、グッと落ち着き払った日本的造形美。なんともカタチが美しい。
これ、いいですよね。リビングに飾りたくなりました。

とにかく、インテリアの一部としてだけでなくあらゆるものに展開できる可能性を持つ草月の生き方。
ああ、今年もすっかり良きものを見せていただきました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

富士山が!見えた!

Fujiyama 昨日の東京は、夜、いきなり雷雨でした。
日曜日なのに、また仕事してたので帰りは最終電車。それまでには止みました。

それが幸か不幸か?

今朝は素晴らしい快晴。
新しく引っ越した、品川のマンション13階。富士山が真っ白な雪をかぶって最高!目覚め快適でした。

デジカメで撮るとすごく小さくなっちゃうふらふら、真ん中にかすかに!見えるかな~?

この数週間、仕事と引越しが重なってクタクタ。でも、疲れを忘れますね~。

Teshu_2 ついでに、以前に書いた「書」を載せましょう。
山岡鉄舟の詩:
「晴れて良し、曇りても良し、富士の山」あっかんべーダッシュ(走り出す様)

今度、深川から品川へ引越し、来年93歳になる私の奥さんの母親と一緒に暮らすことに。

まだピンピンしていて、ご飯も何も作ってくれるから、どっちが面倒見てるかわからない(笑)

やっぱり、母親は老後は娘と一緒に暮らすのがうまく行くと思う。
私も、全然気を使わないので、気分は新鮮。通勤距離も近いし、快適な朝でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

中国の新聞に載りました!!!

Beijin 先日の中国旅行記-4日目のブログに詳しく書いたけど、本日の人民日報海外版に私の「書」が掲載されたそうです。

先ほど一報が入りました。後日、掲載紙を郵送してくれるそうです。

海外の書家の作品は初めて掲載されたそうです。もちろん日本人で初めて。嬉しい!

また、この記事の上は、なんと中国で7代も続いている京劇の名門の譚元寿さんの記事。 日本の歌舞伎は名門がいくつかありますが、 中国京劇界で代々続いているのは、この譚さん一家しかないそうです。

旅行記-3日目には、この譚元寿さんのお孫さんの譚正岩くん(第7代目)と一緒に食事したんですよ。 彼と一緒に写真も撮りました。 譚正岩くん(第7代目)は背が高くって美男子。 彼らは日本の歌舞伎界の方たちとも仲がよく、 玉三郎さんなどもお友達のようです。

後々まで、充実が続いている旅でした。今後とも頑張らなくっちゃ(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

草月・いけばな展「花想い」

Sougetsu 華道家の佐土原波満さんから、今年も招待券をいただきました。
前回(去年の11/12)の様子はこちら

今度で89回展になるんですね~。

三代目家元・勅使河原宏の次女、勅使河原茜さんの巨大な作品がまた日本橋高島屋の1階ど真ん中に展示されることでしょう。

草月流とは、勅使河原蒼風(1900-1979)によって創流された華道、当初から異端児とかユニークとかいわれているけど、私は決してそうは思わない。
日本の生け花文化を現代に生かし、世界に発信したお手本です。

日本の古き伝統を頑なに守りつつも、草花にこだわらず、あらゆる素材をモチーフにし、現代に持ち込んだ素晴らしい芸術。

「書」にも学ぶところ大です。まさに「温故知新」!
ただし、一歩間違えると単なる「奇」をてらっただけのものになりがち。
例えば、前衛書道などはそう思います。

今年も、佐土原波満さんに解説していただきながらしっかり鑑賞してきます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »