« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

宿の大広間で絵と書の競演。

昨日のつづき。
昨夜は2人で何時まで描きまくっていたのだろう…(笑)

Hiroma 御嶽神社を観光して宿に戻ってくると、ご主人が長さ5~6メートルもある大きな絵を見せてくれました。安先生が去年ここで描いたもので、霊感を感じて描いたという一本の大木。これには圧倒されました。

Anworks1 そしてそんな長いロールの紙を新しく持ち出され、私もここに字を書くことになったのです!
イヤーまいりました。こうなったら迷っていても仕方がない、「天衣無縫」の4文字を一気に。
太い筆がないので、普通の大筆を二本使って…書く時間は数十秒?だけど、思いっきり疲れました。

Anworks4その後、もう少し小さい紙に別の詩を書くと、向こうの方で安先生も水墨画を描き始めました。大広間は紙だらけ!
とにかく広い大広間だから気持ちが良い。夕食の時間といわれてもお互いなかなか立ち上がらない。

でも、安先生の奥様やお子さんたちが待ってるし、と、ひとまず見切りをつけました。

Dinner 夕食は薬膳料理!素晴らしい!それと同時に安先生が持ち出した53度の高級酒「茅台」。
これはさらに良い!(笑)
隣にいた若い夫婦?にも分けるとすっかり喜んでくれたので、酔っ払った勢いで何か書いてあげようということに。私は酔ったら書かないけど今日はやっちゃおう!と…。

そして、また大広間に戻って書きまくりました。安先生もまた別の絵を書き始め、いつになっても終わらない。

ご主人が朝までやってても構わないというけど、さすがに疲れた。風呂に入って寝ちゃいました。書いたのをこの宿に飾ってくれるそうです。いらした方は見てくださいね~。

Miyage そういえば、宿で売ってたお土産(御嶽羊羹)を買おうとしたら、ご主人が「とんでもない」と言って、帰りに我々にたくさん包んでくださいました。

もっと驚いたのは、実はご主人、神主さんだったのです。

ご主人様、そして息子さん、すっかりお世話になりました~。
さて、今夜は安先生の奥様の実家(相模原)で一泊することに…。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

青梅・御岳山(みたけさん)へ

御岳山(御嶽山)は、今や外国人に超人気の観光スポットです。
Mitakesan1 東京都でありながら古い民家が残り、常に霧がかかった美しく幻想的な世界、そこにある御嶽神社は紀元前創建された関東随一の霊場だそう。

中国人である安雲霽先生から「とても良い所だから」と案内されるなんて、東京人の私としては変なもんです。(笑)

正直言うと「そんなに良いところなのかな~?」と不信でした。

Bus 東京駅に集合。9時2分発青梅行き~乗り継いでJR御嶽駅で下車。その後バスとケーブルカーで…ようやく御嶽山駅に到着。
宿のご主人の息子さんが車で出迎え、スゴイ運転技術で細く険しい坂道を一気に!

だんだんと不思議な景色になってきました。
同時に、この辺から驚きの連発が始まったのです。

Sanrakusou1 到着したのは「山楽荘」という宿、ここには逗留した文人墨客が残した書画が館内随所にさりげなく飾られていて、まさに美術館なのです。
巨匠北村西望、文豪吉川英治の名作はじめたくさんの芸術品が客室にまでギッシリと。

Tsuka2Ankaisei 安先生が私を誘ってくれた意味がわかりました。

それだけでない、宿の中を見た後、近くの御嶽神社へ連れて行ってもらうと、ここもまたスゴイ!国宝級の宝物ばかり!
やっぱり来て良かった~。

宿に戻るとご主人が、大広間で私と安先生に書と絵を自由に描いて欲しいという!
こんな広いところを使っていいんですか!?…

で、明日に続きます。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

日本の美・発見!水墨画展へ

「水墨画の輝き」、出光美術館(有楽町駅徒歩3分)で31日までやってます。

Ticket先週日曜日で「和の会」展は終わったけど安先生はまた東京に戻ってきました。

朝一番で観に行こうと誘われ、現地集合。

安雲霽(あんうんさい)先生は中国水墨画の大家、当然日本の水墨画にも興味があるでしょう。

さすが本家本元、観る部分が鋭い。通訳を介して解説してもらい、私も大いに勉強に。

日本の水墨画は、室町~安土桃山文化で大きく花咲きました。
雪舟は心が伝わる、等伯の屏風画・竹虎と竹鶴図の墨の濃淡の迫力には目を奪う。
近代になって鉄斎の新しい感性、日本の水墨画も改めて観賞すると素晴らしいものです。

ところで以前聞いた話だけど、昔の日本人は本物の虎を見たことがないので空想で描いたそう。

だから?虎の顔がウソみたいにカワイイ!のもある。それでも絵としての重みは最高、面白いものですね~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

私だけのトートバック。

世界各国100人のアーティストによる「オリジナルトートバック展」。というのに参加出品するよう勧められました。

Wa1_3 今年の7月に長野、11月にはニューヨークで開催するらしい。

のんびりしてたら締切りが迫ってる!
今日やってしまわないと間に合わない。

トートバックに好きな絵を描くわけだけど、無印良品のマイショルダー(小)って決まっている。
私の場合は絵じゃなくて書、ところがこの材質の布は防水加工されているので墨をはじいて乗らない、悪戦苦闘!

Raku1_2何とか「和」と「楽」を裏表に書きました。
文字の周りがにじんだけど、これもなかなか良いではないか。でも、こんなの気に入ってくれる人はいないか~?単なる自己満足でした。(笑)

ニューヨークでもやると言うのが良いですね。

それよりともかく締切りに間に合ったのでホッと一息でした。(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

四川大地震記録映画ー試写会へ

この記録映画のタイトル「風を感じて」を私が揮毫したおかげで、試写会に呼んでいただきました。自分が書いた字が大きなスクリーンに映るのもまた良いものですね~。(笑)

Shisen_enter 芝・高輪市民センター(内)ホール、19時開映と言うことで少し前に着くと受付には既に大勢の試聴客。こんなにスゴイ人数とは思わなかった。

映画を観て感じたのは、四川大地震から1年経った記録映画というから、あの大災害を生々しく見せる怖い映画かと思っていたらとんでもない!

Pamph_2 そんな場面はひとつも無く、全くのプラス志向で作られている。日本の救援隊と中国人との予期しなかった心のつながりは、地震がおきて良かったという声さえ出ています。
苦しさを超えて歌と笑いで溢れる顔、顔、顔…、がクライマックス、私も全く予期せぬ展開で感動しました。

私に「題字」を頼んだ黄女史は、この映画の制作総指揮・プロデューサーだったとは知らず、また、監督も石井かほりさんという若い女性。

お金をかけた重厚な記録映画ではない代わりに、若くて素直な感性がジーンと心に伝わってくるステキな映画でした。

これからは大企業が巨大組織化する反面、個の生き方や考え方が集まり「力」となるでしょう。以後、各地で上映するそうですよ~。

ところで、映画が始まる前に主賓たちの挨拶が終わり、制作スタッフが一名づつ名前を呼ばれて立ち上がるのだけど、まさか私までが呼ばれるとは思わなかった。一瞬焦ったけどきちんと大観衆の前でお辞儀を繰り返しました。(笑)

総合プロデューサーの黄淑柔さん、私にも「題字を書く」という声をかけていただき、試写会へのお招きありがとうございました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

中国茶のパーティへ。

ここは中国飯店三田店、日本中国茶文化鑑定師協会・創立記念パーティーです。

Aisatsu 長ったらしい名前だけど、私も去年、中国茶の講義を受けたのでこの趣旨は良くわかってます。

日本の茶道とは全然違う、簡単に言うと中国政府のライセンスがあり、この鑑定師資格が日本でも取れるようになったと言う協会の創立パーティ。

この触れ込みがいい、「四千年の伝統の薬効、味わいの中国茶が面白い…」そして、「もてなしの茶(日本)、楽しむ茶(中国)」だって。

Music 色んな業種の方が来ていましたが、私は日本の料理本の編集出版をしている友人と一緒に。

考えてみたら、癒しの文化!書も茶も音楽もみんな繋がりますね~!

ここで出会った方々にこんな提案をしてみたら、大いに賛同してました。

アナウンサーの司会の方も、中国楽器の演奏も良かった。

こういうパーティは異業種交流なんて堅いもんじゃなくて、大変あたたかいものです。*^_^*

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月22日 (金)

梁祝(リャンチュウ)愛情故事の舞台公演

二年前から紹介し続けている、梁山伯(リャンシャンボ)と祝英台(チュウインタイ)の中国愛情故事、日本で始めての舞台化を進めている古野さんに頼まれ、私も出演???

