« 200年前の日本橋絵巻 | トップページ | 四川大地震記録映画を手伝って »

2009年12月 2日 (水)

「書」の新作2つ

5月にやった『和の会展』で、私の「書」(一期一会)を銀座のお店が買ってくれましたが、
それが飾ってあるのを見たお客さんから、「塞翁が馬」と書いて欲しいと頼まれました。

Saiouba これはもう先月の話なのですが、

その後、店のママから「私にも…」と頼まれたのは、何と!「鬼」だって!?

頼まれたからと言ってイヤなものは書きたくないので、理由を聞くと、
「部屋に貼って、いつも厳しい気持ちでいたい」と、言うのです。
いろいろ苦労しながら頑張ってるんでしょうかね~?

Oni さすが、銀座のママ!!!

それなら(お役に立つのなら)いいか。

となって、昨晩に渡したのがこれ→

始めは力強く怖い鬼を書こうと思ってトライしたけど、どうも気に入らない。
結局、優しい鬼になってしまった。(笑)
でも、自分でスゴイ気に入ってます。

ご本人がどう思ったかな~?、まだちゃんと感想を聞いてないのでわかりませんが、
これじゃ、"いつも厳しい気持ちでいたい"と言ってたのに、"いつも楽しい気持ち"になちゃうかな~?
でも良いじゃないですか、それの方が…、なんて…、独り言のような日記でした。(^^;ゞ

|

« 200年前の日本橋絵巻 | トップページ | 四川大地震記録映画を手伝って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/46928197

この記事へのトラックバック一覧です: 「書」の新作2つ:

« 200年前の日本橋絵巻 | トップページ | 四川大地震記録映画を手伝って »