« 北京行き決定。 | トップページ | 西洋の書道? »

2008年6月 3日 (火)

地球は温暖化どころか、寒冷化する。

昨日の日経朝刊にこんな記事が出たので、ちょっと元気づいたので書きました。(笑)

『日本地球惑星科学連合大会で、温暖化の「異説」相次ぐ。「地球は近く寒冷化する可能性がある」「温暖化は二酸化炭素(CO2)の増加ではなく自然変動で説明できる」』
ですって!
これについては、4月22日のブログに書いたから省略するとして、私がしつこく(一人で?)問題にしているのは、温暖化をネタにしたビジネスが(ファンドまでも)世界中で大きく動いていること、しかも企業には、商品にCO2の排出量表示を義務付け、なんてところまで進んじゃいました。

福田総理も7月の洞爺湖サミットを前に、地球温暖化防止への日本の取組みを顕示し頑張っていますが、それより食糧問題の方が切羽詰ってるんでは?
発展途上国が豊かになれば食料が足りなくなる。以前からデータが出てるけど、もう、現実になってるし、これこそ、人類(先進国)がいま真剣に考えなきゃいけない問題では!?日本こそ率先してその解決策を提示し、世界をリードしてほしいです。

先日のブログにも書いたとおり、「地球に優しい商品」なんてキャッチフレーズもダメ。
人間が出す二酸化炭素ごときが原因で地球が温暖化するとはとても考えられません。

驚いたのは、つい先日まで同様に語っていた伊藤忠商事の丹羽会長、最近のコラムではトーンダウンしてるのは私の気のせいか?!どこからか注意されたのか?社会的に責任ある方は従わざるを得ないのかな?

まあ、何が本当に大事か?一市民として冷静に見守って行きたいと思いました。(^_^;)

以下、日経朝刊(2008.6.2)記事より------------
日本地球惑星大会、温暖化の「異説」相次ぐ。
「地球は近く寒冷化する可能性がある」「温暖化は二酸化炭素(CO2)の増加ではなく自然変動で説明できる」――。
このほど千葉市で開いた日本地球惑星科学連合大会で、地球温暖化の科学や対策のあり方が討論され、学会で従来あまり語られなかった「異説」が次々に披露された。
 「地球温暖化問題の真相」の名で3日にわたって開いたセッションでは、地球科学の第一線の研究者らが口頭発表。
 丸山茂徳東京工業大学教授は、宇宙から地球に降り注ぐ放射線の増減に連動して雲の量が変わる仕組みを紹介。放射線の進入を妨げている地球の磁場や太陽風が今後弱まるとみられるため、雲の量が増えて気温が下がり、「2035年に最も寒くなる」と予想した。
 赤祖父俊一・米アラスカ大学名誉教授は、「近年の気温上昇の傾向は1800年以前までさかのぼることができ、大半は自然の変動とみなせる」と指摘した。
 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が依拠する温暖化のCO2主因説とは異なる見解も多く、IPCCを支持する研究者から強い反論が出た。温暖化の原因や気候予測を巡る科学者の論争は米国などで活発だが、日本でも同じ構図が出てきた。
 丸山教授は「温暖化と寒冷化のどちらが正しいか、今後5-10年で決着が付く」と言い、「将来への備えとしては温暖化より困難が大きい寒冷化シナリオを視野に入れるべきだ」と訴えた。

|

« 北京行き決定。 | トップページ | 西洋の書道? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/41425472

この記事へのトラックバック一覧です: 地球は温暖化どころか、寒冷化する。:

« 北京行き決定。 | トップページ | 西洋の書道? »