« 江戸東京博物館へ | トップページ | とうふ屋うかい(芝店)で。 »

2008年7月25日 (金)

「茶道杯」という急須。

一年以上前から何人もの方に中国のお茶をいただいていて沢山あるので、この頃は事務所で出すのは中国茶。日本のお茶は缶に入ったまま。

Teaset先月北京に行った時も、高級茶を買って頂いちゃったし、10年は持つかな〜(冗談・笑)
「鉄観音」と「普洱茶(プアール茶)」を買って頂いたのだけど、そのお店には珍しいものが沢山あって、こんな急須を見つけた(写真)のでこれも一緒に、と甘えてしまいました。(笑)
急須っぽくなくていいでしょ。

毎日使ってます。

最初、使い方がなかなかわからなくて説明書の絵を見てわかった。
Teahow_4 容器にお茶を入れて熱湯を注いで少し置き、上にある変な棒を押すと下に落ちてくるんです。ちょうど1杯分でなかなか良い。

ところで中国のお茶は、100℃のお湯で注ぎ、その前に一回洗うんですよ。
(お茶のこと無知なので、こんなの当たり前だったらスミマセン)
箱には弾圧式小工夫「茶道杯」って書いてある、実用新案ってとこ?

日本のお茶と違って、種類がいろいろだから味も香りも全然違う、美味しくて楽しいですよ。最近は毎日スゴイ量を飲んでます!何か肌や身体に良いのが感じるよう。

今や、すっかり中国茶オタク?です?(^Q^)/^

|

« 江戸東京博物館へ | トップページ | とうふ屋うかい(芝店)で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/41968111

この記事へのトラックバック一覧です: 「茶道杯」という急須。:

« 江戸東京博物館へ | トップページ | とうふ屋うかい(芝店)で。 »