« 神田多町(たちょう)という町 | トップページ | 書の講演 »

2009年6月17日 (水)

東京イラストレーターズ・ソサエティー

略して(TIS)、日本の代表イラストレーターたちの会と言えば良いのでしょう。

Tis 仕事がら私と同じ会社出身とか、仕事で携わったイラストレーターたちの作品を久々に観賞してきました。
チケットがあると言って誘われた時、なぜ会場が「たばこと塩の博物館」かわからなかった。
渋谷公会堂のななめ向かい、何でここでやってるのか…?

後でわかった。

「たばこと塩の博物館」主催、最初のコラボレーション企画なのですって。
ということで、テーマは「わたしの句読点」。つまり「いっぷく」とか「ひといき」という意味。170人のイラストレーターが出品してました。

イラストレーターそれぞれがテーマに基づいてイメージを膨らませるので、その発想力やユニークさを見るのも楽しいものです。

それにしてもなんとも懐かしい方々がたくさん、会いたい人ばかりです。
久々に彼らの作品を観て、思うところ感ずるところさまざまでした。
私はイラストはへたくそだけど、創作するのは同じ。よき勉強になりました。(^^)v

|

« 神田多町(たちょう)という町 | トップページ | 書の講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/45390449

この記事へのトラックバック一覧です: 東京イラストレーターズ・ソサエティー:

« 神田多町(たちょう)という町 | トップページ | 書の講演 »