Vol_07_2 その進捗状況を、ホームページで連載してますが、この劇のヒロイン役(祝英台)との2ショット写真が送られ、第7話として更新しました
(←先週の個展に来てくれた時の写真)

毎度長い文章だけど、よく読むと舞台の裏話が良くわかって面白いですよ。

ここで私の役は!?…役者はムリ!もちろん裏方。物語の最後に出てくる梁山伯の墓、その墓石の文字を書くのです。(笑)

面白そうなので調子に乗って、私からも提案、中国の家によく飾ってある掛け軸も書いてあげることに…。

何かこのごろ、自分から余計なことばかりやって?一人で忙しくなってるようで…。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

矯正歯科の新発表会へ

歯の矯正とかは、私はやったことないし縁がないのですが、欧米の歯科矯正のあり方を大きく変えた画期的な商品、という発表会に呼ばれて行ってきました。

Matuoka 今月(5/14)オープンしたばかりの「銀座まつおか矯正歯科クリニック」。

コンピュータを用いて作られた透明なマウスピース式で見た目は全くわからない。そして取り外しがカンタン。仕組みはわかりやすいので私にも理解できたけど、歯を矯正してる人って多いんですね。

私にはそっちのほうがビックリしました。(笑)

従来型より時間は早いし、金額もずっと安いらしい。
銀座6丁目(並木通り)に面した素晴らしい立地に、お洒落なお客様が通うことをお祈りします。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

「和の会」展ー人民日報に掲載

今日の人民日報+日中新聞(日本語版)に、「和の会」展が大きく掲載されました。
これは、私が取材されて話したことを、その通り書いてくれたので感激しました。(笑)

News_kiji_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

展覧会が終わって…<続編>

Room昨夜は疲れてそのまま帰宅。

そして今日のお昼、展覧会を全て仕切ってくれたPR会社社長のお誘いで銀座アスター本店に集合。反省会というより、静かに打ち上げみたいなもんですね。

広々とした個室に案内されました。

その間、安先生は店内に飾ってある様々なインテリアに注目。
中国の皇帝が座ったといわれる椅子、書画などなど、「なんでも鑑定団」のように店員に説明していく、さすがです。

Menu さて、料理コースは前菜からはじめ見た目もキレイで旨い。たっぷりと味わいました。

そしていつもはデジカメ撮るの忘れて食べ始めちゃうのだけど、今日はしっかり撮りましたよ(笑)

美味しかった、ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

「和の会」展ー最終日

アッという間に一週間が経ち、疲れました~。立ってただけなのに…気疲れです。(笑)

今日は会期中に来られた方の紹介や、知り合いを連れてもう一度訪れた方が多くて感激しました。日曜日のこの道は殆んど人が歩いていない場所なのに、朝から訪れる方が止みません。

Innerでも会場は16:00でおしまい、すぐに搬出。片付ける時間は1時間しかないのです。

14:00くらいから片付け始めようという意見もあったけど、終了時間までやることに。
やはり、15:00過ぎると次第に多くなってきました。

最後までやって良かった、と思うや否や、急いで片付けに入る。ありがたいことに、手伝いの方がたくさん来てくれたので何とか搬出終了。

というわけで、おかげさまで無事終了しました。

安先生の日本初の発表会でもあり、第一回目としては大成功と言えたでしょう。

ご観覧の皆様、本当にありがとうございました。
今後とも 「和の会」の活動を続けさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
また、ホームページにも、後日、引き続き更新してゆきますので、こちらもよろしくお願い致します。http://www.wanokai.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

「和の会」展ー6日目

Wa_hasu_2 そういえば、この「和の会」展開催を記念して、
安先生と私の「コラボレーション色紙を1名様にプレゼント」というのをやってます。

5/29が締切り!まだ間に合いますよ~。

応募はこちら→http://mopix.moura.jp/?p=1345
(左の写真のものとは異なります)

ところで、どうしても観に行きたいと言う我が家の93歳のおばあちゃんを、義兄が車で連れて来てくれて良かった。安先生も是非会いたいと言っていたので大歓迎されてました。
93歳といえども身体だけでなく頭も元気。素晴らしい絵をじっと見入って感動してます。

さてさて、今日の夕食はカニ料理、ここの釜飯がまた旨い。

KaniKegani やっぱり銀座はいいね~、良いお店がいくらでもあるから昼食も夜も近くで済んじゃう。
安先生はいつも私の2倍以上食べる!?、毛ガニは殆んど安先生専門でした。(笑)

というわけで、またまたグルメ三昧でした~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

「和の会」展ー5日目

Akahasu_2 安先生の絵は来場いただいた方から、みなスゴイという評判です。やはり日本でやるべきでした。
左の写真の、ボカシのテクニックなどは絶妙です。
ただ、日本での知名度がまだないので、私の書の出品もそれなりに役に立ったかも?(笑)

W_tsuka2_2 今後、書と絵に限らず、例えば生け花と音楽(なんてあるかな?)などいろんなコラボをやってゆきたいものです。斬新な発想、発想ですね。(笑)

Shinkawagashi 夜は大使館の人たちと総勢10人で、日本橋の生ガキ料理屋「新川河岸」へ。私の旧友がやってる店です。
Moutai もちろん料理は旨いけど私は久々にいただける53度の高級「茅台(マオタイ)」が一番!(笑)

皆さん明るくて楽しくて、すっかり打ち上げ気分でした。(^^)v

展覧会はまだ終わっていないのに…m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月14日 (木)

「和の会」展ー4日目

今日は朝から画廊に行けません、午前中は東大病院の予約日です。

Qa_book_2 今まで検査した(胃カメラ、腹部超音波、胸部レントゲン、大腸内視鏡、MRIほか)全ての検査の結果発表です。

それにしても良くいろいろやったもんだ。(笑)

結果は…、大きな問題は無し!
ただ一つだけ、ピロリ菌という胃潰瘍などを再発する菌がいそうな反応があるので、抗生物質をくれた。1ヵ月後に検査して死んでれば最終OKとなる。
検査はまだ終わらないのです~大変だ~。

なぜか今日はスゴイ混んでいて3時間近く待たされた。それから会社に戻って雑用を。
結局、画廊に着いたのが16時頃。

今夜はお友達と夕食の約束なので、画廊に来てくれたあと安先生たちとは別行動。

Sakai_cd すぐ近くに100年やってる?というお蕎麦屋さんがあって、そこへ行きたいそうで…。
この画廊もそうだけど、ブランド店が押し寄せる中、老舗もしっかり存在するのが銀座の良いところ。
さすが老舗蕎麦屋の味は乙。私はもともと蕎麦屋で熱燗、が大好き。
楽しく食べて飲んでるうちに、去年教えてもらった堺正章15年ぶりの曲「時の忘れ物」のCDをプレゼントしてもらっちゃいました。

この歌、まだ覚えてないんですよ~!うれしい!
ふと気がつくと、今日の午前中の不安と午後の楽しさ、落差がありすぎです。

本日は展覧会とあまり関係ない話題でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

「和の会」展ー3日目

お客様のお相手の最中、昼食はスッといかねばなりません。

Ishingo1 今日のお昼はどこへ?安先生たちにこの画廊からすぐ近くにある中国料理店、「維新号」を教えました。(正確には号の右に虎がつく字)

ここは饅頭ランチがおすすめ!
昭和23年に饅頭屋として銀座に開く前も入れると100年の歴史がある店で、魯迅や周恩来首相もこの店を日記に記したそうなのです。

Ishingo2 安先生は店内を興味深く観て回っています。

そのうち、安先生の師匠である張大千の作品を見つけ、本物と知って、ここのオーナーが感動していました。味は昔からの中国の味に近いそうで、ランチ値段は安くて手ごろです。

帰ってくると、産経新聞を見たという方が何人も訪れています。まだまだ新聞の力は強い。

W_an1 ところで、会場のスペースに対して安先生の作品の数がスゴイ。
搬入の時、私の書作品を飾るところがなくなっちゃう!
W_tsuka1って心配してたら、自分の作品をぎっしり詰めてしまって、ちゃんと私の場所をしっかり作ってくれたのです。そこが先生の優しいところ。
これまた感動でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

「和の会」展ー2日目

Movie_2 おー早い!昨日のオープニングの様子が中国ニュースに動画で載ってます

また、産経新聞には、写真入で取り上げられたそうで、話題になっているようです。

安先生の作品は、誰もがと言って良いほど皆さん感動します。
日本人がイメージしている水墨画ではなく、現代的で、こんな色使いは今までにない。
美しい線質は繊細かつ力強く、ボケ味のテクニックは専門家も閉口してしまう。

原画を見れば誰でもうなりますよ、
蓮と虎の絵が多い中で、京都、浅草など日本を描いた作品は日本画とは違う魅力があります。白川郷を描いた作品には力強さが溢れ感動しました。

Sho_hanaLark_hana日本で初の価値ある発表会と言えるでしょう。

ところで私には、銀座のお店からお花が二つ届いていましたよ~(笑)

さて、今夜は何処へ?肉を食べたいと言うから、新橋の焼肉屋でも行きますか~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

「和の会」展、いよいよオープン!!

An_speach今日から一週間、「和の会」展が始まりました。

午前11:30からオープニングセレモニー、どのくらい来ていただけるか前日は少し不安だったけど、偉い方々が続々と到着。ビックリです。

中国大使館公使(大使代行)と外務省の方からご挨拶、テープカットで始まり、後から外務省アジア大洋州局参事官も到着。
無事にスタートを切ることが出来ました。

参列くださった沢山の方々や報道陣の前で、私も挨拶。数社の取材も受けました。(笑)

Interview2また、この画廊は昼間は殆んど人通りがないので、道路に溢れた人々を見て近所の人が何事かと驚いていたようです。月光荘のオーナーもビックリの大盛況でした!

お運びいただいた皆様、本当にありがとうございました。
☆--------------------☆

Set 夜の部(パーティー)では、何と、元自民党幹事長はじめ国会議員の方々、各界の著名人たちが駆けつけてくださり、丁寧なご祝辞。私もお褒めの言葉をいただいちゃいました。(^^;ゞ
An2shot_2 さすが安先生はスゴイ!今更ながら恐縮しちゃいました。

それにしても、狭い会場に作品がぎっしりと展示。ちょっと多すぎたような…(笑)

という感じで盛大なスタート!今日は疲れました。また明日〜(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

東京下町案内-その2

中国のTV報道陣一行(6名)を東京案内して今日で3日目。

Kabukiza 10:30、彼らが泊まっている汐留のホテルへ迎えに行くと、御殿場プレミアム・アウトレットへ行きたいという!
しかし、今日は明日から始まる個展(「和の会」展)の搬入で16:00には銀座・月光荘画室に着いていなければならない。

どう考えても今からじゃムリ!「昨日言ってくれよ!」と言う感じで説得したけど、聞かない!駅員に説得してもらったらようやく聞き入れてくれた!

困ったもんだ。(笑)

手短かに新橋から、歌舞伎座を通って、築地のすし屋へ連れて行くことにしたのです。
しかしその途中、また別の店に入って色んなものを買いあさってなかなか進まない。
後で聞いた話だけど150万円の腕時計も買ったらしい。
とにかく中国人の格差は日本人の比ではない。普通の彼らがこんなのだから大金持ちも日本の比ではないらしい。

Sushi 築地のすし屋といえば「江戸銀」だったけど、今や「すしざんまい」という店がその周囲を何軒も取り囲んでいる。完全に負けちゃいましたね。

そこでまたまたビックリ!

セットで頼んだものに手をつけたばかりなのに、にぎり寿司をどんどん追加。テーブルに置けないほど寿司で満員。
それだけでない、こんどは白いご飯がほしいと言ってどんぶり飯3つ追加。

すし屋でどんぶりご飯頼むかよ~!

まあ、みんな明るいから良いけど、酒の量より食い気がめちゃめちゃでした~(^_^;)
その後、銀ブラさせることにして、私はさっさと月光荘へ…。

いよいよ明日から一週間、「和の会」展が始まりま~す。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

東京下町案内-その1

来週からやる個展(「和の会」展)のため、中国のTV報道陣一行(6名)が成田に到着。
東京案内を頼まれちゃいました。(笑)

Akiba 候補地は秋葉原、上野、浅草、皇居、銀座、六本木、新宿などの他、日光と御殿場も。

東京だけならと、引き受けました。

一昨日の初日の夜、まずはやっぱり秋葉原が希望。単なる観光と思ったら職業柄、部品屋を中心に見ていました。

そして今日の午後、日光から帰って来た一行を浅草に案内。

Asakusa2雷門まで迎えに行き、仲見世など一般コースで充分。中国の人が興味を持つのはちょっと違って面白い。
それより、なんといってもこの一行は食べる、飲む。日本だったらみんなメタボに引っかかりますよ~。

Monja 高級レストランよりお好み焼き屋に案内。支払いはしてくれるんだけど、これのほうがお金かからなくて良いし、と気づかい。
しかしスゴイ、いくらでもペロリと食べて次を待つ。熱燗はお店のお銚子が足らなくなるほどお代わりの連続。

でも気に入ってくれたんでしょうね~。あとは汐留のホテルまで見送り、さよなら。

展覧会が始まるまで、まだまだ続くのです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

神田祭り

ここは神田多町(たちょう)。我が事務所の入り口付近を先週から工事しているのです。

Kandasai2道を通れなくしているので何かと思ったら、神田明神、神田祭が明日から始まる。
そして、ここは我が町内会の神輿が出る場所のようです。
去年はこんなに大きくやってなかったので本祭りかなと思って聞いたら、2年に一度らしい。
三社祭より早いんですね。

私の会社は一昨年の暮れに引っ越してきたばかりなので知らなかった。

Kandasai1ポスターの前にいる人のはっぴに「多弐」って書いてある。(写真)

多町二丁目という意味でしょうか?
ここの祭りは是非見たいものです。

しかし、残念、私は展覧会の準備と、中国からのお客様の接待をするのです。

音だけでガマンしました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

MRI検査の日。

ゴールデンウィークは来週からやる個展(「和の会」展)の準備に追われ、あっという間に過ぎてしまいました。

そして、連休明けの今日、午後2時に東大病院へ…、2ヶ月前から予定されていたMRI検査です。
これは初めてだけど、4/13にやった大腸内視鏡検査の日よりは緊張していませんでした。

やる前に渡された質問表を見ると、「入れ歯があるか?」とか「身体に金属類が入っているか?」などあって、最後に「閉所恐怖症か?」なんて項目があるのに不思議な感じがしました。

私は全てNOにチェックしたが、検査機の中に身体を入れてみて最後の質問の意味がわかった。

これ、閉所恐怖症の人にはムリかも!?
顔から天井まで10cmくらいしかない。この中に20分以上入るのです。
閉所恐怖症ではない私でもちょっと怖くなった。

しかし、そこは気の持ちよう。宇宙旅行のカプセル内と思えば楽しいもの。(笑)
「しばらく普通に息をして良い」と言われた時は、一瞬眠ってしまって自分のイビキで目が覚めた。

まあ、余裕のひと時でしたが結果は来週。こっちのほうが怖い?!(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

個展の準備-その4(ホームページが出来た)

5月に入り、(「和の会」展は)いよいよ11日から。
「和の会」のホームページも出来ました。

Waposterと言っても、今のところ殆んどが展覧会のお知らせですが、内容が良くわかります。
安雲霽(あんうんさい)先生の写真紹介も出るからお楽しみ…(笑)

そして今朝、ポスター(A3)の印刷が出来上がってきました。(ご希望の方に会場で差し上げます)
その後、お昼時間に新宿の世界堂へ。私の作品の額装と前日の搬入を頼みにです。

着々と準備が進んでいます。(^^)v

会場の月光荘画室2は有名な老舗画廊なのだけど小さいので、日本で始めて個展をやる安先生をメインにしてます。ご本人張り切ってるので会場にそんなに貼れるかなー?というくらいたくさん描いてきた。中国で作品集も印刷してきちゃってるのです(スゴイ!)

WaWanokai_2 私のは色紙大の小さい作品が殆んど、それでも20点出すから、そんなに貼れるかな~?(心配…)
写真の2点は、ポスターや案内状などに使った「和」と「和の会」。他のと区別するために自分で額装しました。

これはこれで、なかなかいいでしょう。(笑)

しかし、これで準備完了ではない、前日の(10日)の搬入までにやることがいっぱい。
(ゴールデンウィークで良かった)

つまり、まだまだ忙しいのです~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »