« 寅+虎の書だらけ | トップページ | 「大書源」をようやく入手 »

2009年12月15日 (火)

「冷泉家(れいぜいけ)展」ー続編

正確には、「冷泉家・王朝の和歌守展」の後期で、前期と2回に分けて展示されてます。

Signboard先月、前期を観に行った時、後期のチケットも一緒にネットで買ったので、
「12月20日まで!ご来場はお早めに!!」と、何度かメールが来てました。

またぎりぎりになっちゃう。

で、思い立ったのは、朝一番で(出社前に)観て来ちゃおう!というわけで即日行動、上野・東京都美術館へ。

Enter 開館時間9時を少し過ぎたけど、がら空きだろうからゆっくり観れるし…、なんて思って入場したら、もうそこそこ混んでる!スゴイですね~。

それでも、やっぱり早く来て良かった。ざわざわしてないので、一点一点、落ち着いて観れました。

前期と中味を入れ替えて展示されているわけですが、前後2回で「日本の書」(かなの古典)の実物をじっくり観賞しつつ、雅な世界に入り浸ってまいりました。(笑)

漢字(漢文)よりも、かなは日本人の心を正しく表現できる。
ということから自然に生み出されたもので、かなは正に日本固有の文化でしょう。(^^)v

|

« 寅+虎の書だらけ | トップページ | 「大書源」をようやく入手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/47028630

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷泉家(れいぜいけ)展」ー続編:

« 寅+虎の書だらけ | トップページ | 「大書源」をようやく入手 »