« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

法事で久々の里帰り!?

私の母親の17回忌。生きてたら95歳になるのかな?こういう年月は早く感じるもの。

Minowa2 実家は日比谷線・三ノ輪駅から徒歩3分。今はマンションが増えたけど、駅の周囲は昔のまま、駅もボロボロ(笑)。→

日比谷線が出来る前は都電の(三ノ輪)車庫があったのだけど、現在運行している都電(荒川線)とは違うんです。あの三ノ輪橋駅はここからちょっと離れていて、住所は三ノ輪でなく南千住なのです。(どっちにしても下町だねぇ)

それにしても懐かしい!

Bairin 我が家の法事は、実家の近くの梅林寺という禅寺でやりますが、この寺には立派な書が所狭しと飾られているのです。「書道博物館」に勝るというべく逸品ばかり。
中村不折の作品も幾幅もある。法事が終わると寺中をぐるぐると見学、今更のようだけどひょんな所で良い勉強です。

さらに「綱敷天満宮」という菅原道真の師にあたる高僧を祭ってあるし、小さい頃は全然知らなかったのだけど、素晴らしいお寺でやってたのです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

中国からの年賀状

Newyearcard北京のemiさんと安先生から届いた年賀状です。→

そうか!中国は今がお正月なんですね。

立体カードで組み立てると中国の獅子舞?ですか。舞台で男の子がぶら下がってる。
(写真ではわかりにくいかも)

なんともカワイイです。(笑)

Stamp ←この切手もかわいい!ありがとうございます。

安先生からのメッセージ:「今年も一緒に飲みましょう、会えるのを楽しみにしています」

そうなんです、今年5月11日から一週間、銀座の画廊で一緒に個展をやることが決まりました。小さい画廊だから、作品も小品になるけど今から構想を練ります。
まだ日があるなんてのんびりもしていられないかも!!

時期が迫ったら宣伝を始めますので、皆々様どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

PS.emiさんの北京レポートはこちら→http://www.m-mimi.com/member/nicchu/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

文字の力・書のチカラ

出光美術館(丸の内)で2月15日までやってる展覧会
有楽町駅から徒歩3分の帝劇ビル9階なので、出社前に見てきちゃいました。(笑)

090129ticket 単なる書道展でなく、古典の名跡から近世、現代までの書をならべ「文字」としての「書」の魅力を体感する。こういう企画展は一般の人にも理解しやすく良いと思います。

今日は10時半から列品の解説をしてくれる日だったのでグッドタイミング。

昭和の巨匠、西川寧、青山杉雨、安東聖空など書家の作品だけでなく、棟方志功や一休や白隠などの禅の坊さんの字はさすがに力強い!上手い下手を超えている。
また、古典の書は殆んど印刷物で見た有名なものばかりだが、実物はやはり感動します。

古今の書をうまく並べ、なかなか興味深い展覧会でした。

ところで、今月の書道ジャーナルで小野寺啓治・主幹が言ってます。
書は中身がしっかりとした伝統の法や要素を踏まえた上でないと惨めである。
いま騒がれている若い人の作品や芸能人の書く書は賛同できない。
日本ではいま、書の持つ内面的な特色や歴史が作り出した書法の尊さを否定し、
自由奔放さを賛美する間違った風潮が蔓延している。
これは何としても諫めねばならないし、週刊誌の取材にもこのことを高らかに訴えたい。
ジャーナリズムに書の教育をしなければと!!

まあ、評論家なので恐々とした言い方をしてますが、私としてもご尤もな事で、自己流で変に奇をてらったものや、可愛い、とかキレイ、とかは書でなく、飾り文字というかレタリング見たいなもので、そのへんがわかるにも、こういう企画展は良いと思います。

イヤー、朝から良い勉強になりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

かきぞめ

700ichigoichie_3 今年の「書初め」は、この2つ。

一月も終わる今頃になって報告したのは、スローミミっていうサイトに毎月「書」を頼まれていて、今回はこの「一期一会」を出したのですが、それが本日やっと公開されたそうなので発表しました。
毎度、私の解説文つきで載せてます。↓
https://www.s-mimi.com/guest/calligraphy/index.php
このサイトには私のバックナンバーが全部載ってますが、今回で何と57回目!
自分でビックリです。
と言うことは、毎月出したとしても5年!いや、忙しくてパスした月も結構あったから6年くらい前から出してると言うことでしょうか!?

まあ、ヒマがあったらみてください。(笑)

200901fuji_3もう一つのこの俳句は、自分のホームページ用に。
ただし、このままではなく、自分で撮った富士山の写真の上に貼ってみました。
あと、最近の作品集をダウンロードできるようにもしました。

(これも、おヒマな方はどうぞ…↓)
http://www.next-ad.jp/tsuka/

というわけで、新年早々やりたいことをやってます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

大宇宙旅行へ

Galaxy北海道のブロガー(美幌音楽人)さんから教えてもらった、国立天文台が公開している「4次元デジタル宇宙プロジェクト」サイト。↓これは楽しめます。http://4d2u.nao.ac.jp/top.html
先ずは左端のナビゲーターボタンを押しMOVIEで色々なメニューが出ます。

数千万年を一秒に縮めたスピードで銀河ができる状態や、数千億の銀河が網状に連なる宇宙の大規模構造が手にとるように。(↑白い点は星でなく全て銀河)
みんなスーパーコンピュータの計算で出来てるんだからスゴイ!Arth

「地球を飛び出し、この広大な宇宙のスケールを見る旅に出ましょう」という見出しのこれも夢があっていい。→
(注:音声ガイドつきです)
関東地方から飛び出て~137億光年の宇宙の果てへ。10の26乗メートルというとこんなになるんですね~、
約10分間の映画だからヒマな時でもどうぞ。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

ささやかな期待が、はずれた…(>_<)ゞ

たまには相撲の応援。

今場所は間違えなく朝青龍または白鵬が優勝するのでしょうが、千秋楽を前にして、ちょっぴり応援したくなったのが千代大海。彼は大関在位60場所で歴代一位らしい。

Chiyo_2 大相撲は今や、日本人も外国人もないけど、今日千代大海がもし白鵬に勝てれば日本人力士の汚名返上だ!
なんて、変な期待をして見ていると…、あ、本当に勝った~!
あと一突きだ!と興奮しました。
しかし、しかし、その前に千代大海のひざがコケてる。
何だよ~、自分Won_listでコケるなよ!
白鵬は一瞬負けたと思ったらしい。
結局「つきひざ」と言う判定で、練習不足と非難されることに…。
次の魁皇は千代大海に続いて大関在位歴代二位だと、朝青龍にあえなく押し出し。
しかたがない、お二方とも、せめて大関の在位記録の方でまだまだ頑張ってよ!と、同情しちゃいました。(^_^;)

さらに、大好きな琴欧州も負けた!何と3大関ともにモンゴル人に完敗。本日の我がささやかな期待は全滅でした。(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ロスからの便り。

Obama_mail 246cと言う10年以上前から続いてるネットコミュニティがあり、私も設立当初から入会していますが、右の画像はロス在住のメンバーからのお便り、オバマ大統領からのメールですって。名前つきで届いてる。

大統領が呼び掛けている新しい運動Remake America Togetherのウェブサイトに会員登録したらすぐに届いたそうです。当然自動的に送られるメールだけど、大統領じきじきに呼び掛けられているような擬似感覚で、ネット時代を駆使して生きる新しい時代のリーダーのあり方だと思い、多くのボランティアも励まされるようです。と感動してました。

素晴らしいですね!ブッシュ前大統領と違って彼には過去の政治の「しがらみ」がないだけに、私とて大いに期待しています。
ただ一つだけ気がかりなのは、オバマさんも「テロには屈しない」の精神は同じ。対話の用意はあると言っているから少しはホッとするけど、幕末の「江戸城無血開城」のような日本的なのは参考になりませんかね~?次元は違うけど…。

なんて…、テロと戦っても絶対に良いことはないのでちょっと言ってしまった。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

娘を持つ父親のみなさまへ。(笑)

友人のブログでこの動画を見せてもらい、こんな父親がいたら素晴らしいので、
転用させてもらいました。m(__)m

ご覧になったお父さん、きっと涙が出でたことでしょう??

しかし、しかし、です。
私の場合、娘の結婚式で一粒の涙も出ませんでした…
ダメお父さん?でした。。。(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月18日 (日)

日中友好倶楽部へ

梁祝先生(渡辺明次)先生と一緒に、日中友好倶楽部の一月会にお邪魔しました。
楊英華さん主宰のこの会は、毎月、川崎(溝ノ口)で交流会(講演会)を開いています。

Member いつも20人前後集まり大変熱心な会で感心してますが、去年渡辺先生が「梁祝愛情故事」の講演を頼まれて以来のお付き合いです。
今日の我々は新年のご挨拶を含めて参加、テーマは「新春お茶会」でした。

Teachingしかし、会員は中国に強い日本人が殆んどで、私には場違い?(笑)
その中で、東京から通っている会員が何人もいらっしゃるので、聞いてみると、東京にはこのような民間レベルの会が無いそうなのです!

終わると恒例の?近所の居酒屋で乾杯。新年会代わりで今回はほぼ全員参加です。

そこで最後に、次回の講演を私が頼まれてしまいました。
もちろん『書』がテーマですが、書を学んでいる人たちではないので、普通に教えてもつまらないでしょうし…、と思うので何かアイデアを練りましょう。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

「独楽吟」の世界

「独楽吟」のことを一昨日の日経新聞(春秋欄)で知り、大変興味を持ちネットで頼み、先ほど届いた本です。
Cover 橘曙覧(たちばなのあけみ)という江戸末期の歌人が作った和歌集で、いずれも「たのしみは…」で始まり、「…するとき」で終わる52首の連作。

この本は、それらの歌を現代語でわかりやすく整理した解説書です。(編・著者は新井満、芥川賞作家で元電通のプロデューサー)

不景気で暗くなってる人には良い教本かも。

読んでて驚いたのは、この歌人は殆んど無名で、それを日本に紹介したのはクリントン大統領だったそうです。15年前に訪米された天皇皇后両陛下への歓迎スピーチで「独楽吟」の中の、この一首を引用したということ。
『たのしみは 朝おきいでて、昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時』
…いいですね~。
もちろん大統領の原稿を書いたのは日本研究者でしょうが、たいしたもんです。

これで橘曙覧という"忘れられていた歌人"が復活したそうで、地元福井県は大騒ぎ!

Contents 良寛さんと同時代の人ですが両者の違いもわかりやすく書いてある。
面白い歌がたくさんある中で、私が「オッ!その通り」と共鳴した歌がこの2首。(笑)→

読む本というより、あくまで歌集ですが、編・著者の新井満さん曰く、「幸福へのガイドブック」だそうで、座右に置くのも良いでしょう。

私はこれらの歌を選んで、書にして人に差し上げたいなと思っています。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

シーラカンスの会!??

シーラカンスの会?何それ?って感じの会の新年会でした。

仲間の解説によると、「存在はしているのだが、連絡しても応答がなく、滅多に会うことのできない某氏を囲む会」。ということで会の名前が決まったのです。

Fujimasa1_2余計に何だかわからない会ですが、この某氏(シーラカンス)は仕事バリバリの30代、残業から逃れられず2時間近く遅れて必死で駆けつけてくれました。(写真右端)
カメラの前にも必死で駆けつけてくれました。(笑)

メンバーはIT系だけど今や飲み仲間。お互い趣味も嗜好もバラバラなのに、集まるとなるとなぜかノリがいい。暗い話は一切出ません。

皆さん、いい笑顔してますね~。

Nabe このお店は、飯田橋から徒歩15分の「藤昌」。周りには何もなくポツリと一軒たたずんでいるお店。大将の料理は抜群です。
Sasimi_2 そして女将は、かの柔術家三船十段のお孫さん。今日はお正月らしいステキなお着物を召してられたので全員集合写真を撮りました。(女将は、写真撮るなら酔っ払う前にして欲しかったとグズってましたが…、優しく手を繋いでくれてる人がいます!)

他のお客さんが帰ると、鉢巻姿の大将はすっかり我々と同化、「楽しい楽しい」とビールをじゃんじゃん出し始めるのです。
気がついたらスゴイ時間!マズイ!電車が大丈夫かと!焦って解散となりました。

何を喋ったか忘れたけど、笑いっぱなしの新年会でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月13日 (火)

とんでもビックリの風刺漫画。

このブログで何度か紹介しましたが、北岡和義さんから今日届いた年賀メール。

サンフランシスコでYouTubeを訪問、Las Vegasに飛びCESを視察~10日に帰国。だそうで、彼に関係ある去年のニュースとして、先輩の筑紫徹也さんの死、三浦和義の自殺、シリコンバレーGoogleキャンパス視察での革命的経営思想に驚嘆、などなど…。

Newyorker末尾に、『オバマ圧勝、究極の民主主義、その光と陰』という、彼の論文を添付してくださったのですが、その文中で紹介されていたこの風刺漫画にはビックリ!→

去年の7月21日号『ニューヨーカー』の表紙ですよ。こんな絵を表紙にするなんて、自由の国とはいえ驚きです!?

大統領執務室でオバマがイスラム風の衣装を纏っている。ミッシェル夫人は、黒人運動の活動家、アンジェラ・デービスお得意のアフロへヤーで、銃を背負いオバマと拳固でガツンコしている。壁にはオサマ・ビン・ラーディンの写真を飾り、暖炉で星条旗が燃やされている。

白人優位社会の歪んだ本音と書いてありましたが、「2008年米国大統領選挙の文明史的意味」という副題で、オバマが大統領に選ばれたことの重大な意味がとてもわかりやすく、15ページほどの論文でした。

日本の報道も変だったそうですよ。
やはり海を越えて伝わってくるマスコミの報道より、現地の方の生の声はためになりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

後厄払い

Narita 今年がやっと後厄です。私の奥さんは本厄。

交通事故の神様でもある?深川の成田山に毎年行ってますが、実は、前厄を2回もやってしまったので、今年で4年連続。やりすぎかなと思ったけど気持ち悪いからやっぱり来てしまいました。(笑)

来年はお札を納めに来なきゃいけないから、また来るのかな~?

Tomioka午後一時のに申し込んで、待ち時間の間に隣の富岡八幡宮へ。
ここは水商売の神様?関係ないけど深川に住んでいた時の氏神様なのでここもお参りしました。
日本人は、やりすぎなのかな~?
と思いつつそちらに足を運ぶとスゴイ列です。成人の日でもあるのでやっぱり混んでいました。
私の場合、願い事はしませんが、厄払いのあのお経と太鼓の響きがズシンときて、気持ちが清まるような気がしてきます。

さあ、仕事の本格新年はこれから!頑張ります。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

マフラーのプレゼントと新明け芸術鑑賞

Makoto3 これ、82歳のお友達がお正月に私のために編んでくれたマフラー。

もう15年くらいの付き合いになる方で、よく一緒に美術館巡りをしています

日本橋・三越でやっている「田淵俊夫展」のチケットがあるので是非観に行きたいと。暮れの忘年会できなかった代わりの新年会です。

しかし、こんなのいただいちゃって、複雑な思い。(笑)

Tickets この方のお誘いがないと自分からはなかなか行かないところが多いのでいつも良い勉強になっています。

今日は、先ず田淵俊夫氏(東京芸大退官記念展)は襖絵が良かった。平山郁夫氏に師事されたようだが、まだ60代だから今後日本のトップになりそう!?

次に、三越にある三井記念美術館へ、「国宝 雪松図と能面」展を観たいと。
これこそ誘われでもしないと行かないですよ。さすが三井財閥のスゴイ財産です。

まだ時間が早いので、和光でやってた「毎日書道会の32人展」をさらっと見学しました。毎日書道会は故・金子鷗亭の下に、現代書(調和体)の確立に力を入れているのですが、私にはまだピンときていません。

なんて、カンタンに言っちゃいましたが、新春に日本の芸術に触れるのはとっても良いものです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

セカンドライフの誤算

昨日の日経新聞に気になる記事。もちろん私にも関係あるからで…、
「日本ではセカンドライフ関連のベンチャー企業が続々と廃業」ですって!

Bougitathamセカンドライフって、知らない人は定年退職後の「第二の人生」と思うでしょうが、それとは全然違って、米国のリンデンラボ社が開発し、世界中に空前のブームを巻き起こしたネット上の仮想空間(仮想都市)です。

ここでショッピングモールを運営していたSUN(電通も出資)が自己破産申請、他にも最大級の日本人街が閉鎖、ゴーストタウン化した仮想都市も出てきているらしい。

Body2007年6月をピークに有料会員が減少というのですが、私はちょうどそのころ会員となり、これに未来の期待をかけ毎日オタク状態で仮想街を歩いていました(笑)

でもその時ちょっと不安に感じていたのは、日本の大企業も続々と進出し作られたコンテンツが不充分だと思えたから。
やっぱりバブル気が出ちゃったんですかね~?

写真(CG)は、セカンドライフで私のアバター(分身)を作った時の画像です。

この新聞記事では、
バーチャルな世界は珍しいものでなくなった、ネットの普及は価値の見直しを迫っている、それに埋没したくない個人が「次の世界」を捜し始めた。
とまとめていますが…、

私の意見としては、ネットや仮想空間を否定するのでなく、すぐに儲けを考えるのがいけない。便利なものは大いに利用し楽しむべきで、リアルとバーチャルとを自分の中で整理し、自己の生き方(人生)をポジティブにすることだと思っています。

私はどうも昔から新しいものに飛びつくクセがあるもので…(^^;ゞ
ただし大丈夫!バブル気が出てきたものには機敏になっている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月 7日 (水)

地元の神田明神で初詣

仕事で御茶ノ水に来た、というIPRの山崎社長から「神田明神へ来ませんか?」と電話。

Myojin 今日は食事の約束をしていたけど、そんなところで昼食を?と一瞬驚きました。
ところが、よく考えてみたら「よくぞ誘ってくれた」と感動したのです!
オーバーではありません、神田明神と言えば私の事務所の「氏神(うじがみ)様」ではないですか!去年の正月もお参りするべきだったのです!

一昨年暮れに神田へ事務所を移転しきて、全然気がつかなかった。
神社に代わってここに呼んでくださったのだと思いたい。m(__)m

Daikoku そして、彼女は商売繁盛のお札を買っていたので、私も買ってさっそく事務所に!
少しは仕事の方も良くなるかな~(笑)

ニュースで見ました。今年はたくさんの人がお参りに来ているそうですね。
今日は少なかったけどそれでもしっかり並びました。

食事の場所を探しながら、この界隈を散歩しつつ思いに耽る…この辺は江戸の歴史があふれていてなかなか良いところです。地元のくせに忘れてました。

山崎社長!本日はお誘いありがとうございました。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

第53回「現代書道20人展」へ

午前中は、昨年結婚した息子夫婦と一緒にお墓参り、ご先祖様へ年始参りです。(笑)

Ticket 昼食後、我が夫婦は恒例の「現代書道20人展」へ。
年始に上野・松坂屋で毎年開催していて今回は53回展。
私は23回展あたりから観に行っているので、30年以上いうことになります!
当時の20人は全員入れ替わりました。現在の出品者は皆そのお弟子さんと言って良いでしょう。

0920exh_2 と言うことは、この展覧会は明治~大正~昭和へと継承される日本の書の本流、完全なヒエラルキーの頂点なのです。
「書の評価や方向、内容面でも日展と一体化させ、伝統美の堅持と現代的表現の追及を着実に実行。(書道ジャーナル主幹・小野寺啓治氏)」

それが良いか悪いかはともかく、書を志すものにとっては観賞すべき展覧会です。
同じ書家の作品を10年前から追っていくのも良い勉強になります。

そういえば、会場で練馬区書道連盟の会長さんにパッタリ出くわしました。
今月末から始まる練馬書道展の私の作品をもうご覧になったそうです。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

三賀日?!

東京は元旦からずっと最高の天気。(^0^)/
いや、それだけではないことに気づきましたー!
夜空の星の数です。
いつも自宅のベランダから眺めてるオリオン座の周りにもたくさんの星が!
そうです、空気がキレイなので〜す!
東京ではまず見られない、感動でしたー!
さらに羽田空港を離着陸する飛行機の光も普段よりずっと美しい。宝石のような?輝き!その数も今夜は半端でない!
Sunset 夜の光は上手く撮れないので、写真は西側の窓から撮った夕方の富士山。
周りの空気がキレイな時とっても美しい!
感動だらけの三が日でしたー(^0^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年(^0^)/

新年あけましておめでとうございます(^0^)/
東京は快晴です〜!
早起きはいいですね。
6時50分、今年も美しい初日の出を自宅のベランダから!
Sunrise_3本年もよろしくお願い申しあげますm(__)m
携帯投稿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »