« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

ついでに『辛卯』の書もプレゼント(笑)

ついでに『辛卯』の書もプレゼント(笑)
『兎』の字はたくさん書いたので、
来年の干支『辛卯(かのとう)』も書きました。
だいぶ頼まれちゃったので、もうくたくた。(笑)

ところで、ベトナムやチベットなどは、
兎年じゃなくて猫年なんですって?!

では、良いお歳を…(^0^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

事務所&アトリエ?

実は、この暮れに丸3年経った神田の事務所を、台東区へと移転しました。

以前から実家の2階が空いてるので、兄弟から使ったら?と勧められていたのです。
まだ引越しは完全じゃないけど、前より広いから念願の書のアトリエにも使える。(笑)

Skytree1年齢的にも、今までの仕事の延長じゃなく、本当にやりたいことをやっていけたらな?
何て、勝手なことを考えてるうちに環境を変えてみたくなっちゃいました。

いつものごとく、向こう見ずの?行動ですが、先月読んだ本のこの言葉にも影響されたかな?↓

『快適な場所から離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなどないと呑んでかかり、
輝くためにあらゆるチャンスを活かすようにすれば、限りない可能性が広がる…』


Gomi_3そんなカンタンに行くわけないけど、数学者の森毅先生曰く、人生20年×4回と言う生き方には大共鳴。
確かに20年単位で回顧してみると当たってる!?

うん、これは良い…(甘いかな?)

それはともかく、私が育った町、今までと比べ全く落ち着きます!そして、家の前に出ると、何と!スカイツリーが見えるではないですか!
ただし、この辺はまだ電線がたくさんあって美しくない。

もちろん近所の人は歓迎してくれるし、幼い頃からの景色が懐かしくて毎日散歩しちゃいました。

↑ゴミの日も変わった。え!?明日が燃えるゴミの日の最終だ!焦る、焦る。

Next_hptop ついでに?会社のホームページも引越しました。→
ただし中味はそのまま、新年迎えてからゆっくり直します。

という近況報告でした。

それでは良いお年を…、
今後ともよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

漢語角の忘年会。

今日は「漢語角」の忘年会。
「漢語角」は毎週日曜日西池袋公園で続けている中国語サークル。
今回が170回目になるそうです。スゴイ!
しかし、忘年会をやるのは初めてなんですって!

Iwadate2 先月、日経新聞に紹介されたこともあって、50人以上が参加し会場は溢れんばかりでした。
詳しくはこちら

飲み放題、食べ放題で、ビンゴもやって、楽しい時間があっという間。

スタートは午後3時からなので、このまま帰るのもちょっと…。
というわけで、身近な人を誘って2次会へ。

福島から来られたという福島市日中交流友好協会・会長さんも誘うと、「帰りの新幹線までの時間なら」という事で気持ちよく付き合ってくれました。
嬉しくなって私の書の作品集を差し上げると、大変喜んでくれました。
遠方から来てくださった方への友好のしるしのつもりです。(笑)

こうやって、人の和がどんどん広がっていくことこそ"継続は力なり"ですね。
幹事の岩楯さん、写真ありがとうございました、お疲れ様でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

兎(うさぎ)の字のお習字。

今日はクリスマスイブだと言うのに、淋しく年賀状づくり(笑)
自宅の年賀状をまだ作っていないので、奥さんから今日中に作ってと急かされちゃいました。
でも、まあ何とか出来たのでそれも楽しいひと時でした。
(出来上がりはまだ見せられません)

ちなみに、来年の干支"兎"の字をいろいろ捜して、ずらりと書いてみました。

Usagi
これはあくまで参考ですから、私の作品(書)ではなくて、単なるお習字です。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

作文コンクール最優秀賞作品

第6回中国人日本語作文コンクール 最優秀賞作品「幸福の贈り物」

18日に在中国日本大使館で開催された表彰式に置いて、丹羽宇一郎中国大使から「日本大使賞」賞状が授与された。

Duan_book全文が載ってます。

今回のテーマは『メイドインジャパンと中国人の生活』。
その作品集が発刊されました。

私は上位クラスの審査をしたので、主催の段躍中さんから本を頂きましたが、残念ながら北京には行けず日本で本を見てました。(笑)

