« 練馬書道展、最終日 | トップページ | お腹が痛くて東大病院へ(笑) »

2009年2月 4日 (水)

現代書道院展

上野・東京都美術館では様々な書道展が開催されますが、この会は「かな」が中心。

Tenji1 書道展というと力強い漢字の書を思いがちですが、仮名ばかりの展示場はがらっと違った感じです。
この会はかな書道の大家・竹田悦堂が創設。去年の2月に岩澤恵堂遺作展を観てきましたが、氏を始め、日本のかな書道の伝統を継承しつつ、新たな方向性を築き上げていると思います。

Tenji2 現代書というと鈴木翠軒(1889〜1976)の影響も強く、毎日書道展はじめ、いろいろな会派が新しいスタイルを築いていますが、私にはどうも感動するものが少ないです。
むしろ、この会のように日本のかな書の伝統を中心から外さず新しい表現に挑戦し続けることには賛同します。Naomi現代書という名に任せて、やたら力んだものや、奇をてらったようなものよりはよっぽど感銘します。

今日は最終日でしたが、私の知り合いの女性がここで修行中で、今年も出品作をしっかり見てきました。→
作品的にはもう一歩ですがとても頑張っているので大変好感を持っています。(^^)v

|

« 練馬書道展、最終日 | トップページ | お腹が痛くて東大病院へ(笑) »

コメント

久しぶりにこちらに遊びにきました。
ご来館&レポありがとうございました。
中心をはずさないこと…大事にします。
来年は1/29〜2/4迄です。
よろしくお願いいたしますvirgo

投稿: anzu | 2009年11月28日 (土) 01:52

anzuさん、
コメントありがとうございます。
もうすぐ、一年経つんですね。
来年も楽しみに、拝見させていただきます。(◎´∀`)ノ

投稿: 塚越誠 | 2009年11月28日 (土) 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/43974435

この記事へのトラックバック一覧です: 現代書道院展:

« 練馬書道展、最終日 | トップページ | お腹が痛くて東大病院へ(笑) »