« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

神田古本市で、ハプニング。(>_<)ゞ

今週から始まった本場『神田古本まつり』、昭和35年から49回目なんですね~!

Bookfest 神保町は隣町みたいなもんです、歩いて行けるからお昼ごはんを食べながら散歩気分でぶらりと。

そういえばJR新橋駅前の古本市では続けざま良い本が手に入ったので、古本づいちゃったみたいです。(笑)

私の場合、古本市は安いから行くというより、こんな良い本があったのか!を見つけるのが楽しみなのです。

Garageところが!、です。
そんな気分でいろんな店先を覗いているうちに大事なことを忘れていたのです。
実は私、小児喘息!アレルギー体質!湿気とホコリに弱い!

青空天井なら問題ないのですっかり忘れてた、「ガレージセール」とか言う狭い壁に挟まれたところ(上の写真↑)に入ると、突然発作が…!(始まりそうに!)

Alleyこうなったら、もう恐ろしいので急いで路地に逃げ込み深呼吸。
10分ほど休むと落ち着いてきた、良かった~。
20年前に体質改善して以来、医者にも常備薬にもお世話になってないので本当に焦りましたー。
(発作が始まったら3日くらい入院ですから…)

やっぱりホコりはダメなんだ~(>_<)ヽ

ところで、裏通りにはこんなレトロなお店が並ぶ路地がいくつもあるんですね~。

今日は予期せぬ事態!本を買うどころでは無い。(さすがにタバコは控えました)(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

文化功労賞・受賞者に感動。

文化勲章受章者が発表されノーベル賞の方々はともかく、今日の日経夕刊で詳しく読むと、文化功労賞を受賞された俳句の金子兜太さん(89歳)には感動しました。

55歳で日銀を辞めて本格的に俳句の道へ…。それ自体素晴らしいけどそれよりも切実だったのは、
俳句の世界では、風物を詠むのが常識(決まり?)の中で、人間を描くことに徹し、異端者扱いされ、非難を浴びながらも貫き通し、認められた。ということ。

大きな書の団体から飛び出して自分の書?に取り組んでいる私なんぞにも大きな励みになりました。

尤も、2005年には日本芸術院会員になってるそうだし…、レベルが違う!(笑)

でも、まあ、夢を持つのはいいことでしょう。
私は私なりにせっせと頑張りま~す。(>_<)ヽ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

「レッドクリフ」の曹操さんと。

昔からお世話になってる飯島志欣さんから送られてきた一枚の写真。(左がご本人)
11月1日から全国ロードショーの「レッドクリフ」、曹操との2ショットではないですか!

Iijima> たまたま、19日の日曜日にお台場の日航ホテルにて国際東京映画祭の中国週間のレセプションにて曹操役の著名な俳優である張豊毅と懇談、
> ツーショットを撮りました。ご照覧あれ。
> また、昨日は赤壁の共同プロデューサーの王氏(永年の知人)と会食をし…(以下略)

スゴイですね~、私もたまたま10/7に試写会で観たので驚きでした。映画の前評判、とてもいいですよ~。

この曹操役の張豊毅(チャン・フォンイー)さんと中国映画週間レセプションで懇談、今度、北京で一杯やろうって話したそうです。いいな~(笑)

さすがに顔が広い、ちゃんと?中国語で話したんでしょうね~。
飯島志欣さんは、2年半前にこのブログで「63歳の北京外国語大学生」として紹介しましたが、間もなく65歳と9ヶ月、未だに現役で仕事をバリバリやってます。

通称…?、ジャパニーズ・ショーン・コネリー!?似てるでしょ~(笑)
ご本人、満更でない様子?…確か巷のスナックのボトルにS.コネリーって書いてあったような…m(__)m (^Q^)/^ m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

昼はベルギー料理!

今日のランチは「シャン ドゥ ソレイユ」でIPRの山崎社長と打ち合わせ。
たまにはベルギー料理なんてのもいいでしょ、なんて…(笑)

Moule私の会社(神田)から徒歩数分のところ、彼女はヨーロッパ通でベルギー料理の店をネットで探したらこの店だったそう。神田って街は意外と意外な店が(似合わず?)結構あるんですよね。(…失礼!)

本当のこと言うと、ベルギー料理って知らないのでいろいろ教えてもらいました。(^^;ゞ

ベルギーったらビールだって、えぇっ、白ビール??じゃ私はそれ!
そして、アムール貝を食べなきゃ~、ということでこれ。(写真↑)
本当はバケツ?に入れて来てほしかったらしい。

Champdesoleil白ビールがおいしい、(白ワインも?)とっても合いますね~。
スープにフランスパンを浸して食べる、これまた旨い!
私も白ワインを追加しようと思いつつ、このあと仕事にならないからヤメました。

これからまだパスタランチが来るんだけど…、
その前にお腹が少し張ってきた。
このランチ、ボリュームがしっかりある!でもおいしい、おいしい、キレイに食べちゃいました。(笑)
私の場合、夜はお酒が中心になってしまうので、今日のお昼はこんな料理を味わえて、しかもお腹いっぱい!なかなかGoodなランチでした。(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月23日 (木)

一般消費者が見た北京レポート<第6弾>

Mimikiji もうお馴染みになってますが、在中・日本人女性emiさんが8月から北京レポートを書いてくれて、早くも6回目です。

今日サイトアップされたらしいけど、視聴者を意識して取りつくろった日本のマスコミのレポートとはワケが違う!悪いところも良い事も平等に書いてる。文章も上手いですね~。

このサイトのオーナー山崎百合子社長から、たった今メールが来てすごい評判らしいですよ~。
彼女の会社のお客さんも毎回楽しみにしてるらしくて、emiさんて誰?(どんな方?)って、聞かれるらしい。

そこがまた謎で、いいですね~(笑)

今回は、新しく開通した超高速列車に乗った話。↓
https://www.w-mimi.com/guest/nicchu/006.php
これがまた臨場感あふれてて楽しい、楽しい、素晴らしい!!!

初めての人は、バックナンバーで最初から見ると、今の(生の!)中国がよ~くわかりますよ。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

草月・いけばな展『花笑み』

今年も草月・いけばな展が日本橋高島屋で開催(11/6-11)。
去年の副題が「花想い」、今年は『花笑み』ですか。

Ticket 午前中、出品作家の佐土原波満さんにお会いし招待券をいただきました。
90回展ですって!
展覧会を毎年やるって大事なことです。
拝観するほうも同じ作家の新作が楽しみと同時にその方の傾向が大変ためになります。

もちろん四代目家元・勅使河原茜さんの大作がまた楽しみ。
実は私が草月流を好きになったのは、私の「書」にも学ぶところがあるのです。

いつ行こうかな?9日の日曜日がいいかな~?
まあ、近いから今年も楽しんで鑑賞して(学んで)きま~す。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

中国茶講座2日目。

2週間前(10/7)に「遊茶房」という中国茶文化講座に行ってきましたが、今日は2回目。
最初は冷やかし半分?の見学だったのに、また行きたくなってしまったのです!(笑)

お茶をただ飲むのではなく中国茶の講義を聴いてから味わうのでとても興味深い。

0810211<今日はお茶の種類(形)のお話し>
なにしろ4,000種あると言うからビックリ!
緑茶、ウーロン茶(鉄観音)、プーアル茶、それぞれ産地の風土や人との関わりの歴史を聞いた上でいただくので、味わいが倍増します。
『お茶の香りは産地を想い出す』それがお茶の楽しみ。ですって、いいですね!

高価なお茶と安い茶の格差はスゴイらしい、私が持ってるのは全部もらい物だから値段は知らないけど高級茶が殆んど。だからデタラメな飲み方をしてちゃもったいない。

Title 講座が終わると、参加者のお一人が前回の模様をテーマに秋の季語を入れて俳句を詠まれました。
とても素晴らしいので、次回、色紙に書いて差し上げたいと言っちゃいました。
後で聞いたら俳句の先生だとのこと、やっぱりね~

私は頼まれていたこの会の名『遊茶房』を書いて来ました。(写真:幅68cm)
やっぱりこういう会に参加されてる方々との交流は文化の香りがあふれ出ますね(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

本が売れる理由。

一昨日の日経夕刊の連載コラム「あすへの話題」のタイトル名です。

Fukuokabook 本の名は『生物と無生物のあいだ』。
実はこの本、去年の8月にアマゾンで買って読みました
こういう本や、時間とか宇宙とかは好きなので、難しくてもすぐ買って読んじゃいます。(笑)

著者は福岡伸一さん、分子生物学者。スゴク売れてるらしい。
面白いのは著者ご本人が、この売れ行きにビックリ!「なぜなんだろう?一体何が起こったのか!」、今まで書いた本の部数を全て足して10倍しても届かないほどの読者を得たそうです。

やはりネットの力らしい。
アルファ・ブロガーと呼ばれる目利き書評家ブロガーの存在。そして、彼らも同時にアフィリエイトで報酬を得ている。
と言うことを知り、感謝しつつ、世の中には知恵者がいるもんだと感心していました。
ただし、ただし、その報酬があまりに小額なので、ご本人またまたビックリ。(笑)

アフィリエイトといえば、私もGooに頼まれて右のサイドバーに貼ってたけど、これで稼ごうとする人は、そうとう一生懸命やってるらしい。私は自分のブログがバナーだらけになってイヤだし頑張る気がないのでやめちゃいました。
GoogleのAdSenseは、自分の記事と関連した広告を見つけてくれるし、文字だけでまだましだけど、メチャクチャ貼ってる人(企業)のサイトはどこが記事なのかワケわからない。

結局はネット広告の話になってしまいましたが…、
次の本を出したらしい、「できそこないの男たち」ですって。面白そう!
あっ、つい私も本の宣伝しちゃいました~(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月17日 (金)

ジャンボハンバーグって?!

昨日早起きしたからか?いいことありました。(笑)
夕方5時ころになると仕事やる気なくなってボーッとしてたら、携帯に電話が!

『仕事早く終わっちゃったので、これから会えませんか?』と、
グッドタイミングではないですか!即答しました。
『僕も早く終わっちゃったから、OK!OK!』

で、新橋で会うことになり、以前ジャンボハンバーグの店の話をしたら『私も食べたい』と言ってたのを思い出し、徒歩5分の居酒屋『タオ』へ。

この店は、一昨年まで日立のお客様たちとしょっちゅう飲みに行ってたお店。
私の顔を見てお店の方が2~3人『お久しぶりですね~、皆さんどうしてらっしゃるのですか?』
そうなんです、その時の部長は定年退職で仙台の方に引っ越したし、他の人も新橋から神田に(私も)移ってしまったのです。

Jumbo すると彼女が『ジャンボハンバーグなんてメニューにないよ?ジャンボメンチカツならあるけど…?』
スミマセン、そうでした。ハンバーグじゃなかった。(>_<)ゞ

言い訳ではないけど、私は今まで大きさに圧倒されてちょっとつまむくらい。酒の勢いでちゃんと味わってなかったのか。

それにしてもこのジャンボメンチカツ、でっかいでしょ~!!!
でもやっぱりハンバーグみたい…。

4分の1ほど取ってくれたので食べた。うまいですよ~。2人で半分以上残しちゃったけど…。
お腹一杯になって時間がまだ早いのでカラオケボックスに行くことに、久々です。
以前教えてもらった、堺正章の新曲「時の忘れ物」、まだ最初のとこしか覚えてないので特訓してもらいました。

とにかく良く飲んで食べて歌った、3拍子揃ってご満足でした~(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

秋の一句、蕪村に挑戦(笑)

Asayake1 今朝の東京は素晴らしき秋晴れ!5時に起きてしまった。(年寄りの前ぶれか?)
そこで蕪村の俳句『菜の花や、月は東に日は西に』の、反対の句がひらめきました。

秋バージョンです。
『秋の空、朝日は東に月は西』
…なんて、…ダサいかな?(笑)

Moon2_2 俳句の才能なくて残念、でも本当の事なのです。
5:20、西の窓には満月が!まだまだ美しく輝いているではないですか!そしてしばらくすると東の空から朝日が出始めました~、なんと!Beautiful!!!!

この"日の出"は今年の元旦にも拝みましたが、今朝のは満月も見えてダブル感激。
この感動を皆様にも、と、載せました(笑)

Asayakeそれにしても、日の出前の空もとってもキレイでしょ(右の写真→)。ステキな朝に感謝!感謝!今日も仕事頑張らなくっちゃ。(^^;ゞ

ところで、この蕪村の句の「菜の花」を取っちゃうと、わかつきめぐみの漫画でゲームも流行ってるみたい、知りませんでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

銀座・月光荘画室Ⅱ

Poster_2 IPRの山崎百合子社長が最近習い始めた絵の先生『岡澤みさを個展』(10/13-19)のオープニングパーティにお邪魔しました。

20年以上も習っているという年配の方から小さな女の子のお弟子さん、ニューヨークから見えたというジュエリーデザイナー、俳優座の女優さんなどなど…普段とはまた違った楽しい雰囲気。

Gekkoso1 先生の作品は、なにか惹かれて見入ってしまいます。
水彩画は明るく大胆な色使いに、サラリと描かれた墨の線が見事に調和、
"斬新奇抜"な作風です。
小品は2万円程度なので、ちょこっと部屋に飾りたいな…って気になりますよ。

Gekkoso2_2今日(休日)がオープニングでよかった。
というのは、この「月光荘画室2」は銀座八丁目、並びは私の行きつけのお店だらけではないですか!
平日こんなところにいたらすぐに見つかって連れて行かれてしまう。(笑)

さすがに休日の夜のこの界隈は閑散としてました。
それでも画廊を出た我々3名は、やってる店を捜した。並木通りに出ると「ブリック」が営業してたので入ることに。

この店は懐かしい、昔会社の先輩によく連れて行ってもらったジャズバーです。今でも店の前は良く通るけど素通りするだけ。

酒の勢いが進んで?来年この画廊で3人展をやろうなんて話になってますよ~、
でも、予約でギッシリで夏まで待たねばならないらしい。

私としては、この場所でやるのはそうとうヤバイ(笑)、のですが…どうしましょう。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

来年の「七夕」が楽しみ。(笑)

来年のことを言うと鬼が笑う!…ちょっと古いかな?(^^ゞ

Tanabata2 今朝、渡辺明次先生からこんなメールが入ってました。

今回の記録をただ今、mixiに載せました、ご笑覧あれ。
「牛郎織女伝説」伝承地域の一つ「湖南省桂東県普楽郷東水村・新庄村」へ通訳もなしで、言葉の壁を突き抜け全行程を踏破した。
 左3人目→

七夕伝説(織姫と彦星)は、中国では「牛郎織女伝説」というらしい。

一昨年「梁祝愛情伝説」3部作を発刊し、昨年「孟姜女口承伝説集」を出したと思ったら、今度は、来年の七夕までに「牛郎織女伝説」を、と言ってたら、いつの間にか中国に取材に行っちゃってるんですね~。

Tanabata3_2 定年退職後、中国語を初めて学び、わずか3年で4冊の本を出すために何十回も現地取材を続け、今や68歳?スゴイなんてもんじゃない、だから若々しい。

これを聞くと、さぞ本が売れてるんだろう?と思うでしょうが、残念ながら印税などまだ皆無です。退職金がどんどん減って、今回は取材経費も出版社に相談するくらい苦しいのが実状。

4人のノーベル賞学者ではないけど、研究することが好きなんでしょう。

株の暴落で退職金が減って悩んでる方、私の周囲にもいますが、私は渡辺先生の生き方に感動し、つい、書き込んでしまいました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

「レッドクリフ」を試写会で。

昨日18:00、有楽町駅で奥さんと待ち合わせて読売ホールへ。

Leaf 先週、「試写会の券もらったから行かない?」と聞かれ、何の映画かと聞くと、中国物!
偶然としても、中国に縁付いちゃったのか?私のブログは中国だらけ!(笑)

まあいいけど、映画は面白かった。
三国志の「赤壁の戦い」=『レッドクリフ(赤壁)』11月1日 全国ロードショー。

三国志(演義)って、学生時代に本は読んだけど、大人になってからはゲームもやらないし細かいところまで覚えていない。まあその辺の解説は"オタクおじさん"が沢山いるのでおまかせします。

Yomiurihall 映画としてはCGを使った戦い場面の迫力がスゴイ!制作費100億円というと、昔は人海戦術になりがちだけど、今はCGにお金をかけるから面白くなる。中村獅童さんの武将(甘興)役もインパクトあって良かったですよ~。

残念なのは、これはpart-1、後編は来年春だそうです。

付け足しで感動したのは、「琴(奏筝)」の演奏や「書」を書くことで互いの意思を伝え合うところ。戦いの中で自然に出てくる。

中国では「書」が出来ないと出世できないと言うし、そんなところもしっかり観て来ました。(^^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

「遊茶房」という会

Member 見学でも良いから是非来て欲しいと誘われていたので、
今朝10:30~、「遊茶房」という会の中国茶文化講座に行って来ました。

参加されていた方々は立派な教養を持った女性の方々、そして講師の干文先生は26歳の若さ!中国茶の最高権威のお弟子さんだそうです。

Yuwen行くまでは中国のお茶のたて方か~と、冷やかし半分で考えていたら、先生の話に聞き入り、すっかり真面目な生徒になっていました。(笑)

茶とは?から歴史・文化まで学ぶもので、資格が上・中・初級とあるそうです。
上級となると4,000種以上あるというお茶を利き分け、年に一人受かるかどうか?初級は就職に有利な国の資格だそう。

Teasetまた、中国では基本教養の①音楽②詩③書④画⑤囲碁に、+αとしてお茶が必ず介在する。
これは素晴らしい。文芸界にありがちな縦割り制をつなぐ役目ではないですか!
色んなお茶を味わい香りも楽しみ、和やかな会話が生まれる。日中文化交流には持って来いですね!

Tsukaそもそもこの会の主催者に相談された時、月謝6,000円じゃ高くて来ないんじゃない?
なんて言ってしまったけど、来て見ればわかる、決して高くない。来る人は来る。

本当のお茶の味を知り、私が今まで飲んでいた中国茶のたて方はメチャメチャでした。
皆さん曰く、「もっと知りたい!次回もとっても楽しみ!」
帰りに、この会のタイトル「遊茶房」を揮毫して欲しいと頼まれちゃいました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 3日 (金)

オリンピック後の北京

日中文化交流の会」の北京在住(日本人女性)emiさんの現地リポート、
‥子連れママが行く日中文化最前線!‥第5弾がアップされました。
https://www.w-mimi.com/guest/nicchu/index.php

面白いですよ~、今回のやつも笑っちゃう。
始めの一節を載せますが、
----------------------------------------
オリンピックが終わって
何なんだ、この渋滞!!!
臭いって、空気!!!
痰吐くなっ!
手鼻かんで木にこすり付けるな、おねぇちゃん!!!
帰ってきましたいつもの北京。
…以下つづく
----------------------------------------

でも、決して中国を貶してるわけではなく、日中交流のために一市民として生の体験を書いてくださっているのです。

まだ読んでない方は、是非、第一弾からお勧めします。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

新橋駅前の古本市。

ここは新橋駅・蒸気機関車前広場。
よくTVニュースで酔っ払いのサラリーマンおじさんがインタビューされてるところ(笑)

Shinbashi この広場でよくやってるのが、この古本市。

私としては、以前にお得意さんが新橋だった頃、この辺でしょっちゅう飲んでいたので懐かしい。
今でも、待ち合わせにはたまに使う場所です。
今日もやってました古本市。

私の場合、フラリと立ち寄ったつもりが、なぜか、欲しい本が見つかっちゃったのです。値段の問題じゃないですね。
5/25にもここで買った本が、今でもとても役立っています!

Bookkana今日買ったのは、これ、いわば「かなの墨場必携」、芭蕉はじめ古今443名の俳句辞典。
約30年前に、かな書道界の大御所「飯島春敬」先生が編したもの。これは役立ちそうです。

墨場必携って類の本は腐るほど出てるし、仮名のも沢山出てるけど、編者のレベルが全然違う。
しかもこれは書のお手本集ではなく、2,500種類の俳句が活字で並んでいるだけ。

Sho2あくまで、漢字かな混じり文を自分で創作するための辞典です。
最近、俳句などを頼まれることが多いので良き片腕です。

右の写真は、先日ある方に短冊に書いて贈った二句。
こういうのもいいでしょ、このまま壁に貼れるし…(笑)

現代書(近代詩文書)の分野は、漢字の書と比べ未だ確立されていない、と思う。
奇をてらったようなものや、カスレばかりが目立つ賑々しい書が主流になっているけど、私は汚らしくて良いと思いません…(失礼)

今後は私の書の幅がもっと広がることでしょう???頑張ります。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »