« 「漢語角」が、日経朝刊に紹介! | トップページ | スロージョグに挑戦! »

2010年11月 5日 (金)

「国宝・源氏物語絵巻」を観賞、拝観。

101104_110402 五島美術館(東急大井町線上野毛駅・徒歩5分)の、
開館五十周年記念特別展。
昨日の朝(出社前に)見て来ちゃいました。
11月28日までやってます。

実は2006年3月に、ここで開催された「よみがえる源氏物語絵巻展」という最新の科学技術による"復元展"に行き、私は本物の絵も同時に見てました。でも、今回は私の奥さんが招待券をもらったので誘われ、もう一度観ることに。

あの時は1時間待ちでした。並ぶのはイヤなので開館時間の朝10時ピッタリに到着。
しかし、それでも少し並ばされたので驚きです!甘かった。(笑)

101104_100322 左の写真は、廊下に並ぶ説明パネル。
この国宝・源氏物語絵巻は、現存する日本の物語絵巻の中で最も古いそうで、1/3が五島美術館、他は愛知・徳川美術館の所蔵品。

前回の復元品も展示されてました。

あっ!やっぱり見に来て良かった!

というのは、前回の復元展は(新旧の)絵の部分だけの展示だったのです。
「物語」の本文、つまり、ことばがき(詞書)の方は見ることができませんでした。

Kotobagakiだから、展示室に入った瞬間、嬉しくなりました~。

絵を挟むようにずらりと並んだ優美な「かな文字」。→
華麗な料紙に書写された詞書の数々。平安時代の息吹をたっぷり感じてきました。

絵の筆者は藤原隆能と伝えられているが、書(かな)の方は、当時の能書家が数人で分担して書いたそうで、筆跡が微妙に異なる。
私としては、そのビミョウさからもさまざまな味わいをいただきました。

101104_110214 展示室は、ひと間だけど散歩できる日本庭園が美しい。

休日は混むことを前提に平日が良い。午前中くらい時間を作れないことはないでしょう。
それの方が無駄がないし、静かに落ち着いて観賞できる。

というわけで、朝から日本文化に浸ることができ、素晴らしい一日のスタートでした。(^^)v

|

« 「漢語角」が、日経朝刊に紹介! | トップページ | スロージョグに挑戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/49942284

この記事へのトラックバック一覧です: 「国宝・源氏物語絵巻」を観賞、拝観。:

« 「漢語角」が、日経朝刊に紹介! | トップページ | スロージョグに挑戦! »