« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

中国茶の無料講座

先月発足パーティに行った「日本中国茶文化鑑定師協会」はまだ準備段階で、その間に、しばらく無料講座を続けて中国茶の理解を広めたいそうです。

Chakiその発足パーティに連れて行った私の友人から、今度は逆に一緒に行ってくれないかと誘われちゃったのです。(笑)

実は私は、去年別の関係から(有料)講座を受けたことがあるので、その時の先生も、ここの副理事長(女性)も知ってるのです。
(写真:左端が中国茶の先生、若いでしょ↓)

3shot_2 おそらく日本の人は、飲み方やマナーの実技が中心だと思うでしょうが、それより前に、お茶の種類がなぜ4,000種もあるのか?を、歴史・文化・経済を交えて講義を受けるんです。
それをも踏まえて4級~1級までの資格試験があるという。

この辺を日本人に伝えて理解してもらうのは難しいでしょうね~、
ダイエットに良い!とかのほうがピンとくると思うんだけど…?
中国人って、こういうところが意外と論理的なんです。

やっぱりマーケティングが必要でしょう。
同行した友人は料理関係の出版プロデューサー、この辺を真面目に考えていました。

帰りのビールも話題はこのことが中心、色々考えるところ多し、でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

四川大地震記録映画

私が書いた(揮毫した)映画のタイトル「風を感じて」が、スクリーン一杯に出ます。
そのホームページが出来たと連絡がありました→http://www.voiceofchina.jp/kazewokanjite/

Movietitle 先日、試写会に呼ばれ見てきたけど、テーマ曲が新井満さんの「千の風になって」です!
中国映画だと思われそうですが、監督は日本人の若い女性、プロデューサーの黄さんも片方の親が日本人。

日本人の救援活動が中国人たちの心をうつという、悲惨な災害を、逆に日中友好の架け橋にしてしまう、今までにない感動です。

記録映画でお金をかけていないぶん素朴なつくりですが、私も心が打たれました。

観る価値アリ、DVDも来月発売されるそうです。

中国版のHPは準備中になってるけど、中国語でもタイトルを書いたので、
私としてはそれも楽しみです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

鹿児島産・黒豚しゃぶしゃぶ

私の誕生日は先週だったけど、毎年祝ってくださる方が仕事の合間を縫って今日やってくれました。

Atago先ずは、なぜか愛宕神社へ行きたいという。
愛宕界隈は、仕事で毎日のように来ていた時代があるので懐かしいです。
八十段以上ある急な階段を登り、お祈りしてから向かったのが、すぐ近くにある「新橋・ぜん」。
この店は最近友人に何度か連れて来てもらったので知っていました。

Kurobuta黒豚しゃぶしゃぶというのがいいですね~(笑)

Collagenコースで頼んだほうが、特選お造り、旬の料理などが先に出て来るのでお得かも?
そしてスープがなんと!
【健康・美肌に効果抜群!】コラーゲン入り秘伝のスープ、だそうで、目の前で仲居さんが塊を入れてくれます。→
(写真撮るの忘れたのでウェブからお借りしました)

Fromrina_2お酒はやっぱり薩摩の芋焼酎がいい。

そういえばプレゼントは…?!
←そうだ、これも薩摩の芋焼酎、偶然か?

2週間前の福岡出張の時に買っておいてくれたそうで、多分こっちのほうが旨そう。

いつも私の趣味をわかってくださるし、ちゃんと覚えていてくれて感謝感激。
誕生日祝いはいつでも嬉しいものでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

「梁祝」舞台のイメージ画像

秋から公演するという、この舞台の進捗を、毎度「梁祝」ホームページで紹介していますが、宣伝用のイメージ画像が送られてきたのでサーバアップしました。
詳しくはこちら>>http://www.liangzhu.jp/geki-13.html

Imageキレイですね~、私が書いた『梁祝』の文字を使ってくれてます。去年大きい紙に書いて差し上げたもの。
そしてこの物語の最後に出てくる蝶々が上手くマッチしている。
こうやってみると、この文字もなかなかいいもんですね~(笑)

ところで、今日の夕方から「梁祝文化研究所」の会議を私の事務所でやることに。
北京から支局長も出席されました。
テーマは、この舞台の応援をいかにするか?
しかし「梁祝文化研究所」といっても、今のところ親睦会と、私と会長で毎度HPやブログの更新をしているくらい。

そんなところに、自ら舞台で広めたいというグループが現れ、驚くような盛り上がり。

私は広報担当部長として大いに協力してあげたい。
そんな風にプラス思考で行くべきと思うのだけど慎重な人もいる。
ここがボランティア活動の難しいところ…。

長引く会議は、近所の居酒屋「三州屋」へと移動。
結論的には、渡辺明次会長の決断に賛同しました。
最近は、調整型のリーダーより、自分の意思を強引にも貫くリーダーが必要という。
北京支局長の鋭い意見にも共鳴。本日はなかなか身のある会議でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

書の講演

今日は「書」の講師なのです。6/6に紹介した神奈川県の「日中友好クラブ」へ。

Kogi1皆さん書道の生徒ではないし、中国に長けた方ばかりだから、何をテーマにしようかと考えた末、『日本の書、中国の書』にしたので、その比較年表を作って来て配りました。
我ながらしっかりまとめたと自負しています。市販されている本などよりずっとわかりやすくて良いかも?(笑)

Kogi3_2 「書」を通じた日中の長~い歴史を知ると、これからの両国の発展に欠かせない大事なものが見つかると思いますよ。
ゆっくり話してたら、とても1時間じゃ終わらないのでハイピッチで4,000年?を話しちゃいました。
2時間目は実技。

Jitsugi1 そこで私の持論。お習字教室は必ず「楷書」から教えるけど、私は「ひらがな」から始めて筆に慣れた方が良いと思っているのです。
英語教育でいえば、文法からか会話からか?ですかね?
私はこうしちゃいけないと言う教え方が嫌いで、書いてきた手本を配ると皆さんとても熱心、自由に書く楽しみでしょう、いつまでもヤメません。

Work1 その間に私は、文字を書いて欲しいという方に、その場でお好みの文字を書いて差し上げました。(ケイタイ電話を文鎮代わりにしてるのがいいでしょ(笑)→

下の写真は、NHKの「天と地」の「愛」を書いて欲しいと言われて、あれと同じではしょうがないので、古典の隷書からイメージした私なりの「愛」を書くと、いちおう?満足していただけました。(笑)

Work3また、以前に書いた色紙を買ってくださった方も!
気がついたら、終了時間が過ぎている!あっという間の2時間でした。

終わって皆んなで居酒屋に行くのがまた楽しみ。
皆さん本当に熱心です。人数は少なくても気持ち良いものです。
一人一人からお礼を言われ、「こちらこそ!」という気持ちで一杯でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

東京イラストレーターズ・ソサエティー

略して(TIS)、日本の代表イラストレーターたちの会と言えば良いのでしょう。

Tis 仕事がら私と同じ会社出身とか、仕事で携わったイラストレーターたちの作品を久々に観賞してきました。
チケットがあると言って誘われた時、なぜ会場が「たばこと塩の博物館」かわからなかった。
渋谷公会堂のななめ向かい、何でここでやってるのか…?

後でわかった。

「たばこと塩の博物館」主催、最初のコラボレーション企画なのですって。
ということで、テーマは「わたしの句読点」。つまり「いっぷく」とか「ひといき」という意味。170人のイラストレーターが出品してました。

イラストレーターそれぞれがテーマに基づいてイメージを膨らませるので、その発想力やユニークさを見るのも楽しいものです。

それにしてもなんとも懐かしい方々がたくさん、会いたい人ばかりです。
久々に彼らの作品を観て、思うところ感ずるところさまざまでした。
私はイラストはへたくそだけど、創作するのは同じ。よき勉強になりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

神田多町(たちょう)という町

今朝の日経新聞「生活のレシピ・まちストリート」という連載コーナー。我社の町を取り上げてました。

Tacho1 赤坂から引っ越して1年半になるというのに、この町のことを殆んど知らない。
「たまち」じゃなくて「たちょう」です。私も最初、読めなかった。
この神田多町は、400年前の江戸開府時に誕生したんですって!!
そして関東大震災で秋葉原に移るまで、幕府御用の青物市場(やっちゃ場)があったとか。
Tacho2 さらに江戸っ子「神田っ子」気質は、この「やっちゃ場」が培ったものだそうです。

確かに古い家がいくつもある、すごく小さい町なんです。多町通りを挟んで左右の僅かな土地だけが多町。
Tacho3 何と、木造3階建てのこの家は国登録有形文化財なんですって→
土地バブル期の地上げに応じなかった家が多いそうで、それは江戸っ子の頑固さ?!いいですね~。(笑)

神田駅前の賑やかさが一瞬静かになる場所で、住み居心地はとても良いです。
記事を読んでるともっと驚くことがたくさん、そして出勤途中で確認しながら写真を撮ってきました。
実は私も下町なんだけど、これほど江戸っ子ではない。

良いところに居るんだな~って、今頃感じました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

子供達からのプレゼント

今年の誕生日は、去年と比べたら静かなものでした。でも感謝、感謝です。(笑)

Birthday1 もう結婚して家を出てしまった娘と息子から、ちゃんと届いていました。

プレゼントを聞かれても特にねだる物はないので、ちょっと高めの芋焼酎で充分。
いつもはそう言ってるのだけど、今年は、なぜか二人とも息を合わせたようにシャツとバッグでした。

そうね、カジュアルウェアはあまり持ってないので良かった。
ちゃんと覚えていてくれるのは嬉しいことです。やはり誕生日はいくつになっても喜びと感謝を忘れないことです。
なんて…、喜びと感謝の日記でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

「梁祝」舞台とバレエの‘コラボ'が決まる!

5/22の日記で紹介しましたが、梁祝(リャンチュウ)愛情故事の舞台公演の日誌。
その第11話はバレリーナの大徳隆子さんの記事。

Ballet 写真と原稿が送られてきたので、いまホームページにアップしました。
Daicyan_2 バレリーナの大ちゃんこと大徳隆子さんは、ほんの3ヶ月前に「梁祝」が好きで、と、我々と交流を持ったとても美しい方。この方もこの舞台に出演することが決まったそうです。
ということは、「梁祝」戯曲の作者、古野さんはスゴイですよ、
シナリオはとっくに出来て、オーディションで役者も決まり、既に稽古を始めているのに、そこに突如、バレエを入れるんですから!

この頭の柔軟さ!いいですね~。
頭の堅い監督やプロデューサーだったら、こんなの論外でしょうが、そこがイイ!

いろんな仲間がたくさん集まって、だんだん面白くなってきました。(この秋、公演予定)
私だって出演?するんですよ~(笑)

喜んで、早速HPに更新をしてあげました。(^^)v
●大徳さんの詳細はこちらをどうぞ→http://www.liangzhu.jp/geki-11.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

誕生日は来週。

Torishige_2銀座クラブ「翔」のママと食事の約束。

今日はどのお店もスゴイ混んでます。30分待ちと言われてとんでもない!
と、あきらめて行ったのが、銀座6丁目の人気焼き鳥屋「鳥繁」。しかしここも満員!でもこの店はママの顔が利くので、少し待っただけで「特等席へどうぞ」ですって!「特等席」って何だ??

焼き鳥はもちろん旨いけど、なぜかドライカレーがある。これは鳥の風味が最高に美味しいですよ〜。鶏スープがこれまた何とも…です!

Presents_2 さて、「翔」に着くと、既に予約がたくさん入ってるそうで!良かったですね〜。
いきなりママがプレゼントを!
私の誕生日は来週なんだけど…ちゃんと覚えていてくれたんだ〜。感激です。
そしてさらに感激は…、なんと!お店の女の子からもプレゼントが!

そんなつもりはなかったんだけど、テーブルにはプレゼントの山!(ちょっとオーバー)。

ありがとうございました。とっても嬉しいです。m(__)m
来週はとうとう誕生日、不況にめげず現役で頑張ってま〜す。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ひとり酒。

ブログには仕事のことを書かないので、「お習字ばっかりやってて本業は引退したの?」
なんて言われる。(笑)

ちゃんとやってますよ、今日は携帯コンテンツのプロモーション企画頼まれていて会社に泊まっちゃいました。徹夜はしてないけど、プレゼン前になると深夜に集中してくるのです。若い頃からのクセがどうしても抜けなくて…、昼型に戻りたいんだけどどうもダメ。

Noro 夕方、頭を切り替えたくなって1人で飲みに行くことに…。

こんな時、私には長年行きつけの気を使わないお店があるのです。
銀座のはずれの、はずれの、スナック。

早く行ったので私が一番乗り、ママがずっと話かけてくれる。そのうち他のお客さんが入ってきてもマスターにまかせっきり。
私としては嬉しいんだけど、この店はママと話したくて来てる客が多く、気を使って適当にお店を出ました。

ところで、店を出るタイミング、それが難しい。
「チェックして」なんて言うと、ママは、まだ早いと言わんばかりに聞こえないふりをするんです。そこでずっと昔から決めちゃったのは、支払いはツケに。もちろんサインなどしないからスーッと消えちゃう。

後から、追いかけてきました~。でもいいんです毎度のことで…m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

快適ウォーキング!?

日曜日の今日は昨日までとうって変わり、朝から晴れ上がり、家にじっとしていられなくなってウォーキングを始めました。(笑)

Hibiya1 といっても、平日のコースにほぼ近い「日比谷公園~皇居周辺」のわずか2.7Km。
なぜいつものコースか?というと、通勤定期が使えるところしか行かないから。(セコイ!)
新橋駅で降り日比谷公園の噴水まで時速6Kmのスピードで歩くと、今日は半そでシャツでも暑い!
ベンチに座りマイナスイオンを浴び、15分の休憩でした。

Uchibori その足で、二重橋に向かって行くと自転車だらけ、本格的な人から家族揃って楽しんでる人たちまで大勢。ボランティアがちゃんと交通整理してるんですね~。
信号無視したら怒られた!

今日は散歩気分のウォーキングだったのに汗びっしょり!
この暑さ、真夏になったらどうしよう!?
仕事が終わってからやるのは絶対イヤだし…(飲みに行きたくなっちゃうし…)
今後の大きな課題でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

書道の講師。

神奈川県の「日中友好クラブ」という会に幾度か顔を出しているうちに、来る6月21日、「書」の講演を頼まれちゃいました。チラシが届いたので紹介します。

Leaf_2 この会は毎月いろいろなゲストや講師を呼んで続けており、5周年を迎えたそうです。
東京から参加している会員も多く、大変熱心な会で毎度20人以上集まります。
殆んどが日本人だけど皆さん中国には詳しい、その知識には私などとても及びません。(笑)
飛び入り参加大歓迎!ということで一応お知らせします。(^^)v
1.日時 :6月21日(日) 14:00 - 16:00
2.場所 :高津市民館 第2会議室(溝口駅前の丸井11階)
(川崎市高津区溝口1-4-1
電話:044-814-7603)
3.内容:日本の書、中国の書
講師:塚越 誠(梦羲)(好きな文字の書がもらえます)
書道家/日中文化交流の会・日本代表
4.参加費:一般 1,000 円、学生無料
5.連絡先:楊 英華(クラブ代表) E-mail :yoeika3939@yahoo.co.jp
・  ホームページ :http://www.jc-youhao.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

トートバック展の案内状。

5/27に書いた「私だけのトートバック」を出品したら、今日その連絡が来ました。

Totebagexh_3 以下転載--
オリジナルトートバック展に参加されるアーティストの皆様
作品搬入お疲れさまでした。
事務局の方で、作品、プロフィール、返送用伝票のチェックを開始するとの連絡が入りました。確認が必要な事等ありましたら、またご連絡させていただきます。
DMの方も印刷段階にはいりましたので、PDFファイルをお送り致します。
各自お知り合いの方にメール等にてご連絡ください。

--中略--
今後は長野の主要メディアへのプレスリリースを配信予定です。
以上よろしくお願い致します。

Waraku_2 私のはオモテとウラに「和」と「楽」を書いて出したんだけど、値段を自分で決めるんです!

売れなければ、このあとニューヨークでやってくれるんだからいいね~(笑)

まあ、絵じゃないけど、ちょっと目立つでしょ!(^^;ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

相模原で老舗のお店?

昨日のつづき…、

安先生の奥様の地元、相模原に一泊することに。
御岳山から相模原へは、電車の乗り継ぎが多いけどわりと近いです。駅近くのJNファミリーという、フィットネスジムや大浴場サウナも利用できるホテルにチェックイン。

夕食は、相模原駅近くの「鳥忠・さがみの亭」というお店だそうで、叔父さんご夫婦が先に行って待っていてくれました。

Ryomaここでも、ビックリすることが!

二階の個室が満員でとれなくて残念だけど…、といいながら、安先生に勧められ、二階の部屋を覗きにいくと、なんと伊藤博文の写真と直筆の掛け軸が!坂本竜馬の写真と掛け軸を飾った部屋もある。

Hirobumi_2 何だろうこの店は?
この土地で50年もやってる老舗で、当時は周りが田んぼだったそうです。確かにこの辺は新興住宅地。
田舎に行くほど?価値あるものがさりげなく飾ってあるんですね~。

なんて、感慨に耽っている場合じゃない。今朝になって気がついたら今日は月曜日。
のんびりもしてられないので、ホテルで朝食を済ませ、私は一人で出勤です。

ここから神田のオフィスまで1時間強、大変充実の二泊三日、久々の小旅行でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »