« 啐啄一致(そったくいっち) | トップページ | 新橋の「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」 »

2008年1月16日 (水)

生ガキ、5種類。

Shinkawa1 先週下見に行った、私の同級生がやってるお店、日本橋「新川河岸」へ。

河岸というだけあって新鮮な肴が自慢でとっても繁盛しています。50人入る奥座敷もあって満員。
宣伝しちゃいましょう。03-3553-9639

今日は、海外からのお客さん(3人)を私が招待。でも和食が気に入るかな?日本酒飲んでみたいと言ってたけど大丈夫かな?とか正直心配でした。

先ずは、店の方から本日お勧めのお刺身をどんどん持ってきてくれる。
お酒は全国の美味しい酒を一升瓶で次々に。注文した以外の肴もサービスだって。

Shnkawa2 やがて出てきたのが、この生ガキ。下見に行った時は3種類だったけど今日は5種類。
全国の産地からとれた地図を前に、それぞれを説明してくれる(写真の丸印が今日の産地)。とれた海の汐の香りもみんな違うし、味の違いがはっきりわかる。どれも旨い!!!

外国の人は、日本酒は熱燗で飲むものと思っていたらしいのが、美味しいひや酒の味にすっかり感激。刺身も、生ガキも喜んであっという間に平らげ、他にもまだまだ注文していました。(笑)

大満足していただけたので、大成功!

知ってるお店というより、昔ながらの親友だから気安く、「サービスしてくれよ」と言っておいただけあって、お勘定は「本当にこれでいいの?」という値段。私も大満足でした。(^o^)/~~~~~

|

« 啐啄一致(そったくいっち) | トップページ | 新橋の「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/17737392

この記事へのトラックバック一覧です: 生ガキ、5種類。:

« 啐啄一致(そったくいっち) | トップページ | 新橋の「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」 »