« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

夏の夜の夢

Stage07_1 今日は、午後から舞台観賞。

女優・小山田里奈さんの久々の舞台で、「和の会」のemiさんと一緒に観てきました。

正式な題名は『フェイク・夏の夜の夢』、シェークスピアの原作を易しく面白く脚色したものらしい。

シェークスピアのエロティックさをこれだけ笑いに変えてしまうなんて…、
と言うのでどんなのか?と。

確かに、現代的にわかりやすく、決してドタバタではなく上手く演出していました。

3shot 里奈さんは1人2役を。

美しい王妃役と、怖い妖精の女王役、全く違うキャラを見事にこなし、さすがたいしたもんです。

楽しかったですよ。

終わって記念写真に応じてくれました。(笑)

8月3日までやってるので、宣伝しちゃいましょう

小さい劇場にお客さんはぎっしりだったけど、今からでも予約は大丈夫?のようです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月26日 (月)

駐中国大使の歓送迎会へ

元伊藤忠商事社長の丹羽さんが中国大使になられ、非常に喜こんだ一人ですが、
今日、その歓送迎会に日中協会(段躍中氏)の紹介で参加させていただきました。

Okada_2 午後4時半ホテルニューオータニ芙蓉の間。参加者は750人だそうです。

丹羽・宮本新旧中国大使の挨拶のあと、岡田外務大臣も。

ところで、このパーティに外務大臣が参加したのは初めてらしい。
民間人の中国大使といい、外務大臣出席といい、ここは民主党に座布団一つ!(笑)

もちろん自民党からも、日中友好に貢献している政治家は超党派で参加されてます。

100726_154634_3大勢の中で知ってる人を捜すのは大変、でも、仲良しの中国大使館の参事官とは、ここでもお会い出来ました〜。

それはともかく、丹羽新大使の挨拶は良かった。

過去の歴史を踏まえ、1000年、2000年という規模で今後の日中交流を…。

Niwa_1_3 さらに丹羽大使が経済問題と同時に重視しているのは、草の根の文化交流活動というところ。

まさに段躍中さんの活動そのものだし、私が目指す民間レベルの日中文化交流でしょう!

その後、丹羽大使と直接お話しができ、我々の活動には大いに共鳴してくれました。

まあ、すぐにどうという事はないにしても、
段先生を見習い、私なりに地道な活動をやっておるのでございます。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

5歳の誕生日祝い会

今日は、私の娘の息子(早く言えば孫)の5歳の誕生日祝い。

Makoto_1_2 例年は旦那様の実家に集まるのだけど、今回は横浜のレストランで。
お互いに料理作るのも大変だし、いいでしょう。

孫とはたまにしか会わないので、覚えてくれてるかな~?
と、思っていたら、いきなり、「もう治った?」だって。
私が入院したことを知ってるんだ!

そして、抱いてと言いながらひざの上に登って来る、ホッとしました。(笑)
↑(全員の写真はちょっと遠慮して、私だけを微妙にトリミング)

Kounichi_2 実は孫へのプレゼントのほかに、相手の親御さんにも、差し上げる「書」を用意してきたのです。『日々(是)好日』→
禅語の解説では、晴の日も雨の日も楽しい日も辛い日も、全てが人生最良の日であるという意味。

年を重ねるほど良い言葉に感じると思います。

喜んでました。

秋には七五三、また集まりましょう。
という訳で、年に数回しか孫の顔を見ることはないのですが、それはそれで、一味違った楽しみと喜びがあるものです。

"会うたびに新鮮な感動"の、お誕生日祝いでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

北京外国語大学・同窓会/親睦会

私は北京外国語大学とは何のかかわりもないのですが、日本人留学生や卒業生たちと交流しているうちに、たくさんの友だちができて、今日は突然誘われちゃったのです。

北京外国語大学は中国一の大学で、中国大使館の方々もここを出た方が多いそう。

201007211実は、この大学の続三義先生(現在東洋大学教授・写真左側中央)は大変人気の先生で、日本人留学生が夏休みで帰国している間に会いたい、と中国大使館の方がセッティングしてくださったのです。

だから私以外は全員教え子。

確かに続先生のお話しは面白いし、ためになる!ちゃんと日本語でも話してくれる気の使いよう!?
私も皆さんとは気兼ねなく話せるようになっているので、本当に楽しいひと時でした。

ところで、私は何なのか?

どうもタイトル文字を書いて欲しいという要望らしい。
早速書いて持っていき、大使館の方に進呈しました。(上の写真)

Duck_3 ここは新宿三丁目の「全聚徳」、北京ダックの老舗の店。
素晴らしい部屋に案内されました。

絶妙な味のフカヒレスープをはじめ、目で見ただけで美味しい本格中国料理が続々と出てきます。
やっぱり普段食べてるのとは違いますね~。(^^;ゞ

Course

そして、メインの北京ダックが。

Duck_1 食べる順があるんです。

最初に出してくれたのが、一羽からわずかしか取れない極上の胸部の皮。砂糖をまぶして出てきました。(写真撮るの忘れた)
口の中で甘味とともに旨みが!
西太后妃など宮廷貴族の女性が好んだらしい。

Duck_2その後、代表的な荷葉餅(小麦粉の皮)で巻く食べ方を教えてもらい、蒸しパンに挟んだり、他の野菜を添えたり、好みでしっかりいただきました。

ひとつひとつ丁寧に教えてくれるからいいですよ。

今日の私は、お酒もさることながら食い意地が張ってたようで…?、お腹いっぱい!
特に北京ダックは、たらふくいただきました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

都心ど真ん中のオアシス

全国的に?メチャクチャ暑~い!ですね!

100719_151607 暑い日のウォーキングは、自然にここに来るようになりました。
皇居、和田倉門(わだくら橋)に噴水公園っていう小さな公園。

朝10時になるといろんな種類の噴水が一斉に噴きあがる、スゴイですよ。

ここは癒されます。

人も少ないし、しばらくここにいるとマイナスイオンを浴びて。
全身が生まれ変わったようになる?(笑)

100719_151051

Kaneko_2 現代書の父といわれる金子鴎亭氏の書で、天皇の歌を隷書風に書いた石碑もある。
撮ってみたけど、ちょっと見えにくいかな?→

御製 「いにしへの 人も寄り来し 日の本の 森の栄えを 共に願はむ」

都心のど真ん中のオアシス紹介でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月17日 (土)

昨日の続き(思い出の品々)

Img_1496 昨日の合同誕生日大会では、プレゼントや珍しいお酒を頂戴したので別に書くことに。

乾杯の後、出してくれたのはこのお酒。↓

100716_183649『洋河』42度だって、不思議な良い香りがするお酒で、強いけど飲むほどに旨みが出てくるような…
あっという間に?一瓶が空いて…、すぐにもう一本出してくれました。
いつも芋焼酎ばかりだから?すっかり気に入りました。

Caomaru 驚いたのは、若い女性から私にかわいいプレゼント!
今回は残念ながら参加できなくて、和の会のメンバーから受け取りました。
これ、カオマル。→
一度握ればもう手放せないこの感触、つい時間を忘れてしまう。(いろんな顔があるらしい)

Expo2010ホント!握るとなんともいえない感触ですね~、ありがとうございました。

←中国大使館の方からは、上海万博のスゴイ記念品!
私にはもったいない?けど嬉しい!
これもありがとうございました。

私は「和の会」のタイトル。
前回のはメンバーに差し上げたのでもう一つ書いたのを持って来ました。

Wanokai_2 記念写真のバック用に良いでしょう。

なんとも皆さん明るくて、最高のお祝い会となりました、感謝申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

合同誕生日大会。

2ヶ月前の「和の会」で決定したとおり、今日は赤坂の中国料理店で合同誕生日大会。

100716_173201 誕生日のひとりである中国大使館の方が場所を取ってくださいました。

今回は都合がつかない方も出てしまいましたが、新しいお友だちを紹介いただき新メンバーとの食事会です。
こちら側からは、梁祝会・会長の渡辺明次先生をお呼びし、すぐに盛り上がりました。

All 中国国際旅行社の日本社長ともお知り合いになれて光栄です。

誕生日は中国大使館のご夫妻ともに、そして和の会・会長emiさん、私も混ぜて4名。

挨拶と乾杯は誰が?となったが、先ずは私の快気祝いでの挨拶を、と、すすめられました(笑)

Dinnerこの店のオーナーもお友だちで参加され、サービスずくめ!
料理もお酒も美味しいだらけ。

ケーキも出てきました〜!

お店紹介しちゃいましょう。
『和竜&鍋楽』港区赤坂2-6-14赤坂26ビル1、B1、2F
和龍 赤坂 焼饅頭店

100716_194752
いつまで経っても終わりがない!?

さすがに遠方から来ている方々が焦りだしたのでお開きとなりましたが、
今日も最高の「和の会」親睦会+誕生日大会でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

鎌倉散歩。

昨日の梁祝会は鎌倉の居酒屋に17:00集合だったのですが、
せっかく鎌倉まで行く用事が出来たのに、飲み屋に直行、直帰ではもったいない。

100712_144926 と、予定より早く出て15:00には一つ手前の北鎌倉駅に着きました。

そうです、ここから一駅歩くと、ぶらり古都鎌倉めぐりが出来るのです。
まあ、みんな知ってることでしょうが、私としては何十年ぶり。
ひとりで史跡散策なんてやってみたかった。(笑)

あ、晴れてきた!

100712_160056実際のコースは、北鎌倉駅からお寺めぐりですが一軒一軒見て回るのも面倒くさくなって、
一気に鶴岡八幡宮の裏手まで歩いちゃいました。

30分くらいで着き、そこでのんびりすることに。

結婚式やってるところを大勢の外国人が珍しがって?写真を撮りまくっていたり、見晴らしが良いところで立たずんだり…

100712_161408結構楽しいもの。

そして、最後に見つけたのが蓮の池。花が咲き始めているところでここはのんびり出来ました。
バッグから単行本を取り出して読書などして小1時間。

そんな、飲み会までのひと時でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

梁祝(リャンチュウ)会(鎌倉編)

去年10月、鎌倉にて大成功を遂げた「梁祝舞台公演」。
そのスタッフの同窓会ということで、我々にもお誘いが来ました。

Img_1488 場所は鎌倉駅近くの居酒屋。
皆さん揃って顔をあわせるのは公演以来だそうです。
同じ劇団ではないのでバラバラに活動されている中、これだけ集まったのは素晴らしい。

我々も「梁祝会」として、公演前から舞台稽古を見学に行ったり、webで情報公開などして応援してきたので、みんな顔見知り。

まだ1年も経っていないのに、懐かし話に花が咲き、我々が知らなかった舞台の裏話などで盛り上がりました。

役者の方々みんなあの舞台は楽しい思い出だったようです。

Img_1559 写真は、作者であり、ヒロイン(祝英台)の父親役を演じた古野さんと、ヒロイン役の青井さん。お二人は浴衣姿で参加されました。

夏の夜のひと時、浴衣はお洒落で良いもんですね~。(笑)

この舞台あれで終わっちゃうのはもったいない、DVDがあるのでそれに中国語と英語の字幕を入れて再編集すれば良いのに、なんて思いました。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月10日 (土)

ささやかなる誕生日祝い!?

私の誕生日は先月だったのだけど、退院したばかりなのでおとなしくしてました。

100710_182923_2 それでも、ささやかにやってくださる方はいる。
今日も飲み友がやってくれると。

場所は?…、
月島にいるので"もんじゃ"は?と。
何でもいいです、やってくれるのならうれしい!(笑)
連れて行ってくれたのは「おしお」というお勧めの店、『明太子もちチーズ』というのが人気らしい。

下町育ちなので、もんじゃは小さい頃から近所の駄菓子屋の奥で良く食べたけど、昔のはうどん粉にキャベツがほんのチョッと。

今は豪華なもんですね~、お店の人に焼いてもらった。
他の客も頼んでるみたいで、明太子好きだし、これはなかなか旨い!

100710_213627しっかり食べて飲んだ割には、まだ時間が早いので、
有楽町に出てコリドー街を歩いていると、「阿波おどり」って店があった。

入ってみるとスゴイ。
ショータイムで本場の阿波踊りを店の中で踊ってる。
「阿波踊りは見るもんではないのです」と言うアナウンスで、お客もみんな踊れと言う感じ。

面白いね~!

最近この通りには滅多に来ないんだけど、地方名物の新しい店がたくさん。

地味な誕生日祝いのつもりが、ひょんなところで派手になっちゃいましたね~。(^^)v
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

梁祝(リャンチュウ)会(東京編)

梁祝先生こと渡辺明次先生が、湖南省・湘潭(シャンタン)大学で日本語を教えて1年。
さすがに学生からの評判が抜群で、もう一年延長の契約を結び、一時帰国しました。

100709_184240_2 このことは梁祝ブログに、渡辺先生が詳しく書いてくださっています。
このサイトもスゴイ!いつの間にか毎日100前後のアクセスが。

そこで今日は恒例の「梁祝会」。
毎度おなじみの『小羊尾』池袋店にて、私が幹事です。
今回は、段さんが急遽来れなくなって全員日本人で10名。

いつものメンバーの他に、鎌倉から梁祝舞台の女優さん、そして、バレリーナの大ちゃんは、なんと!チャイナドレス(いや、アオザイ)で!駆けつけてくれました。

Img_1483 さらに、北京外国語大学から昨日帰国された方も参加、皆さんの近況報告で大変盛り上がりました。

ご参加の皆様ありがとうございました。

ところで、来週月曜日には鎌倉で「梁祝同窓会」というのがあるのです。
それも楽しみ。
この夏は、あっちこっちで催しがあって忙しくなりそう。

夏バテしないよう体調を整えておかなくちゃいけませんね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

嬉しい方からのお中元。

100707_122530_2 事務所にダンボール入りの甘栗が届いた!
国産甘栗「むき和栗」って書いてある。

甘栗のお中元は初めてで、しかも差出人を見てビックリ。
日本僑報社(段躍中さん)、とっても嬉しい。

私が出来る範囲のお手伝いをしている程度なのに、このようなお気遣いには感激です。

そういえば、甘栗はうちの94歳のおばあちゃんも喜こびます。20パックも入ってるので、自宅にも持って帰りましょう。

100707_122603 茨城産の和栗のむき栗。香りと味覚を残すために渋皮を薄く残してあると書いてある。
(渋皮には老化を防ぐポリフェノールが含まれてるらしい)

これは美味しそう、しかもあの堅い皮のままの甘栗でなく、柔らかくて食べやすそう。

開けたら冷蔵庫に入れ、すぐ食べるようにと書いてある。

では、今日はさっさと帰って自宅でいただきましょう。(笑)

段先生、ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

激安居酒屋!?

今日の今日決まった、ほんの仲間うちの飲み会。
快気祝い、早くやろうと言ってくださって、なんだかんだと日が経って、意気投合したのが今夜。

Komatsuan 予約してくれたのが、浜松町にあるお蕎麦屋さん。メニューを聞いて信じられない値段。

どうも秘密らしい?から、半券だけ載せました。
切れ目が微妙なのでわかる人ぞわかる、かな?

激安ということは、きっと客がひしめき合ってる店かと思ったら、ゆったりした個室に案内されました。
尤も、事前にGoogleのストリートビューで見たら小奇麗な店構えでホッとしてたけど。

生ビール、お通し、厚焼き玉子焼き、お刺身、日替わり1品、天ぷら、盛りそばで、
1500円(優待券があると1300円)だって。

これはスゴイ!
しっかり食べて、焼酎ボトルも空にして、僅か○千円。
店の感じも悪くない。

あ、ご馳走になってしまいました!
次回はお返ししなきゃね?
でも、次回もこの店じゃないとコワイけど?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

練馬書道展に出品

練馬区書道連盟主催の書道展、今回でなんと<第30回>

Aisatsu今日が最終日ですが、私は2点(漢語と俳句を)出しました。

いつも最終日にだけしか行かないので、毎年観に来てくださってる方から、是非、会場でお会いしたいと言われ、昨日も行ってきました。

そして最終日は終わったあと反省会があるのです。

Bujikijin_1 反省会と言ってもほとんど飲み会ですが、たまたま私の作品で盛り上がった。
皆さん実力ある先生方、なかなか良きアドバイスをいただきました。

こうでなくては毎年出す意味がない。

実は、自分の作品を会場で見たとき、例年に比べ、力がない!気力が足りない?!
これはきっと、病み上がり(退院後に間もなく書いた)のせいかなぁ~?!

と、心の中で思い、ひとり反省してたのです。

それを数人の方からズバリ指摘されました。
さすが"鋭い"!というか"嬉しい"!

Kyoshi_1書はまさに心を現わすんですね~、自分の部屋で書いてるときはそれなりに力強さがあると思って出したのに…

まったく恐ろしい世界です。

だから、書は(きっと死ぬまで)やめられないでしょう…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

中国茶いただいた。

中国茶に詳しい程ではありませんが、また色々いただいちゃいました。

今年の4月にもいただいたのですが、安先生からのお土産です。

Chinatea 今回は、こういうやつ。→

中国から戻ってきた安先生の奥様(emiさん)が届けてくれました。
いつも良いお茶を飲んでいられるので大変感謝してます。

やっぱり中国はお茶の国、元祖お茶の国ですね。
色んな種類があるだけでなく、驚くような高価な(超高級な)のもある。

この大きいのも、みんな鉄観音茶ですが、新鮮なうちに飲んだほうが良いそうです。
やっぱり、小さいのが高級でしょう、香りも味も良い。

その味や違いが少しづつわかってきたような?気がします!

他にも色々いただいているので、今のところ無くなる心配がなくて本当に嬉しい。

ここ何年もずっと中国茶を飲んでるうちに、人に誘われなければ喫茶店に入ることもなくなったし、自動販売機でお茶を買うこともない。

毎日たくさん飲んでるから、腸の調子も良いようです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »