« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

新年会ーその5(中国ニュースに!)

あきつぐ先生(渡辺先生)を囲む、梁祝(りゃんちゅう)会の新年会が、私の幹事の元でなんとか無事終了。ホッとしました。(笑)

Kinenshoto2jpg この新年会が、何と!中国ニュースに載っちゃいました。↓
http://dailynews.sina.com/
bg/news/int/chinanews/20
100130/05241156868.html

日本語翻訳文↓
----------------------
「日中文化交流の会」の第二回成果報告会(梁祝会新年会) 2010/1/30
東京池袋で1月30日、「日中文化交流会」と「梁祝リャンチュウ会」の新年成果報告会が行われ、日中文化交流の第一線で活躍する人たちが各自その成果を紹介した。
日本の著名な書家で「日中文化交流の会」の日本側会長である塚越誠氏が席上、中国文化、芸術、新聞界との交流の成果を報告した。
また現在、湖南省の湘潭シャンタン大学で日本語を教えている、梁祝リャンチュウ文化研究所の所長、渡辺明次氏が去年八月に始まった中国での日本語教師の体験を紹介し、参加者に好評を博した。
----------------------------------

この記事では、私を前面に立ててくださってますが、今回の私は単なる幹事。

幹事とともに進行係も務めましたが、私の会の進行はお酒が先!(笑)
乾杯の前の挨拶が長いとビールの気が抜けちゃうので、着いたらもう飲み始めてOK。

02そして、一人来るたびに乾杯。全員揃ったところで、副会長に本番の乾杯音頭を。
主賓の挨拶はそれからやってもらいます。

これのほうが盛り上がる。

渡辺先生の挨拶に続いて段躍中さん、お久しぶりだったのは北京外国語大学でようやく4年生になれた?もと議員の方。(やっぱり年齢がいくと語学は大変みたい、だから私も中国語を習うのは引けてるのかも?)

安先生の奥さん(emiさん)は、叔母さんと、息子さん、そして赤ちゃんも一緒に参加。

Daitoku最後に遅れて駆けつけてくれたのが、鎌倉の梁祝舞台で蝶々の舞を演じてくれた、バレリーナの"だいちゃん"。

2ショットは背が高いので中腰になって気を使って?くださってます。(写真左)

こんな多彩なメンバーで、食べ放題、飲み放題。
あっという間の2時間、みんなお友だちのようでとにかく盛り上がりました〜。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

美輪明宏、歌のコンサートへ!

私には場違い?!、しかも会場は、遥か彼方の相模大野!(笑)

昨晩、突然誘われたのです。

Miwaposter_4 チケットが余ってて、良い席なのにもったいないし。というような単純な理由?
単なる好奇心と、夜の予定は土日にずらせばいいか、と、0.5秒で即決。
(乗りがいいでしょ!)

美輪明宏って特に興味もなかったけど、
最初の挨拶で、「初めていらした方、テレビで見てるのとは違うのよ」。
確かに、このポスターとは違って髪は黒髪、歌い出すと素晴らしい声量です。

それも、初めから終わりまで、たった1人の出演、演奏家たちは紹介されただけで、舞台に立つのは美輪さん1人だけ。2時間半のワンマンショーで、何曲も歌い続ける…。これもスゴイ。

Miwafigure_3 前半は、ヨイトマケの唄に代表する戦後の詩と語り、後半はシャンソン。

歌の合間の語りでは、お得意の笑いも説教もあって、さすがファンを魅了するんでしょう。
隣の席の女性の拍手の仕方には唖然!立ち上がったり、まるで親衛隊!

でも、私は別の感じ方をしていました。
この独特の歌い方は、美しい旋律にあわせて歌っている一般の歌手がバカみたいに見えてくる。(失礼)

その自由な歌い方は、もちろん歌が上手いからできるわけで、心が受け手に伝わり、大きな感動を呼ぶ。

そこで、ちょっと飛躍しちゃうけど、書の良寛さんは字がメチャクチャ上手いけど、書家の書は嫌いだと言って、ミミズが這ったような?作品を書く。
一般の方が見ると「この字、どこが上手いの?」って。

これはスゴイ事で、私などにはとうてい及ばない事だけど、見に来てとっても良かった!
歌を聴きながら、別の感動をもしてしまいました。(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

テレビ出演

今夜のテレビに私が出ます。
といっても、中国のテレビなので見れません。(笑)

今月8日と9日に、北京でお正月向けに撮られたテレビ番組が出来上がったそうで、
今夜11時(中国時間10時)に放映されると連絡が入り、ビックリしました。

2月14日の旧正月に放映される番組なのにもうやる?

だそうです。

もちろん、2月14日には再放送で流すらしい。
このへんが面白いですね~。

残念なのは、このDVDが私の手元に届くのは一ヶ月後らしい。
それまでは見れないのです。
だから、ここに載せる画像はありません。

試写も見れないとは…、我ながら楽しみだけどちょっと不安。

でも、中国だからいっか。

という感じで、本日は何も見れないので、ただ、ただ、想像するのみでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

温暖化研究の信頼性揺らぐ

私は「地球温暖化のウソ」説を信じているので、2年前からブログやネット仲間の一言コラムに発言してますが、今朝の日経にそれを応援するかの記事が載ってました。

朝からひとりでチョッと盛り上がった。(笑)

切り抜き記事↓拡大すると読めます。
100125_nikkei
もちろん、自然環境を守るのは我々人類にとって欠かせない事で賛成ですが、それが原因で地球が温暖化しつつあるという学説が、CO2削減など国際政治にも絡み、意図的なものが働いているとさえ疑いたくなる。

しかし、もう既に後戻りできない状態で憂慮しています。

たった27年くらいの研究データで、学者が自信を持って言ってるけど、地球は、たかが人類ごときに影響されるようなものでなく、数百万年〜数千万年のレベルで検証してみればわかること、逆に寒冷化するという学者の信憑性も高まりつつあるのです。

というわけで、我ながらこれを確信し続けているのです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

『春節を祝う宴』

去年の暮れに中国大使館の食事会に呼んでくださった、女性プロデューサーの黄さんから、お誘いが来ていたので転載します。>>2/13、青山のSABATINI。
チャイナドレスで?!豪華にやるんですね~!私が企画するのとでは大違い…(笑)
 
前文略
Titleご承知の通り、イタリア料理のルーツは中国料理といわれています。中国ではお正月には必ず食べると言われております“餃子”ですが、 (1年の運勢を占う意味で中国では餃子にコインを入れる習慣があります)SABATINI特製のラビオリで楽しいサプライズをお届けいたします。

Image006_2  そして現在日本はもとより、中国各地でもコンサート活動をされている東洋の歌姫、ソプラノ歌手松井菜穂子さんの歌声と、中国民族楽器二胡の奏でる雰囲気の中で、春節特製グルメと美味しいワイン、そして甕だし紹興酒をゆったりとした着席ディナーでご堪能頂きたいと思っております。
http://www.matsui-naoko.com
 
 又、ワンコインで豪華な商品が当たる楽しい催しも用意しております。中国を連想するファッション若しくは小物などを取り入れた装いで、皆様お誘い合わせの上是非ご参加ください。

謹白

日時:  2010年2月13日(土) 午後6時開場 6時半開宴
場所:  Ristorante SABATINI AOYAMA  着席ディナー
ドレスコード: おしゃれな装い(お持ちの方は是非チャイナドレスで!)
参加費用: 15,000円
お振込先: みずほ銀行   中目黒支店  普)1333407
  カ)ジュンハツボウエキコンス
お問合せ先: 順発貿易公司Tel 03-6407-5022 Fax 03-6407-5023 
    E-mail sft@ranfan.com
    青山ローレルTel/Fax 03-3400-2324 
E-mail aym.laurel@gold.ocn.ne.jp   
  SABATINI Tel 03-3402-3812 Fax 03-3402-3815
E-mail mitsuya@sabatini.co.jp   担当三矢
 *SABATINIではワインセラーがあり、別料金でご希望のワインをご堪能頂けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

梁祝(りゃんちゅう)新年会ーお知らせ

『あきつぐ先生を囲む、梁祝新年会』を今月30日に企画しました。
私は梁祝会の広報部長兼新年会の幹事なので、以下の文面を送っていますが、ここにもお知らせします。

Liangzhu_party 梁祝ファンの皆さま、新年明けましておめでとうございます。
昨年は、鎌倉での梁祝舞台公演が大成功を遂げ、ますます盛り上がってまいりました。
同時に、梁祝先生こと渡辺明次先生が、湖南省の湘潭大学よりお正月休暇で帰国されましたので、積もるお話しを交わしながらの新年会を下記の通り計画しました。


日時:1月30日(土) 18:00~20:00
会場:小尾羊 蒙古火鍋しゃぶしゃぶ池袋店 Tel.03-5911-2289
http://www.syabusyabu.net/shop/ikebukuro.html
〒170-0014?東京都豊島区池袋2-7-3?ロビービル2F
JR池袋駅徒歩3分/地下鉄池袋駅C6番出口徒歩1分 
会費:¥4,500
お申し込み期日:1月27日(水)
(20名の部屋ですので、お早めにお申し込みください)

お申し込みは:塚越(梁祝広報担当)まで、e-mail:mxe04603@nifty.com

現在、若干名の空きがあります、参加ご希望であれば是非!m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

新年会ーその4

一日おきに新年会やってるようだけど…、今日は「日本書道会」時代の仲間です。

100119_180453 ここ、銀座四丁目角のライオンビヤホールは我々の定番で、集まりやすい。
私が会の理事長だった時、向かいの鳩居堂画廊で毎年展覧会をやっていたのですが、いつもこの店を利用していたから。
たいしてグルメでもないし、特に何が良いということもないけど、昼間からやってるし、多人数の集合には便利。

集まったのは理事長、理事クラスで、懐かしい話から次第に盛り上がったのは良いのですが、会の運営に問題が生じたらしく、ここ数年、活動が停滞しているようなのです。

また復活させようか?なんて話になってきちゃいました。
その気になればかなりの生徒が集まるでしょう。

その場合、私が会長。(笑)
まあ、会自体は大したものでないので構いませんが、また忙しくなっちゃうのも…。
ちょっと、いろいろ考えものでした。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

新年会ーその3

新年に集まって飲めば新年会になっちゃうので、新年会はまだまだ続きます。(笑)

ところが、今日の会場は相模原なのです!

100116_181617 ここは安先生の奥さんの実家の町で、北京の帰りの飛行機で話してるうちにお友だちも会いたがってると言うので急遽集まろうと。

で、いつも東京で集まるので、たまには私のほうから行きますよ。
ということで決めたのがここ、相模原で老舗のお店「鳥忠・さがみの亭」。

から揚げが売りらしいけど、生ガキもお刺身も何でもあり!
50年くらいやってる相模原では人気の店らしくて、店内の飾りもスゴイ賑やかです。

100116_175045 実は、去年の6月に、この近くのフィットネス施設のあるホテルに一泊した時に行った店で、私も気に入ってました。

ただし行くまでが大変、またドジってしまった。

半年前のことなので良く覚えていない。
千代田線で帰った記憶があるので、小田急線の相模原駅で待っていたら、ケイタイに電話がありました…、
「そこ、全然違いますよ!JRの相模原駅ですよ?!」

まいった、まいった!(>_<)ゞ

そこから40分くらいかかって到着。
初対面の方も参加してくださっていていたのに、皆さん暖かく迎えてくれて一息。
すっかり盛り上がって楽しいひと時でしたが、申し訳ありませんでした。

帰りは、横浜に出て東海道本線のルートを教えてくれたのでわかりやすい。
「また来てください。」ということで別れましたが、次回はもう大丈夫でしょう。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

新年会ーその2

新年会と言っても2人。まあ、それでも新年会ですね。
暮れに久々に赤坂へ行ったけど、街中を殆んど見なかったので今日はサカスの方まで
行ってみたいな~。という訳で、赤坂見附で待ち合わせ。

100115_1832042年来てないとお店が随分変わってます、知ってる店も無くなってる!
そこで、すっかり有名になった白碗竹快樓(バイワンジューカイロウ) 赤坂店へ行ってみた。

まだやってるかな~?なんて失礼ながら入り口を見ると、つぶれるどころか門が立派になってるのです。

6時過ぎだと、まだ客はガラガラ、それを知ってるので予約なしで入れました。

いやー、懐かしい。

100115_191546 北京帰りなのに、また中華料理になっちゃったけど、ここの黒豚酢豚が良かったので頼むと、前とちょっと違っていた。
100115_185059でもまあまあ良い味です。
お酒は、めずらしく紹興酒。という感じで、楽しい会話が始まりました。でも紹興酒は飽きる?

最後にビールを頼んで口直し。

二次会は、昔よく行ったバー(TANTE)へ。
私のボトル(バーボン)がまだとってくれてあるのです!
2年も行ってないのに、感激~。

懐かしいお店めぐりとなりました。

新年会は忘年会とは一味違って、話題も新鮮になるから前向きでGood。
そして、今年の新年会はまだまだ続くのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

神田明神、初詣。

年明け早々、北京に行ってしまったので、年末に頼まれた仕事の連絡が入り国際電話で交わしたり。帰国するとともに、公私共にバタバタとありまして…。

100113_111547 去年のお札を返さなきゃと思いつつ、我が事務所の氏神様の神田明神へ。
初詣が今日となったのです。

まあ、徒歩7~8分の距離なので、お昼時間に1人で行ってきちゃいました。

その間わずか30分。(笑)

今日は素晴らしい天気ですよ~、ちょっと寒いけど、それがかえって気持ち良い!!

100113_111758_2 開運招福の大黒様も参拝してまいりました。

確か年頭のニュースで見たけど、スゴイ混んでいたようですね~、
やぱり不況のせいでしょう。

私のように、今頃行く人は少ないせいか?
今日は人もまばらで、良かった?良かった!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

新年会ーその1

北京から帰ってきて、中華から和食へ…。(笑)

今日はIT仲間の新年会。(藤昌ファン倶楽部の分科会ですかね)

100112_185337 去年の暮れの忘年会の時に、私が揮毫して渡したこのお店の名前(藤昌)が、
入り口を開けると、一番目立つところにデーンと!

飾ってくださってます~。

お客さんから大変評判が良いようですよ、ママも大将も喜んでました。

100112_185833新年早々、北京で中華三昧の後の和食もまた良いもの。

お刺身はいつも美味しい、そして大将が腕を振るった鍋料理に、最後の茶そば、これまた旨いんですよ~。

100112_194649 ビールの後のお酒は何に?やっぱりひれ酒!で全員一致、身体が暖まってGood!

100112_210723_2北京の土産話も然ることながら、話題が豊富であちこちの話で盛り上がります。

急の用事でやむなくドタキャンされた約2名の方、残念でしたが、今年もよろしくです。気兼ねない仲間とのホットな新年会ーその1でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

北京とお別れの日

昨日の続きから…、
あっという間に帰る日になってしまったので、昨夜は安先生の家でのんびり。

Kaisei 息子さんの海霽(かいせい)君が、筆を持って絵を描き始めました。
パパの真似をして?手馴れたものです。まだ1歳ですよ~!

まさに天才画家!?末恐ろしいです。(笑)

そして、初日に出迎えてくれた親友の馬新利(ばしんり)さん夫婦も遊びに来ました。

Ankaisei 左の写真は、初日のブラジル料理の店でパパと踊っている海霽君、かわいいでしょ。

ご夫婦とも日本に来たことがあるので気兼ねないお付き合いとなっています。

Shinri ご主人に、私から「書」をプレゼントしました。→

そして今朝となり、北京空港でいよいよお別れ。
ところが、奥さんとお子さんは日本に帰るので、私と一緒の飛行機となりました。

北京→羽田の帰路は僅か2時間半!
あー、富士山が白い頭を出してる。↓

Fujiというわけで、予期せぬことだらけの3泊4日でした。

それにしても、羽田発着は便利ですね~。
モノレールで我が家まで、ほんの十数分。
これからは国内旅行気分で行っちゃいますか。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

北京市街を散策

Diabolo 3日目は、市街のお寺で骨董品を売ってる広場を回ったり、空竹という紐で操るコマみたいな遊びを教えてもらったり…
ずっとTVカメラが回っています。

この空竹というのは博物館もあって、伝統的な遊びなんですね。ディレクターが、私に一つ買ってきてくれました。安先生は私が欲しいと思った「書」の本を何冊も買ってくださいました。

Shichahai1 午後は最後の撮影。什刹海会館という会員制のクラブ。
北京オリンピックの時にイギリスが借り切ったそうです。ベッカムもここに泊まったらしい。
中は四合院の造りで、門に看板はなく一般の観光では見れない高貴な歴史物が詰まっています。

撮影は、我々が門に入るところからスタート、一度NGをくらいました。(笑)

Kotobuki 館長の案内とともにカメラが追いかけるのですが、皇帝夫人の書とか素晴らしいものばかりです。
この壁の文字は全部「寿」、100種類の「寿」です。→

Shichahai3 見るだけでなく、厨房の中に入って料理長が目の前で作る高級料理を試食。
メチャクチャ美味しいのでインタビューに答えるにも言葉が自然に出ます。
食べてるところを、どアップで撮られるのは恥ずかしかったけど…(笑)

Shichahai2 これで撮影は終わり、ここのレストランで最後の会食です。

モデルが私で良かったのか?悪かったのか全くわかりませんが、まあ、安先生ご一家が絵になるから良いでしょう。
きっと上手に編集してくださることでしょう。

さてさて、夜はフリータイム。
長かったような、短かったような…?

明日は、もう帰るなんて!やっぱり早過ぎですよ~

あっという間の3日間でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

北京2日目は!

今日は朝から、戒台寺という有名な禅寺へ行くと言うので、2年前に来た時にお会いした妙有和尚さんに会えると楽しみにしてました。

ところが驚いたのは、車で迎えに来たのが中国のテレビ局(旅遊衛視)のスタッフ。
いきなり私にTVカメラを向けてインタビュー!
イヤー、ビックリしました〜!これで北京に呼ばれたわけがわかったのです。

Kaidai1 お正月向け(2月14日が旧正月)の1時間番組を作ってる。
それも私が主役だと言うのです。「著名日本人書家の北京訪問」みたいな紹介だそう。
中国のTV番組にデビューしちゃうのです。

日本の番組じゃないからいいか!とばかり応じると、四六時中ずっとカメラが回ってる。

それにしても、雪が積もったお寺の中を見て回るのは寒いですよ〜!

Kaidai2マイナス15℃くらいあるのでは?
後半は肩がこって、痛くなってきた。
救いは、お昼にいただいた肉の無い坊さんたちの食事、
何と!これが暖かくて美味しいんです。
普通ではいただけないそうですが、あんまり美味しくておかわりしてしまいました。

午後は、安先生のアトリエに戻り、絵と書のコラボです。

Antsuka 先生が描いた絵の上に、私が文字を書くので最初ビビったけど、最近はだいぶ図々しくなってきました。
でも、今回はカメラが筆の先まで近づいて撮ってるので、焦りましたよ。(笑)

2ndtsuka 実は、私はそれなりの服など用意してこなかったので安先生の服を借りることになったのです。
←(サイズが大きいし)何だか変だけど…これも面白い!と着ちゃいました。
ペアルックです。

その後インタビューなどが長引いたけど、今日の撮影はここまで。

2nddinner 夕食はしゃぶしゃぶ料理に連れて行ってくれ、スタッフ全員と会食、ホッと一息です。

イヤー、ここでも肉が出る出る、終わらない。美味しいので普段の倍も食べちゃいました。

帰国するまでには太っちゃう。

撮影は明日も続くのです…(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

北京到着、マイナス10℃の世界へ。

予定通り、朝8:30に羽田空港を出発、上空から見た北京市は真っ白でした。
ひとり旅だから、心まで寒い~(笑)

でも、空港では安雲霽先生とご家族が手を振ってお出迎え。
覚悟はしてたけど、車に乗り移る一瞬も寒さは半端じゃないですね~。
路上の雪が新雪のまま残っていて、凍っていないのです。これがマイナス10℃!

1stlunch安先生の自宅に向かう途中のレストランでランチ。早速、豪華中華料理をいただきました。
1sttsuka_2中国の食事はお腹いっぱいになってもいくらでも出てくる、とにかく食べきれないほど出る。
そして酒は50度の茅台(マオタイ)、久々に飲んだ味がまた最高、すっかり好きになってます。

Anhome_2 最近越してきたという安先生の自宅。外観はマンションだけど中に入るとビックリです。
家の中に、また屋根つきの門が!どの部屋も美術館のようでぐるっと観賞しました。

Show_2 夜は、安先生の親友夫婦がやってきてブラジル料理?のお店に連れて行ってくれました。
ショーもあってビックリ!
中国に来てこういうお店に入るのは初めて。

予期せぬ歓迎をいただいた、楽しき一日目でした。
そして、明日からは驚きの企画が!北京に呼ばれた意味がそこでわかったのです。

明日に続く…(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

突如!北京へ

北京の安 雲霽(あんうんさい)先生のところへ、急遽行くことになりました。

明日の朝出発!でも、羽田発だからすごーい楽です!
自宅から車だと10分、朝早くても余裕です。

宿泊は、安先生の豪邸?に泊めてもらうので、ホテル予約もいらない。

北京では、いろんな人を紹介してくれたり、また書も披露するのでウキウキです。

はじめは寒いというので、乗ってなかったのだけど、
これから行くとなるとウキウキするもんですね~(笑)

しかし、北京は大雪というニュースを見たら、マイナス17℃!

冗談じゃない!

なんて、思ってたら、今はもうやんで暖かくなってるといってました。

しかし、しかし、暖かくなったといっても、マイナス10℃ですって!
私は生まれて以来、氷点下という体験は無いのです。(ホカロンいっぱい買ってきました)

とにかく、行ってきま~す。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

現代書道二十人展

年の初めに上野松坂屋でやる、現代書壇をリードする二十人展。

20ten 毎年観に行ってますが、今日はこのブログにコメントを入れてくれた書の友人と、会場でバッタリ。
初日に行くと言っていたので、示し合わせたようなものですが…。

作品は一点一点ゆっくり観たいので、お互いに別行動で最後に合流。そして、近くの居酒屋で書道談義となりました。

「初日のわりには人が少ないね~」
あたりから意見交換が始まり、今年はだいぶ新しいメンバーに入れ替わって、作品も様変わりしたという感想は同じ。

しかし、良く様変わりしたのでなくちょっとガッカリしたのもあるくらい。(失礼)
既に逝去された、名だたる大家たちを超えてるとはとても思えない、巨匠たちは書の技術だけでなく、ある意味で学者でもあったのですが…。

なんて、これ以上は我々のつぶやきですから省略します。
が、思いっきり自分の意見を出すことは、やたらないので、大変よき勉強会にもなりました。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

七福神巡りウォーキング(^^)v

元旦は、息子夫婦が一年ぶりに来たりで、家族で乾杯などして平均並みに一日が過ぎ、そして、今日は家族とともに初ウォーキングです。

Route深川の七福神は何度も巡ったけど、2年前に品川区に越して来たので、調べたらちゃんとあるではないですか!さすが宿場町。

品川神社をスタートに大森まで、東海七福神て言うんですね~旧東海道を歩くんです。

京浜急行沿いだし、これはわかりやすくて良い。
まあ、ウォーキングというよりお参り歩きだから、スピードは問いません。
のんびりやってきました。

Ryomaでも、七福神を拝むだけでなくどこにも賽銭箱がおいてあるから、お賽銭代が大変!だんだんケチってくる(笑)

面白かったのは、立会川駅辺りに着くと坂本竜馬の像があった!何で?何で?なぜこんなところに!?→
出来たばかりのようで、歴史ブームに乗ってか?(失礼)
どうもこの辺りが土佐藩の下屋敷だったそうな…。

というわけで、のんびり、ゆっくりの初ウォーキングでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

年賀状ですm(__)m

2010top
虎の絵の大家、安先生と私の書のコラボ年賀状、
本年もよろしくお願い申しあげますm(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »