« 芸術とスポーツの秋 | トップページ | 牡蠣・あんこう『新川河岸』 »

2009年10月12日 (月)

「梁祝公演」成果報告、続々と…

三連休はのんびりと思ったら、なんだかんだと仕事以上に忙しい!?(笑)
でも朗報だし、打ち上げの誘いなども…、嬉しい連絡がたくさん入って良いことです。

10/3の梁祝舞台公演、古野氏の日誌-22(最終回)より

Vol_22 「梁祝」公演の幕が下りた。昼、夜ともに満席状態。
会場ホールの鎌倉生涯学習センターは開幕1時間前からホール入口前に行列ができていたが、いくら大勢の客が詰めかけてくれたとはいえ、観劇後の客の反応が悪ければ、公演が成功したとは言えない。

客席を立ち、ホール外へ出ようとする客にお礼の一言でも、と出口に通ずるフオイアーに舞台から下りた役者たちが衣装を着けたまま壁に並んだ。「良かったよ~」「感動した!」の握手、握手攻め。両手に抱えきれないほどの花束。

Masatoshi_2  俳優の中村雅俊(大学の後輩)も「昼の部」に目立たないようにと、サングラス姿(実は目立つ)で観にきてくれた。「夜の部」も、「昼の部」の反応に勝るとも劣らない手応え。

劇評では、日頃から厳しい鎌倉在住の、プロの演出家S氏も「予想していたのより3倍くらい、いいでき。おめでとう」と声を掛けてくれた。‘どうせ、ド素人’芝居と考えていたのだろうから、そのレベルから3倍くらいアップしてもあまり喜べない?ともあれ、どんな出来にせよ、驚いたことは間違いない。(…以下略)

こんな出だして長文日誌は続いています


★昨日の日曜「漢語角」にて、『梁祝文化研究所』のメンバー尾崎さんより、

Kangokaku1 本日、私は池袋の「日曜漢語角」で「梁祝公演」を報告しました。

今回は最初に北京での建国記念式典に列席した日本人・中国人の報告があり、日本経済新聞の元北京支局長や中文導報記者も取材に来ていました。
そのあと、一般参加者の発表ということで、私は一番最初に挙手し、中国語で「梁祝公演」成功の話をしました。
20名ほどの参加者のうち半数以上は中国人なので日本語で解説する必要はありませんでした。話をした後、何人もの人から「梁祝」のことを訊かれ、反響は大きかったです。
段さんとの記念撮影もしましたのでお送りします。
それではまた、再見!

中国語喋れるといいですね~!神奈川県より池袋まで遠路ありがとうございました。
梁祝文化研究所・広報部長の私としても、こういうクチコミがとっても大事なことと思います。(^^)v

|

« 芸術とスポーツの秋 | トップページ | 牡蠣・あんこう『新川河岸』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/46465821

この記事へのトラックバック一覧です: 「梁祝公演」成果報告、続々と…:

« 芸術とスポーツの秋 | トップページ | 牡蠣・あんこう『新川河岸』 »