最終発表を見て驚いたのは、最優秀作品には私も最高点をつけていたのです。 

どちらにせよ、おめでとうございます。

若い中国人たちの生の声、日本人が誤解してたことや、知らなかった感動が詰まっていますよ。

この作文コンクールこそ、今後求められる両国の相互理解に大きく役立つことでしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

忘年会と「兎の書」のプレゼント。

毎年恒例の『藤昌』での忘年会です。
去年は、忘年会と「書」のプレゼントをしました、そして今年も…。

Usagi2 元気な大将がこの一年で身体を壊して、お酒も毎晩は飲めなくなったそうで、
それでも、飲めなくなったのではないから、かえって身体に良いではないですか、
しかし、我々が全員揃う前から、自分のグラスを持ってウロウロしてる大将をみてると可愛い。(笑)

今回は、集まった皆さんに来年の干支「兎」のプレゼント。
先々週、ここに載せた兎の字とは、ほんのちょっと違います。
ただし、これは縮小コピー。
コピーでも喜んでいただけたので嬉しい、持ってきて良かったかな?

今年はツイッターを楽しみましたね、来年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

天津甘栗、焼割栗

七夕の日に届いたお中元と同じ、段さんの奥様から、また甘栗をいただきました。
前回のは国産甘栗「むき和栗」、今回のは中国産「楽笑栗」(らくしょうぐり)、笑えます。

101216_203107 今度のは皮がついてるけど、むきやすいように割れているので食べやすい。
そのまま食べても、レンジや湯煎などであたためたり、冷して食べても大変おいしいって書いてある。

うちのおばあちゃんも、またいただいたの!と、喜んでました。

天津甘栗と書いてあるけど、河北省から輸入した栗を日本の工場で24時間体制で加工しているそうです。

スゴイ売れてるんですって!

販売元は同じ練馬区の会社で、オーナーを良く知ってるらしい。
それまでは、車の販売など色々失敗を繰り返し、50歳でこの事業を始め、ようやく成功されたという。

今日は嬉しいいただきものと一緒に、年いってからの成功物語を聞かされました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

2,500円会費の忘年会。

先々月に『時代空間』という谷中の画廊に下見に行った時、
ここのオーナーで高校時代の同級生と、みんな集めて忘年会を、という話が今日実現。

101211_184149 この画廊は昔そのままの造りで渋い、落ち着きます。
しかも同級生の女性たちが手作り料理を準備して待っていてくれたのです!

皆さん主婦暦○十年、さすが!さまざまな家庭料理が続々と。
酒もいくらでもあって2,500円会費。

女性の皆様、感謝感謝です。m(__)m

ちょっと遅れてきた女性は、何と!網走からこの会のために来たんですって。
誰もが「ホントに今日のために?」と疑ったけど、本当らしい。

101211_180336_2 感動です!メチャクチャ盛り上がってきた~。(笑)

18時スタートで、気がついたら23時まわってる。
私はフラフラと帰途につきましたが、みんなどうしたんだろう、網走の彼女のお相手で朝まで?

どうなったのか?わかりませんが、居酒屋でやる忘年会よりも全然良い(酔い)。
楽しい楽しい5時間でした。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

来年の干支は、「辛卯」(かのと・う)

今日はお習字やってました。

来年は兎(うさぎ)年、干支は辛(かのと)の卯(う)です。
今年は庚(かのえ)寅(とら)、かのえ→かのと、と60年周期で続くのが「干支(えと)」。

Kanotou 去年の暮は、寅(虎)の書をたくさん頼まれ
今年も兎(卯)を既に予約されてるので、ぼちぼち始めたと言うわけです。

今日はとりあえず"兎"を何種類か書いてみたけど、何か!心が燃えてきました。
さあ、何でもいらっしゃい、気持ちが乗ってるうちに…。(笑)

なんて…、実は他にも年内にやることがたくさんあるので、今年の暮れもまた忙しくなりそう。

まあ、ヒマよりは良い事でしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

今朝の冨士山

我が家(品川区)の13階ベランダから見た今朝の富士山。
ケイタイで撮ったのでちょっとボケちゃったけど、
本当は手前の山並みにも雪がかかっていてとても美しい!
Fuji
エレベーターの中で、同じマンションの知らない奥様から「今日は富士山がキレイですね」と、声をかけられ、話がバッチリ合いました~(笑)

夏はこんなにはっきり見えない。向こうの空気が澄んでる冬が良いんです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年12月 6日 (月)

品川駅港南口の屋台?

101206_194025ひょんなことから、飲み友と品川駅で待ち合わせ。
港南口に出ると広場が賑やかになってる。

日本中の酒があるし、色んな地域の物産店や韓国の店、屋台のようなのもある。
出店の人に「何祭りですか?」と聞いてみると、「わからないけど年に3回やってる」という。

101206_194012特に何でもないようだけど、スゴイ人だかりだし面白い、先ずはここで一杯。

となりました。(笑)

毎日、朝11時からやってるらしい。
日本酒の銘柄も色々あって迷う。
こういう場合、いつもと違う酒がいいでしょう。

101206_195546私は澤乃井の辛口、にごり酒に目をつけました。

紙コップ一杯400円。
これはいい、こういう場所で飲むにはピッタリ。
もも焼き200円も旨い。

Nigorizake にごり酒、やっぱり効きますね~、おかわりしちゃいました。

すっかりよい気分、ここでずっと飲みますか…?
まあ、そうもいかなかったけど、予期せぬ酒も良いものでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

第三のビール?

No3beer 先日これをもらって飲んだ。

安いだけで飲めたもんじゃないって聞いてたけど、ビールと思うからいけないんじゃないかな?
サワーか何かのつもりで飲んだら、なかなか良かったですよ。

今日夕方、近所にマルエツが出来たので行ったら同じものがあった。それが、なんと6缶で488円!

一缶(350ml)88円て聞いてたのに、スーパーだと約81円ってことになる。
しかも、韓国産だって!驚きだらけ!

「第三のビール」をウィキペディアで調べてみると、
原料を麦芽以外にするか、発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜる。

確かにリキュール(発泡性)と表示、うまく逃げてる。
もちろんビールとはどこにも書いてない。麦爽快(むぎそうかい)「お酒」とだけ表示。
これじゃジュースやお茶より安いではないですか!

でもまあ、結論としては味わうと言うより、酔うために。ですかね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

近所の史跡を散歩したら…!

今日はちょっと二日酔い、こんな日は使いものにならない。治るまで散歩に限る。(笑)

Gate ボーッとしてちゃ時間の無駄でしょう。

そこで考えました。
同じ散歩でも、神田界隈はたくさんの歴史があるので、史跡めぐりが有意義な時間、つまり一石二鳥。

先ずは、徒歩5分の神田明神へ。
と、行ってみたけど、まだまだ回復しないので聖橋方面に上って湯島聖堂へ。

湯島聖堂は今まで大成殿だけ見て帰ったけど、下へ降りるともっといろいろ面白いものがありますよ。

Koshi2_2本当は昌平橋に近い坂下のほうが入り口(上の写真)なんでしょうけど、降りて行くほうが楽だし、このコースが良い。

本来、徳川綱吉が建てた孔子廟だそうで、なんと!巨大な孔子の銅像が!
これ、世界最大らしい。

ただし、昭和50年に中華民国から寄贈されたとあるので昔からあったわけじゃないんですね。
いずれにしても学問所。

Garden1_2 そこで一つ勉強になったのは、孔子像のそばに「楷(かい)」という木があって、この木は枝や葉が整然としているので、書道で言う『楷書』の語源となったそうなのです。

大正時代に中国から渡来した樹木だそうで、これは知らなかった!
確かに、楷書の楷はなぜ木ヘンなのか?前から疑問でした。

イヤー、二日酔いでも有効活用したら、一つ利口になったかな~。(^^;ゞ

ps.この写真は楷の木ではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »