« 感激の、誕生日祝い。 | トップページ | 居酒屋事務所。 »

2008年6月29日 (日)

書道博物館

11:00に上野駅公園口で待ち合わせ、今日のメンバーは産経国際書会の評議員と審査会員。
Entrance 私は2年前に産経国際書会を退会したのだけど、この3名が一緒に会うのは久々。
年齢差がスゴイ、38歳、60歳、82歳とちょうど22歳離れなのです(笑)

先ずは、鶯谷駅徒歩5-6分にある「書道博物館」へ。私は初めてなので驚いたのは何と!ラブホテル街のど真ん中にあるのです!!!

Shikian_3 そして、目の前の家は正岡子規の旧居で「子規庵」。(写真左)ヘンなもんですね~(@_@;)

しかし、こんな場所にありながら中に展示されているものはスゴイ、これにはまたまた驚き!

Garden 書道博物館は、洋画家であり書家でもあった中村不折(なかむらふせつ)(慶応2年~昭和18年)により、昭和11年に開館されました。
ということですが、中庭に通じる記念館の方には、狭い部屋に2000年近く前の中国の石碑などがごろごろ並んでるんです!こんなにたくさんの貴品を中国から持って来ちゃったんですね~。
素晴らしいものばかり!これは興味深々でした。

Postcards 今日の企画展は(中村不折コレクション)清朝碑学派の足跡―鄧石如から呉昌碩まで―
作品と一緒に参考資料などが並べてあり、展示の仕方に学術的配慮があってとてもユニーク。
書がわからない人にも大変勉強になります。

後は、銀座の画廊をまわり定番のライオンビヤホールへ。
皆んなお酒がスゴイ強いんですよ~!
午後2時過ぎから8時まで、歳の差関係なく話題が尽きないのもスゴイでしょ!(笑)

82歳のおばあちゃま先生、体調良かったようですがお酒はそこそこに致しましょう。(^^;ゞ

|

« 感激の、誕生日祝い。 | トップページ | 居酒屋事務所。 »

コメント

当日はお疲れ様でした。
書道博物館はいいでしょう!!。いつもは中村不折の大作作品がかかっているところに、今回は広開土王碑がかかっていてびっくりしました。
庭の先の常設展示はいつも後半集中力が切れてしまいます。

またいろいろ話を聞かせてください。

投稿: たいせい | 2008年7月 6日 (日) 16:36

たいせいさん、
ホント、お疲れ様でした(笑)
いろいろありがとうです。
そうですね、近日中にまた連絡します。

投稿: 塚越 誠 | 2008年7月 6日 (日) 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/41693864

この記事へのトラックバック一覧です: 書道博物館:

« 感激の、誕生日祝い。 | トップページ | 居酒屋事務所。 »