« スロービジネス | トップページ | お花見が結婚式見物に(笑) »

2008年3月28日 (金)

作文コンクール表彰式へ

Press「日本人が書いた中国語作文コンクール」の表彰式が、日比谷のプレスセンターで行われました。
このコンテストの内容は、3/16の日記に書いたので省略するとして、「中国人が書いた日本語作文コンクール」と併設されて、これは第三回目だそうです。
支援団体やスポンサーも少しづつ増え、しかも今回の来賓は中国大使館の総領事を始め、日本政府(外務省)、衆議院議員を迎えることができました。この地道なる努力が評価されつつあるのでしょう。Shuhin
※写真左から、衆議院議員(菊田まきこ)、中国大使館総領事(于淑媛)、外務省アジア局調整官

そして感動したのは、学生の部で最優秀賞をGETした新保隆之君(東京外国語大学生)の挨拶。
「いま食品問題で騒がれているけど、自分は自炊できない学生なので、普段食べている食品の多くが中国のものだと知った時、中国のお陰で自分が生きているのだと感謝しました。作ってくれてる人に感謝しなさい、と育ちました。」
…多くの日本人とはまるで逆の意見です。

Vol3若い人たちと大人たちとはこんなに見方が違う。テレビなどマス報道でこれに近いことを言う人が一人でもいるでしょうか?いや、バッシングが怖いのか?それとも本当に中国を毛嫌いしている人たちにとってはあり得ない発想なのでしょうか?

中国語でペラペラと、中国人の司会者も驚いていました。一年間中国に留学したそうだけど、こんなに上手くなるんですかね~。英語でもここまでいかないのでは!?

中国語はさっぱりわからない私としては、ダブル感動でした。(^^)v

|

« スロービジネス | トップページ | お花見が結婚式見物に(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/40672183

この記事へのトラックバック一覧です: 作文コンクール表彰式へ:

« スロービジネス | トップページ | お花見が結婚式見物に(笑) »