« 日本の美・発見!水墨画展へ | トップページ | 宿の大広間で絵と書の競演。 »

2009年5月30日 (土)

青梅・御岳山(みたけさん)へ

御岳山(御嶽山)は、今や外国人に超人気の観光スポットです。
Mitakesan1 東京都でありながら古い民家が残り、常に霧がかかった美しく幻想的な世界、そこにある御嶽神社は紀元前創建された関東随一の霊場だそう。

中国人である安雲霽先生から「とても良い所だから」と案内されるなんて、東京人の私としては変なもんです。(笑)

正直言うと「そんなに良いところなのかな~?」と不信でした。

Bus 東京駅に集合。9時2分発青梅行き~乗り継いでJR御嶽駅で下車。その後バスとケーブルカーで…ようやく御嶽山駅に到着。
宿のご主人の息子さんが車で出迎え、スゴイ運転技術で細く険しい坂道を一気に!

だんだんと不思議な景色になってきました。
同時に、この辺から驚きの連発が始まったのです。

Sanrakusou1 到着したのは「山楽荘」という宿、ここには逗留した文人墨客が残した書画が館内随所にさりげなく飾られていて、まさに美術館なのです。
巨匠北村西望、文豪吉川英治の名作はじめたくさんの芸術品が客室にまでギッシリと。

Tsuka2Ankaisei 安先生が私を誘ってくれた意味がわかりました。

それだけでない、宿の中を見た後、近くの御嶽神社へ連れて行ってもらうと、ここもまたスゴイ!国宝級の宝物ばかり!
やっぱり来て良かった~。

宿に戻るとご主人が、大広間で私と安先生に書と絵を自由に描いて欲しいという!
こんな広いところを使っていいんですか!?…

で、明日に続きます。(^_^;)

|

« 日本の美・発見!水墨画展へ | トップページ | 宿の大広間で絵と書の競演。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/45214558

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅・御岳山(みたけさん)へ:

« 日本の美・発見!水墨画展へ | トップページ | 宿の大広間で絵と書の競演。 »