« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

銀座のはずれの盆踊り

今週は日曜日から仕事やってたので、今夜はちょっと休憩です。

Bonodori1いつものスナックへ向かう途中、太鼓の音が…!
やってました盆踊り!

銀座1丁目、新富町などの町会が合同でやってるだけあって、スゴイ人です。

今日から3日間らしい。

ここは元京橋小学校で、子供が減って廃校になった筈なのに、子供達もたくさんいるではないですか。

Bonodori2_2 まさに老若男女、4重の輪になって踊ってました。

私は、そこそこ眺めただけでスナックに到着、ドアを開けるとママ一人しかいない!
そうなんです、店のマスターも常連のお客さんも盆踊りを手伝いに行ってるのです。

銀座といえど下町、こんなところが下町人情たっぷりで良いですね~。

他の客が入ってくるまで、私はママと二人でカラオケの練習。

そして、9時半を過ぎると浴衣姿のままの常連客がどっと帰ってきました。
私にとって久々の顔ぶれが一堂に!

1人で飲みに行くといつも必ず何かある…、
今夜もまたまた予期せぬ出来事でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

ウォーキングルート変更

私のウォーキングコースで一番多いのは、出勤前に新橋駅で下車し、日比谷公園から皇居を周り神田まで。

Zojojo でもやっぱり夏は暑い!

そこで、今朝はちょっと変えてみた。

先ず、1時間早く家を出る。いつもよりいくらか涼しい。

そして、ルートも変えてみました。
浜松町駅で下車、芝大門から増上寺へ向かい芝公園を通り…というように、なるべく緑が多いところを歩く。

なんとなく気持ちが良いので、スイスイ歩けました。

でも…!

やっぱり都心だから、すぐにビル街と人ごみに出くわす。
やっぱりダメだ、暑~い!ので新橋駅で電車に乗っちゃいました。

どうすりゃいんだ!?

夏の間は出勤前はやめて、土日だけランニングウェアに着替えてやりますか。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月28日 (火)

定年退職後に「光り輝く」方-その後。

2年半前に『定年退職後に「光り輝く」方を紹介』という記事を書きましたが、
元私立高校の先生、渡辺明次さんが今度はスゴイことになってます。

Watanabe 中国の大学から日本語学部教授に推薦され、来月から赴任することになったのです。

そもそも高等学校を定年退職後、北京外国語大学に留学し卒論が本になり、それ以来、中国4大愛情故事の研究に取り組みました。

「梁山伯と祝英台」3部作と「孟姜女口承伝説集」を発刊、さらには「七夕物語?」まで書き上げちゃったそうです。

その間、本の売り上げを気にしながらも、自費で現地取材を十数回繰り返し、退職金も使い果たしたというから、並な人ではないです。
現在は「七夕物語」を出版するための資金が足りず、就職口を捜していたところの朗報でした。

とは言えカンタンではありませんでした。
やはり68歳という年齢がネックだったようです。そこを、たくさんの方々がひと肌脱いでくださり、ようやく就職が決まったのです。

おめでとうございます。

私からみて、どちらかというと人付き合いは器用でない方。
やはり人生、『金』ではない!『人』ですね!(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

4歳の誕生日祝い

Cake_3娘の子の4歳の誕生日祝い。

誕生日は先週だったけど、今日、父親の横浜の実家でお祝いしました。
まだ3歳だと思ってたら、たった一歳で一気に変わりますね。
私の場合、たまにしか会わないのでちょっとビックリです。

Pcしょっちゅう会ってる人にはわからないでしょうが、これもまた良いもんです。(笑)

パソコンに向かってる写真なんか、決まってるでしょ!
やらせじゃないですよ、でも、デタラメに遊んでるだけ。
こわれちゃうから、そこそこで止めさせました。

というわけで、本日は爺バカでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

新人演歌歌手

夜、銀座8丁目を歩いていたら、コンビニの角でキレイな演歌歌手が立ってた。

女性マネージャー?と一緒にラジカセをかけながら宣伝してたので、酔った勢いでCDを買ってあげると、ついでにサインもしてくれました。(笑)

Sakura ところで、芸名が「ニュー雪美さくら」。

ニューっていうのは多分、雪美さくらという歌手がいてその二代目かなんかでしょう。

そのへんは全然無知なので検索したら、なんと!同じ「ニュー雪美さくら」がもう1人いるのです。

でも、もう1人の方は、顔をみたらまるでイメージが違う!ずっと年配の方でした。(笑)
そんなのってあるのかな~?レコード会社も違うようだし、きっと関係ないと思う。

本人達、知ってるのかしら?

これは損だ。

東京出身というのが気に入って?早速CDを聴きました。「おんな船」がいいですね!
あと、曲に残るものが何かあれば、もっと良かったかも?

なんて…、音楽評論家やっちゃったけど、頑張ってください。(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

「オリジナルトートバック展」から吉報~(^Q^)/^

前に紹介したけど
世界各国100人のアーティストによる「オリジナルトートバック展」
というのを長野県の松真館ギャラリーでやっていて、今日が最終日。

Waraku現地から吉報が入りました。

私が出したのが売れたそうです!(和と楽を裏表に→)
買ってくださったのは長野県のお寺の住職の奥様だそう。
最終日には安雲霽先生のも売れたとのこと。

売り上げの一部は「長野県みどりの基金」に寄付されるので、私達は社会貢献もできたと言うわけです。(笑)

Works 現地に行ってないので会場の写真を送ってもらいました。

Otherwork みんなスゴイ凝ってるそうで、左の写真は、バルセロナからの出品作ですって。これまた面白いですね~!

なかなか良い展覧会だったそうです。

ところで、これが売れたということは、
11月にニューヨークでもやるそうだから、もう一つ新たに描かなきゃならない。

今度は外国人向けに?何を書こうか?

ニューヨークへは行きたいな~、(ついでにまた個展やっちゃおうかな…?)
なんて、たまにはこんな知らせ!とっても嬉しいですよ~(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

新刊2冊が届く

1冊目は「榊原式シンプル思考力」。
著者は、大蔵省時代「ミスターYen」と呼ばれた榊原英資氏、TVで見ている限り無責任発言と感じることが多くてあまり好まなかったけど、まあ評論家なんてそんなもんだと思って見ていました。

2books でも、この本は私が以前から思っていたことが的中しているので読んでみた。

・アメリカの時代は終わった
(物の価値より、文化、健康、安心へ)
・一流の一個人を目指そう
(サラリーマンの時代は終わり、個人の力を鍛える)
・ムダな買い物はやめる
(消費者から生活者へ…平等で豊かな江戸時代)

この辺から始まって、1時間もあれば読めちゃう。
「シンプル思考力」というタイトルより「日本人よ原点に戻れ」のほうがいいんじゃない?
日本人はもともと「勉強好き・文化好き」の国民性を持っていたそうですから。

売れるかどうかは知りませんが…(笑)

で、同時に興味を持って買ったのが2冊目の「百姓たちの江戸時代」(一橋大大学院社会学研究科教授「渡辺尚志」)。
これから読むのだけど、戦後の歴史や経済成長ばかり見てきた我々には、これもわかりやすく書かれていて良いと思います。

私としては、去年のリーマン破綻ではなく、10年前のITバブル真っ只中の時から、どうもアメリカ的資本主義は良くない、洗脳されたくないと思っていたのでうなずける。

高齢化社会での生き方を考える上でも、学ぶところ大でしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

夏においしい牡蠣

夏の牡蠣といえば…、岩牡蠣と北の牡蠣。私の友人の店「新川河岸」へ。

Menu 北海道・厚岸の牡蠣が旨い、宮城・気仙沼の牡蠣もいい、産地を選べる牡蠣の店という売り込みで、相変わらず大繁盛してました。

暑気払いにいいですよ!(笑)

実は、今日は午後から中国のお客様を東京案内なのです。

中国の人、必ずというくらい皆んな、秋葉原やアメ横に行きたがります。
ゲーム機やDVDなど、欲しいものだらけのよう。

で、六本木・新宿などにも興味があるようだけど、それより浅草や日光へ行きたがる。
何なのでしょう。やはり日本の本来の文化に興味があるんだと思います。

Kaki 今日はそこまで行ってる時間はないので、牡蠣料理の夕食で終わりにしたけど、やっぱり友達がやってるお店はいい。

電話で「これから行くよ」って頼んだのに、我々6人でもゆったりの広い個室を開けてくれました。

そしてここの日本酒は各地の珍しい地酒ばかりで、好みに合えば涙が出るほど旨い!

それなのに…、どちらかというと皆さん食べるほうに夢中?!
私ひとり、ガブガブ飲んでたみたいでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

るみ子の酒

Rumicup これ、行きつけのお店の「るみママ」にもらった「るみ子の酒」。
お店を出るときにそっとくれました。こんなのあるんだ~。

「るみかっぷ」で調べたら、三重県・森喜酒造場、尾瀬あきら氏のイラストだそうだ。
地酒カップシリーズで他にもいろいろ、人気があるみたい。

Rumisho_2同じ名前の本人がくれるところがいい!(笑)

でも、本人は漢字の留美、2.3ヶ月前に書いてあげたのがちゃんとお店に飾ってくれてあります。
名前の下にハートマークを2つつけた、これもいいでしょ。(笑)

ひらがなと違って重々しくなったので、ちょっとふざけた。
こんなことやる書道家いないでしょうね。

好きなことをやってみました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

昭和30年頃の同潤会アパート

銀座3丁目キャノンギャラリーで昨日から始まった「内海三郎・写真展」、案内状をいただいたので仕事の合間に見てきました。(7/15まで)

Canon_gallery_2 同潤会アパートといえば、戦後のテロ事件(社会党委員長・浅沼稲次朗氏が右翼の青年に刺殺された)で思い出すでしょう。

実は私は一昨年まで約25年間、このアパートの目の前のマンションに住んでいたので良く知っているのですが、この深川地区の同潤会アパートは数年前から取り壊しが始まり、その間、カメラマンの内海三郎さん(現在85歳)もご家族も、我が家と同じマンションでした。

会場に着くと、ご本人とお孫さん(娘さん)がすぐに見つけてくれました。
(お孫さんは母親と一緒に5月にやった私の展覧会にも来てくれました)

このアパートは当時は高級マンションみたいなもので、建造物としても残すべき価値あるものらしく残念がった人は大勢います。

私の出身はここではなく台東区だけど、人々の暮らしや服装、子供達の遊びなど同じ下町なので、写真一枚一枚がとっても懐かしかった〜。 この花嫁さんなんて最高!(笑)

違うのはこのアパートの造り?良き被写体なのでしょう。土門拳はじめ著名カメラマンたちも訪れたようです。
私は、始めて引っ越してきた時、正直言って、きったないアパートだなって思ったけど、こうして観ると歴史的にも大変価値あるものだったのですね。

今日は、改めて良き感動を得ることが出来ました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 9日 (木)

目的のあるウォーキング。(笑)

昨日のウォーキングと同じコースを行き、デジカメ忘れて撮れなかった大手門淵の2羽の白鳥を押さえました。(昨日のほうが水面の光がキレイだったような気が?!)

Swanでもいいでしょう、この白鳥はいつもここにいるんです。

マラソンやジョギングとちがってウォーキングが良いところは、景色をゆっくり味わえるし、知らなかった街中の史跡なども発見できること。
まあスローライフってとこですか。(笑)

その後は、竹橋の手前をまわって神田・淡路町まで歩くんだけど今日はここでおしまい。東京駅から電車に乗っちゃいました。
常に定期券が使えるところを歩いているから、どこでも止められるのがいい。

本日は、写真を撮るという目的のあるウォーキングでした。(^^)v

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

梅雨にも負けず、歩け、歩け!(笑)

2月からウォーキング始めて五ヶ月、「毎日やらなきゃ…」ではなく、マイペースでやってるんだけど、この頃は何日もやらないと身体が要求してくる。
1年以上続けてる筋トレも同様、こうなったらしめたものですね。

今朝は眩しい太陽でその気充分。

しかし、家を出る頃に雨が降ってきた、それも風が強い。
ウォーキングだから傘させばいいんだけど、風が強いと傘が気になってストレス感じてしまう。

あきらめて通勤電車に乗ると、新橋あたりで、太陽がまた出てきたではないですか。
これは良い!と、40分間のウォーキング。

湿気は多いけど気分はとってもすがすがしい。
皇居のお堀端(内堀通り)を歩くと大手門に2羽の白鳥がいつもいる。どうやら巣があるそうです!水面に反射した陽の光と白い鳥が美しいので写真撮ろうと思ったけど、デジカメ忘れた。

10時、会社に到着。すると何と!雨が降ってきたのです!それも大粒の!

ということは、私が歩いてる時だけ晴れたってこと?(梅雨時だから当たり前か?)
でも、良かった。
今日は朝から、歩け、歩け!って尻をひっぱかたれたのでしょうかね?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

第29回、練馬区書道連盟展

今日は練馬書道展の最終日。
毎年出品してるんですが、私が見に行くのはいつも最後の日になってしまいます。

Kaijo 今年からこの会の理事になったので、知っている先生達に出品するよう呼びかけたのですが、残念ながらお年寄りの先生達はもうダメだと!(笑)

でも、若い方は出してくれました。中学生の頃から知っている女性と会場で待ち合わせし、先ずはグルッと一周。彼女の作品はとても丁寧な隷書で(私のように乱暴でなく?)、一字一句非のうちどころがなく褒めるしかありません。

Tsuka1 Tsuka2 というわけで、出品してくれる人が少なかったので、私は身を削って?大きいのを2点だしちゃいました。(写真)

最終日はいつも近所の居酒屋で反省会と銘打った打ち上げをやりますが、事務局からの発表では出品者が七十数名、出品点数が九十数点、だったそうです。
例年は百人以上が出品しているので今回は少ない。

その理由としては、今年の2月に28回展をやったばかりというのと、ある社中が別の展覧会と重なって十数人が出せなかったと聞きました。

この会場(練馬区美術館)は広くて安い。だから点数が少ないとスペースがもったいないのです。
もっと貢献しようと、来年のための準備をしなきゃと思いました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

舞台稽古の見学会

今日17:00、鎌倉駅に集合。
10月に日本初公演予定の梁祝愛情物語の稽古を見学する会。というのを企画、
監督はじめスタッフの皆さん快く迎えてくださいました。

All詳しくは>>
http://www.liangzhu.jp/geki-14.html
見学の後に予定した懇親会場の都合で、見学者は10名までと募集を締め切りましたが、なんと!あのジャッキーチェンのスタントマン(香港の韓花さん)も見にきてくれたのです!
(集合写真の上段左端)

古野監督の目が光る中、熱気がこもった稽古です。

有名な役者を頼めるわけではないので、別に仕事を持ってるスタッフの方もいます。

GekiFuruno 毎週末の夜、真剣な眼差しで練習している姿がジーンときました。
私はこういう立ち稽古見るの始めてだけど、本を読んでストーリーを知っているので場面ごとに切り替わる稽古でも、内容が良くつかめました。

実は、私もスタッフの一員なのですよ。裏方(小道具としての書)ですが。(笑)

公演まであと3ヶ月?その調子で頑張ってください~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

梁祝(リャンチュウ)舞台公演のウラ話し。

「七夕」は誰でも知ってるけど、「梁祝物語」は日本では、まだ知られていない「中国4大愛情故事」の一つ。

091003poster これを戯曲にして10月に日本で初公演するチラシが、ほぼ完成状態で送られてきました。(キレイですね~)→
※写真の『梁祝』は私が揮毫した(書いた)文字

後日、この物語の最後に出てくる「梁山伯の墓」という墓石の文字も頼まれたので、さっき郵送しました。高さ2メートル、しかも紙じゃなくて布に書くから結構キツかった~。(笑)

演出家から頼まれたのですが、同時に「塚越先生が、今までに書かれた掛け軸があったらお借りできませんか?舞台の家屋に小道具として飾りたいのです」と聞かれました。

そこで私が返事をしたのは、「そんな関係のない作品を飾るのはやめて、この物語には重要な漢詩がいくつも出てくるではないですか!それを新規に書きましょう、些細な部分も本物で行くべきです。」

なんて返事をしてしまったら、先方喜んで「役者が台詞でしゃべる有名な言葉を掛け軸にそっと筆書きしておくアイデア、素晴らしい!それをさりげなく飾っておくわけですね。まるでダビンチコードですね!」

またまたお人よしを?やってしまったから大変。
墓石の他に漢詩を2種類、掛け軸の大きさで書いて一緒に送ったのです。

あくまでボランティア、でも良いですよね~、この舞台の演出家はじめキャストの皆さんとてもステキです、みんな商売抜きのボランティア。
こんな雰囲気だから私の書もお金じゃなくて少しでもお役にたてれば嬉しいんです。(^Q^)/^

ところで今週の土曜日、その稽古中を見学する会を企画したら、参加希望者が大勢で、2次会の懇親会は本日を持って締切りにしました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »