« ウォーキング復活。 | トップページ | 200年前の日本橋絵巻 »

2009年11月29日 (日)

「書」と「水彩画」のコラボ。(^^)v

趣味で絵を習ってる方から、ご本人が描いた水彩画の上に、字を書いて欲しいと!
「書」はいろいろ頼まれますが、今回の依頼は面白いのでやってみました。(笑)

Christmascard 5月にやった「和の会」の展覧会を見に来てくれた方で、 あのポスターを見て影響されたんでしょうね。

上から順に、クリスマスカード、年賀ハガキ、それと、便せん二種。(これらは試作です)

芸術性があるとは言えませんが。周囲の方々が「素敵!」って言ってくださるので、つい載せちゃいました。

Newyearcard_2 絵柄はちっとも正月っぽくないのに、「迎春」と書くとそれっぽくなる。→
(かなり強引だけど…、文字の力ってスゴイもんです)他のもそんな感じで書いちゃいました。

でも、絵柄はご本人の希望で、文字は私ができるだけ単純で優しい言葉を選んだのです。

Letter1書くときは、人の作品の上に字を乗せちゃうんだから緊張します。
もたもた書いてると気持ちが崩れる、書は一瞬の勝負なので気持ちを集中させる、この緊張感がいい!
Letter2以前に、知り合いの書道家が、自ら水墨画を描き、その上の白いスペースに漢詩を書いたと言う掛け軸(条幅)を見た時、
「字にもう少し勢いがあると絵も引き立つかも?」なんて、批評してしまったら大変。

ご本人、「イヤーその通り、失敗したら絵も描き直しだからビビリましてね~」
謙遜しつつ、照れ笑いしてました。

ご自分が描いた絵でもそうなのに、私の場合は人さまの絵の上に文字を乗せちゃうんだから申し訳ない。

そんなことも思い出しつつ、「書」と「絵」のコラボレーションを楽しんでます。(^^;ゞ

|

« ウォーキング復活。 | トップページ | 200年前の日本橋絵巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/46906332

この記事へのトラックバック一覧です: 「書」と「水彩画」のコラボ。(^^)v:

« ウォーキング復活。 | トップページ | 200年前の日本橋絵巻 »