« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

台湾屋台の店

Enter今日は中国じゃなくて、台湾のお店。何かスゴイ派手!

お昼前に、表参道の女性社長こと、山崎百合子さんが私の新事務所に来てくれました。

さて、外に出て昼食はどこへ…。

神田らしいお店がいいと言うけど、まだこの辺に詳しくないのでうろうろしてると、この(写真の)お店に入ってみようとなった。ちっとも神田っぽくないけど、事務所から徒歩0分のところにあって夜にでも入ってみたいと思ってた店なので、興味深々。

Inner 中に入ると飾りつけがスゴイ。中国とまた違う、台湾一色?です(笑)

しかし、料理は旨くて安い~!ボリュームもしっかり。
Chukadon私は炭火焼中華丼、おこげがまたウマかったですよ~。

クーラーを入れていながら窓もドアも開けっ放し。この開放感もいいですね~、神田じゃなくてアジア旅行気分でした。

汗かきながら、しっかり食べてお腹一杯。
彼女はヨーロッパ方面ばっかり行ってるけど、中国にも行ってみたいと。

普段この辺では定食や弁当ばっかり食べてる私としても、気分転換の昼食でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

古本市で見つけた本。

午後から雨が止んだので銀座へ買い物。
去年引越しの時、間違って夏服を全部捨てちゃったみたいで…(>_<)ゞ

Booksho_2 夕方になり、ぶらり新橋駅まで歩くと蒸気機関車の前で今日も古本市やってた。
いつもは素通りするのに、今日は何となく見てたらこの本を見つけました。

西川寧著「書というもの」、約40年前の本で定価850円。
出版元の二玄社で1,575円、ただし在庫は無し、アマゾンでは出てこないみたい。
あるとこにはあるんでしょうけど、私は前から欲しかった。

やったね~、「勘の良さ」っていうんでしょうか!(笑)

西川寧先生は書の巨人といわれ、現代書壇に最も影響を与えた人。文学博士でもある。書はとにかく凄いインパクト!しかし、あまりに深いものがあってとても真似などできません。

この本を手にして不思議に思ったのは、著者の略歴などがどこにも書かれていないのです。
発刊されたのが1969年ということは芸術院会員になった歳?、その後1960年に書で初めて文化勲章を取ったというから、その前に出した本。それにしても、明治・大正の大書家・西川春洞の三男だし、経歴などいくらでもあるのに。

著者を紹介していない本なんてあるのかな~?さすが余裕ですかね!?

まあ、どうでもいっか、これからゆっくり読みます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

昨日のつづき→四川省大地震・募金運動

昨日書いたことが、日経新聞の記事に出てたので載せました。
段さんの名前も出てます。
最近急激にメジャーになってきましたよ、まさに!「継続は力なり」ですね~(^o^)/~~~~~

Nikkei0519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

四川省大地震・募金運動

毎週日曜日、西池袋公園でやってる中国語会(漢語角)へは3度目の参加。

Bokin2私は、「書家」の他に「日中交流研究所・研究員」という肩書きをもらったので名刺を作り、ちょっと遅れて会場に着くと、
TV局の取材が入っていて、私を待っていたかのように「お話をしてください」と!
「中国語ぜんぜん出来ないし焦った」(笑)
実は私がここに来た目的は、この会の主宰(段先生)と今後の「日中文化芸術促進会(仮称)」の相談をするためなのに、TVカメラの前で話すことになってしまいました。(中国TVで日本語通じないのにね)

それはそれとして、この会の活動:「四川省大地震募金運動」がなかなか素晴らしいです。段先生のブログに詳しく取り上げられています。

もちろん私も寄付をしましたよ~!(写真)

その中でも、「漢語角参加の70歳女性、半月の年金を四川大地震に寄付!」というニュースはGOOD!
中国の方々にも、きっと感激していただけるでしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

国宝「薬師寺展」へ。

まだまだやってます。東京国立博物館・平成館、遅まきながら観て来ました。

Yakushiji23月29日にお花見に行き
ついでに観よう、と思っていたら上野の駅から大混雑。この日はあきらめたのです。

そして今日はもっと早く行くことにしました。
土曜日だし10時に行けば完璧でしょう。
と、思っていたら…甘い甘い!
既に20分待ちと書いてある!
まあ、20分なら私のガマンの範囲を超えていない。並びましょう!やっぱり「国宝」は目の前で観たいですものね(笑)

並んでいるうちに、行列のうしろがどんどん長くなってくるのです。
2時間待ちなんて日もあったらしいから、今日はこれで"正解"と言うことでしょう。

日本人の文化的関心が高まっていると言うこと。非常に結構です。

Yakushiji1 先ずは順路に従い、「聖観音菩薩立像」を目にすると、なぜか?一瞬、全身がスーッと洗われたような気がしました(気のせいか?)。みんな無言で観賞しています。美しさに見惚れつつ、迫り来る何かを感じているのでしょう。

そして、次のコーナーを曲がると、巨大な「月光、日光菩薩立像」2体が下のフロアに並んでいて、見下ろすカタチで頭から次第に見えてきます。

この見え方がまた不思議な迫力を感じました。見上げるのとはまた違った感動!

そして下に降り、目の前に立ち、見上げると、さらに物凄いものが迫ってくるのです。
さすが国宝!自分が小さく小さく感じました!(笑)

ぐるっと回って全身を見れるし、会場内には効果的に朱色が使われているのもこの展示の演出は悪くないと思います。
国宝の絵画「吉祥天像」や「慈恩大師像」も素晴らしかったけど、巨大な立像にはすっかり心が洗われてしまいました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

イラスト界の巨匠、2人(AD-LIB)展

Adlibイラストレーターの和田誠と安西水丸さんといえば、一般の方でもご存知でしょう。
一枚の紙に二人で即興で書くというこのコラボレーション展は今回で5年(5回目)になるそうです。

画廊は南青山の「SPACE YUI」。私の友人がよく個展をやるし毎週案内状が届きます。
でも、今の事務所に移転届けしてないので、引越し前の赤坂から転送されて届く。そのうち見たいのがあればついでに届けを…と思っていたら、このハガキが。
お二人とも、本当に明るくシンプルな画風。

時代をリードしつつ一世を風靡しただけあって、このコラボがまたGOOD!です。
2~3年前のも見せてもらいましたが、今回のはさらに(シンプルに)洗練されたというのが、私の印象。

絵の上手さはもちろんながら、見ていて明るく楽しいですよね~。

和田さんは広告制作会社「ライトパブリシティ」、私は「日本デザインセンター」出身。
ライトの方がセンス良くて好きだった。(笑)
余談はともかく、年齢が今年で72歳?!安西さんも今年で66歳ですか!!

絵も若い!ついそんな見方もしてしまいました~。(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

「新・宏池会」発足パーティへ

Speach1 午後お得意の社長から電話で、「今日時間とれない?」
「大丈夫ですが、何でしょう?」

「宏池会」のパーティに都合悪い人が出て、券が一枚ムダになっちゃうから付き合えないか?と言うことでした。
政治家の(資金)パーティって行ったことないので、私はすぐにOK!(笑)
確かに一枚2万円もするし良くぞ誘ってくれたという感じ。好奇心の固まりでした。(^^;ゞ

Koga 分裂していた「宏池会」が合流して、先ずは新会長の古賀さんから挨拶。
面白かったのは伊吹幹事長はじめ他派閥のTOPなどの祝辞、こんな場所で堂々とイヤミを言うんですね~。(政治家はたいしたもんです!?)

Party 我々は早く着いたので料理の近くでゆったりと聞いていられたけど、その後続々と混み始め廊下まであふれているという。なんと2千人以上集まったらしい。

この赤坂プリンス(現・グランドプリンスホテル赤坂)での立食パーティって、以前「産経国際書会」の受賞パーティ以来。あの時は、おばさんたちが物凄くて!料理を取ってくるどころでなかった。
今日はそんな人いないから焦らずマイペース。飲んで食べての2時間でした。(笑)

ニュースでも取り上げていたので転載します。(写真は私が撮影)

Speach2_3 日経ネットより-----------------------------
新古賀派、正式に始動・61人、党内第3の勢力
 自民党の古賀、谷垣両派が13日、都内で政治資金パーティーを開き、新「宏池会」(古賀誠会長)として正式に合流した。新しい古賀派は61人となり、町村派、津島派に続く規模。新派閥の会長に古賀氏、ナンバー2の代表世話人には谷垣禎一政調会長が就いた。
 2000年秋の「加藤の乱」で実質的な分裂状態に陥った両派は、党内の発言力を高めるために再結集した。
 古賀氏は「時が来れば、宏池会を主軸とした政権を誕生させるために同志一同結束して手を携えていく」と語り、宮沢喜一氏以来となる宏池会からの首相誕生に意欲を見せた。谷垣氏は「今危機にひんしている自民党政権を支え、福田政権を支えていきたい」と述べた。(13日 22:15)
--------------------------------------------

以上。
これについて感想言ってもしらけるので、私としてはノーコメントです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

銀座クラブ「翔」-5周年

5th2 このブログを始めて間もないころ、銀座クラブ「翔」3周年をお祝いしたけど、あれからもう二年経った、先月で5周年だったのです。

先月のそのパーティの時、私は飲みすぎでバチが当たったのか?歯が痛くて飲めない状態。行けませんでした。

今日、勝手に5周年祝いをしてあげちゃいました。
店には、お祝いの大きな胡蝶蘭などがまだ華やかに残ってるからちょうど良い。(笑)
さっそくシャンパンで乾杯!

3周年の時、三年よく頑張ったと褒めてからもう五年経ったんですね。
そういえば、前にこのお店の宣伝したけど残念ながらキャバクラと違って一見(いちげん)客は入れません。
それでいて、この銀座の厳しい世界の中で5年も!立派なもんですよね~。

やっぱり真面目にちゃんとやってる店は、客としても本当にホッとできます。
お祝いしたこちらまでも嬉しい一夜でした~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

DELLのパソコン

DellDELLのPCを使っている人はメールが来たでしょうけど、このスペックで5万円を切ってる!

DELLは早い時期から、受注~製造ライン~デリバリーまで在庫を置かない画期的なITシステムで話題になったけど、今やPC単体の超・低価格競争はどうなんでしょう?
PCから撤退する企業が出てる割には、独り勝ちでもない。
現在、新戦略を計画中かも?

気がついたのは、広告商品はWindowsXPモデルで、Vistaはオプションになっている。
Vistaは初心者には良いのでしょうが、まだ安定していなくて悪評ばかり聞きますね~。
私も、義兄の富士通ノートPC(Vista)を使って見ると、セキュリティを重視した分、それが逆にウザイ。他機器との互換や市販ソフトとの対応が悪いなど。

本来ブランドニューには目が無い私だけど、ニューバージョンには過去にヒドイ目にあってるし…慎重です。(笑)

それはそれとして、DELLは余計なソフトが組み込まれていないから良いと思いつつ、オプションを拾っていくとあっという間に10万円以上になってしまう。それと、プリンターのインクは市販しないので高いまま買わねばならないからランニングコストがかかる。

パソコン満足度調査ランキングではやはり落ちる。でも品質も言われるほど悪くないし価格相応ってとこかな?弊社にはPC6台のうちDELLが2台、サブで使っています。
尤も、安くないと買えなかったかも?ですが…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

胡錦濤主席歓迎レセプション

Kaijyo先日、日中民間友好に尽力されている段躍中さんを紹介しましたが、
今日の胡錦濤主席歓迎レセプションに参加されたそうで、ご本人のブログに、生の様子が詳しく書かれています。

段さんは中国のTOPはもちろん、日本の総理はじめ与党、野党に限らず、主だった方々とも熱心に交流されています。
胡主席のスケジュールに負けずとも劣らぬ!分刻みの忙しさ。(笑)

段さんは事業家というより、心から日中友好を願ってボランティア活動もされています。
先日はお忙しい中、ホームページ制作依頼の件で、私の事務所にいらしてくださいましたが、お知り合いになれて、こちらこそ勉強になることばかりです。

これからも応援します。頑張ってください!

PS.ところで胡錦濤さん、メチャメチャお若い!
  見た目といい、TVで観た卓球といい、今年で65歳ですか~!?
ホント、こちらも頑張らねば!いくつになってもヨボヨボしてられませんね~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

梁祝(りゃんちゅう)ツアー、断念。

Nhkad 4/25に書いたので省略しますが、

渡辺明次先生企画の「中国ツアー」が最少催行人員(15名)に達せず、やむなく中止となりました。
(写真は、NHK漢詩のテキスト4月号に掲載された広告)
残念ですが、渡辺先生のパワーはまだまだ、こんなことでへこたれません。(笑)

旅の先々で自ら講演しながらも自分の旅費は自分持ちのつもりだったそう。
つまり、このツアーでは利益を考えていないので、ガッカリ度も違うところにあります。
決して偉ぶらず謙虚な素晴らしい方ですが、難しいもんですね~。

主催の二十一世紀旅行社の社長さんも、このツアーは中味が良いので是非催行したかったそうですが、先日の講演会の評判がとても良く、逆にお礼を伝えてきました。

私も毎年5月は仕事でムリ。しかし、是非行ってみたかった訪問地です。

というのは、渡辺先生の研究によると、この愛情伝説の舞台は上海の南で会稽地区、「書芸術」のメッカとも言うべきところで時代も全く同じなのです(4世紀)。
一年前に渡辺先生からお土産をいただいたのですが、時の総理大臣「謝安」や右軍将軍「書聖・王羲之」の名前も出てくるのでビックリ!

とにかく残念ですが、まだ先があります。これに懲りず前向きに行きましょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

日中友好のしんぶん。

胡錦濤主席を迎え、羽田空港からはかなり遠い自宅前の道路まで朝から警備が!

Newspaper ところで先週送られてきたけど、こんな新聞があるんですね。住所を見ると私の新・事務所の隣町(神田錦町)でした。

一年くらい前から、私には何の目論見もなく中国(人)との交流が深まり、このブログに書くことが増え、胡錦濤主席の「日中青少年友好交流年」の様子も先々月書きました

政治的な話は避けるとして、日中間の距離を縮めるには感情論が絡むので、我々大人にはとても難しい事のよう。

私自身も、戦後教育か?育った環境でか?今でも大きくは変わっていません。
しかし、お付き合いするようになった中国の方々は、自国の悪いところをちゃんと認めて話すのです。と言うことは日本人が固持しすぎかもしれないな~。

そこで、胡主席が青少年に向け友好交流を図るのはとっても良いと思います。中国の教育は今でもヒドいし日本もヒドい。知識人ほど頑固でマスコミはそれを煽ってる。
ブッシュ大統領の「インドが発展すると食物が高騰する」は猛反発うけてるけど、中国も同じ、卑下しているとろくなこと起きないよ、地球温暖化の心配よりずっと早く来る。

ところが、先日の日記に書いたとおり今の青少年たちの見方は違う。我々のような偏見で育っていないのでしょう。穿った見方をすれば中国の話など無くして育ったのか?

実は昨日、平成生まれから天才肌が続出するような気がしてか?そんな夢を見た。
混沌としたニッポンの未来、排他的になってはならない。そんな期待をしてるからかな~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

おしりかじり虫???

イベント用デジタルゲームを作り一緒に仕事をしている坂本さんが「『おしりかじり虫』の原作者に会ってきた」という。「なにそれ!?」って聞くと、「検索してください」の一言。

あー、わかりました!NHKの人気キャラなんですね~。これ、小さいお子さんでもいないと知らないよ。…あ、私にも孫がいたっけ!でも、まだ小さすぎるし?(笑)

そして彼からメールが来ました。
連休中5/3~5/6の4日間、昨年と同様NHKでイベントを開催しています。
今回は
「おしりかじり虫と踊ろう!」というシステムを開発しました。
踊りに反応して画面のキャラが変化します。
プリント、ケータイ待ち受け、ケータイ動画が生成されます。
ポケモンシステムを更に進化させた仕様です。

Wayいつ行こうかな~?天気が悪い日のほうが空いてるかも?と聞いているし…。それが何と、初日の今日、朝から雨!午後に少しやんできたので早速行ってきました。

私にとってこれは、単なる遊びではなく半分仕事。去年の秋から、日立のイベントでこのシステムを使ったオリジナルゲームを運用させて頂いているのです。

まあ、今日は取材みたいなものですが…。

この「おしりかじり虫と踊ろう」は、彼からのメールの通り、ゲームではなくキャラと一緒に踊る遊び、楽しい楽しい。

Startそして、終わるともらえるQRコードを携帯で撮ると、踊っている画面の静止画だけでなく動画も呼び出せるのです。

NHKの社員用喫茶に連れて行ってもらい、今回のシステムのロジックや今後の開発のヒントになるモジュールについても説明を聞きました。

今日は、ゴールデンウィーク中も仕事?なのでした。(^^)v

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

MySpace「マイスペース」の会員、2億人突破!

おととしの7月から私も入会している、世界最大のSNS「MySpace」。
2007年9/9の時点で、会員数2億人(200,282,608人)だというからスゴイ。

日本最大のSNS(mixi)も急増で、今年1千3百万人を突破したそうだけど、こっちは桁が違う、20倍近い。私が会員になった2年前は1億人!と、驚いたけどもうその2倍です。

何度もこのブログに書いたけど、頻繁にアクセスがあるのでいろんな事が起きてます。

ここでの私は「日本の書道家」、顔写真の代わりに「愛」と書いた文字や、こんな動画も貼っている。(黒い画面になってしまったら右上の×をクリックしてください)

だから目立つのでしょうか?!私のページを見て、ミュージシャンや画家、若いファッションデザイナーなどが友達(friends)になって欲しいとメールがきます。

去年暮れには、オーストリー(ウィーン)から書の仕事の注文がきてしまった(笑)

日本に何十年も住んでいたという英国人や琴の奏者など、日本人顔負けの"通"からもFriendリクエストがきます。みんな「書」に興味を持ち、大変感動してくれています。

ニューヨークに住む54歳のMartinさんも、仕事で訪日した時、京都・大徳寺で覚えた「禅」を学んでいると言う。つい先日、その彼が「漢字と意味」をいろいろ聞いて来た。

こんな風に聞いて来ました。
Makoto-san,
I know only a little Japanese, but I think your name means 'sincerity' - so already I trust you!
I cannot read the kanji you have as your picture. What does it mean?
And may I ask you, does 'mu-shin' create the kanji?
martinMushin2

面倒くさいからKanji_3活字で画像を送ると同時に、サービスで「無心」を書いてあげちゃいました。
草書で書いたので、またワケがわからなくなっちゃうかしら…(笑)

そして今日、先ほど!こんどはオーストラリアの絵本作家?の方から「絵と書」のコラボレーションしませんか?って、メールが届いたばかり。

まぁ、このゴールデンウィーク、世界を相手にバリバリやりますか~!(笑)
しかし、日本語版も出来たと言え相手は全て外人、全部英語でやり取りしてるんだから、私には大変な事なのです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ひょんな発見。

私が出た高校、なぜか?卒業生は母校への想いが濃い。皆んな良い大学に進んでいても、同窓会など昔からしょっちゅうやる。先生が良かったのか?つい2ヶ月前も…

Kaihou 昨日は、創立70周年記念の式典と祝賀会案内の会報が届いた。
へー、70年も経つんだ!と思いつつ中ページに目を通していると、一昨年の10/7のブログ「二つのパーティ案内状」に書いた疑問が解けたのです。

以前私も評議員として参画させていただいていた「産経国際書会」の最高顧問、国井誠海先生と、衆議院議員の深谷隆司さんとの関係が「繋がった」のです。

知らなかったのは私だけかも?(笑)

何のことは無い、書道の教師と生徒の関係だったのです。国井誠海先生は現在91歳、昭和23年から10年間教えたというから、私が生まれて10歳で辞めたことになる。

日本の"書の巨匠"が、私の母校で教えていたなんて、いい発見でした~。

Kuniiseikai右の作品は去年、上野・都美術館で観てきた「呑」。写真写りが悪いけど、頭が下がります。

会報に先生の一言が載ってます。
「江北生の皆さん、異彩70年の私のように、生涯打ち込める道を見出してください」

はい!私も頑張ります。祝賀会だけ行って来ようかな~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »