« 現代書の巨匠のアトリエへ。 | トップページ | 江戸東京博物館へ »

2008年7月21日 (月)

戯曲「梁祝」舞台公演に向けて

Torii_2 16:30鎌倉駅着!最近全然来ないな~。
この鳥居も懐かしい!何十年ぶりだろう?
たまには遠出もいいもんですね~。

「梁祝(梁山伯と祝英台)」愛情物語は日本でもだいぶ知られてきました。一年前は検索してもそこそこだったのが、今やスゴイものです。

この物語を舞台公演したいので顧問としてアドバイスをいただけないか?と、渡辺明次先生にお呼びがかかり、我ら「梁祝文化研究所」としては総動員で出向きました。(笑)

Sho_5 代表の古野浩昭氏によると、先ずは鎌倉で実現させた後に、日本各地を訪ねる「梁祝ロングマーチ」を開始。将来的には中国各地での公演も…と、夢見る団塊世代のリーダー。台本:全七幕(全15場)がしっかり出来上がっていました。

次々にスタッフを紹介され、劇団「鎌倉こまち」の代表方々は今日のパーティのためにチャイナドレスを買われたそう。美しいです、会場がパーっと明るく。

脚本家でもある古野浩昭氏(写真左上端)、先ずはこのテーマ音楽に惹かれたそうです。去年のフィギュア世界大会の中国競技のBGMにも使われ、来月の北京オリンピックでも何かの競技に流れると思いますよ。素敵な曲です。Member_4
「中国から多くの文化を受け入れた日本ですが、日本人は中国人が最も愛する(この)ラブストーリーを未だ知らないでいるのです」と語ります。

目先の利益よりも、人のためになることをやる、やりたいことをやる。実行する。
こういう方には私としても元気が出ます、昨日の日曜日に「戯曲・梁祝」を書いて贈呈しました。(上の写真)
さっそく壁に貼っていただき記念写真。

食べきれないほどの手作りお料理、そして我ら酒豪3名?が飲みきれないほどのお酒。たいへんご馳走様でした。m(__)m

|

« 現代書の巨匠のアトリエへ。 | トップページ | 江戸東京博物館へ »

コメント

素晴らしいレポート、読ませていただきました。早速、「梁祝」鎌倉組の仲間に、このページを紹介しました。暑い中、遠いところ、本当にありがとうございました。これで屋台骨が、がっしりと組まれたようで、勇気百倍です。今後とも、何かとお知恵をお借りなければなりません。よろしくお願いします。(古野)

投稿: 塚越先生 | 2008年7月24日 (木) 12:56

古野様
こちらこそ大変お世話になりました。
今後のご活躍楽しみにしております。
「日中文化交流の会」としても応援させていただこうと思っておりますので、
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 塚越 誠 | 2008年7月24日 (木) 14:19

中国民話劇「梁祝」公演実行委員会、古野浩昭さん、イランカラプテ!
日本で初めて中国版ロミオとジュリエット「梁祝(リャンチュウ)」の舞台公演が行われることを知りました。「梁祝(梁山伯と祝英台)」は、中国人なら誰でも知っている中国四大民間伝説のひとつですね。
北海道のオホーツクブルー、海と空から、熱い声援をおくります。日本公演の盛会と成功を祈ります。

「梁祝文化研究所」
夢酔独言の塚越誠さん、お久しぶりです。
本日、段躍中さん(日本僑報社・日中交流研究所)から、
紹興日記ー胡蝶の夢、戯曲「梁祝」公演へ 
古野浩昭(ふるの ひろあき)著の案内メールが届きました。これから楽しみですね。みんなで応援できたらいいね。

みなさん 健康留意、がんばれ。
北海道網走郡美幌町 加藤雅夫 masaokato.jp

投稿: 美幌音楽人 加藤雅夫 | 2008年10月20日 (月) 18:39

加藤雅夫様
こんにちわ。
コメントありがとうございます。
私も近場から"熱い声援"を送っております(笑)
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 塚越 誠 | 2008年10月20日 (月) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/41934151

この記事へのトラックバック一覧です: 戯曲「梁祝」舞台公演に向けて:

« 現代書の巨匠のアトリエへ。 | トップページ | 江戸東京博物館へ »