« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

2011年・東京マラソン

私の友人が、5年目でやっと東京マラソンに当選。 年々倍率が高くなってるようです。

こりゃ応援してあげなきゃ!

Start というわけで、今日は友人追っかけレポーターです。(笑)

銀座三越前で待ってるよ、と、連絡。

彼の現在地はツイッターで確認できるし、スタート時の画像も見れました。→

ただしご本人曰く、つぶやきながらのマラソンは結構大変らしい。(笑)

私の自宅から銀座までは30分あれば行けるので、先ずは家でのんびりTVを。
早くもメコネンが2時間7分でゴールイン、それをTVで見届けてからゆっくり家を出る。

Mitsukoshi ところが途中、携帯に電話が!

走ってる彼からです。

「銀座三越前を通ったけど会えなかったですね」、と言う。

そうか、コースは浅草雷門まで行って、また銀座に戻って来るから、私はそれまでに三越前に着いてれば良いかな?と、勝手に思ってたもので…、

彼の走行時間を計算して、ケイタイカメラで待ち構える。
頼りは『走る』と書いた黄色のTシャツを着てるそうで。

しかし、混んでて、頭だらけでダメだ~、
なるべく人混みを抜けて…、京橋方面へ少し歩く。

Apple 

3万人以上の中から一人のランナーを見つけ、目の前で写真撮るのは至難の業!?

Gane彼が走りながら、いま30キロ!と、ツイートした時、私は約25分後に銀座四丁目を通る筈。
と素早く計算…。

正確でした~!

来た~!

しかし、通り過ぎるのは一瞬、 シャッターが遅れた! 押すのが一秒遅かったのだ、残念。(>_<)
からだ半分しか写らなかった。右の写真です→

通り過ぎてしまってから、電話がかかってきたので"この写真"を確認、間違いない。

というわけで無事に完走、4時間35分38秒。
予定した目標通りのタイムだそうで、立派です。(^0^)/

それにしても、42.195kmを7時間以内で走らなきゃいけないルール。
私は、時速6kmの早足で毎日1時間歩いてますが、これ以上の速さで7時間なんて、考えたらとてもムリ!
参加の皆さんスゴイ!9割以上の人が完走してるんでしょ、ビリでも笑えませんよね。

そして、素晴らしい友人を応援、イヤー、楽しかった~(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

座右の銘に?

Komado 先日、この言葉を書いて欲しいと頼まれて、兵庫県の女性の方に送りました。

『 熟能生巧 勤能■拙 』→

意味は、"熟練すれば上手になり、勤勉は不才を補う"

"勤勉は不才を補う"か~、なるほど!
勉学に励む人は壁に貼っておくと良いかも…。

ところが、2行目の"衣へンにト"は日本語にないのです。

何と読むのでしょう?

読めないままに書いちゃいました。(笑)

SNSに載せたら、親切な方が教えてくれました。
日本語の漢字は「補」。意味は同じで補うって意味、ブーと読むそうです。

ところで、中国におられる渡辺明次先生にも報告すると、先ほど、この書をプリントアウトして、ご自分の部屋の壁に貼った写真を送ってくださったのです。↓

Akitsuguroom (実物の大きさは長さが68cmだから、だいたいこんなもんですかね?)

直筆(原画)の方は、送った女性の方がご自分で額装するそうですが、
このプリントしたやつも、写真で見るとなかなか良いじゃないですかね。(^^;ゞ

この部屋、カッコよさそうだし?貼ってくださって恐縮です。

もし、気に入られたら、どなたでも、座右の銘として使ってくだされば私も嬉しいです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

仏教伝来の道『平山郁夫と文化財保護』展へ

83才と53才の"書"のお友だちが、茨城県古河市という遠いところから東京見物に来るという。
でも、朝から付き合ってるほどヒマではないので、夕方『平山郁夫と文化財保護』展の会場で会うことにしました。

110222_154559 上野の東京国立博物館で1月からやってるけど、来週いっぱいで終わってしまうので丁度良いかと。

一昨年12月に亡くなった平山郁夫画伯の作品(仏教伝来の道)だけじゃなく、残された仏像や壁画なども展示されていて良かった。文化遺産の保護にも生涯をかけたんですね。

私は夕方4時近くに行ったので並ばずに入れたけど、3日前に入場者数が10万人を超えたというからスゴイ人気。

正直なところ、私としてはシルクロードの絵にはそれほど興味がないのですが、奈良の薬師寺に奉納されていると言う「大唐西域壁画」は良かった。

特に"西方浄土・須弥山"の絵は素晴らしい迫力。
全くの私見ですが、この絵だけ別人のような輝き、すっかり見入りました。

ところで、連れのお二人に、東京見物はどうでしたか?と聞くと、スカイツリーを見てから浅草に行ってきたらしい。

それじゃあ、夜の部は、お得意の銀座ライオンビヤホールはどうですか?
と誘ったのが幸か、不幸か!?
気がついたら11時!無事に帰れたのでしょうか~?(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月17日 (木)

ブリスベンからの便り

一昨年の秋に、鎌倉で『梁祝愛情故事』の舞台公演を演出された古野さんは、現在オーストラリア・ブリスベンの自宅でご家族と悠々自適に?暮らしています。

今でも日々のお便りをくれるのですが、今日のは驚きの出来事です。

何と、私が一ヶ月前にやってしまった事故と殆んど同じようなケガをしたという、見知らぬ人の話。

転載…「ブリスベン日記」
オーストラリア・ブリスベン市のとある鉄道駅出口付近で男の人が血だらけになり倒れているのを通りがかりの人が見つけ、救急車を呼んだ。
搬送された病院で調べたところ、男は、鼻から血を出し、顔と肩、膝を強打、転倒直後、瞬間的に意識を失ったが、すぐに回復した。全治1カ月以上の重傷。雨の中、同鉄道駅から出た直後に足を滑らせ、転倒したらしい。…中略…
同病院でCT検査、レントゲン検査などを受けた結果、顔の左半分、左肩を打撲、左目の周りがKOされたボクサーのようになり、ホホ骨にひびが入っていることがわかった。

と、いうことで、状況は私とチョット違うけど、
最後の2行は、なぜか?まるで同じでビックリでした。(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

『巣鴨地蔵通り商店街』へ!

午前中仕事のプレゼンテーションのあと、とあるビジネスカレッジの催事につき合わされて歩いたのが、この通り。↓

110216_120746 かの有名な、巣鴨の商店街!

「お年寄りの原宿」って呼ぶんですね~。
テレビでは何度も見たけど、来たのは生まれて初めて。

私も同じ下町なのに、こんなことがなけりゃ、来ることはないですね~。

気がつくと、私こそおのぼりさんだ~!
道にあふれる老人だらけに、目をパチクリ、キョロキョロでした。

商店街の幅は思ったより広いかな?
なるほど、お年寄り向けの商品がずらり。
売ってるものを覗きながら歩くと楽しいもんです、値段がみんな手ごろなんですね。

とはいえ、私は何も買いませんでしたが…。

毛嫌いしてないで実際に行ってみると、"なるほど"という発見があるもんです。
お昼ごはんご馳走になっちゃったし、仕事の後の楽しいひと時でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

バレンタインデー、チョコよりお酒?(笑)

110214_200248バレンタインデー、年とともに?プレゼントが減っていく…(汗、、)

こうなると数じゃない、中味だ!

なんて…、我をなぐさめる。

昔は飲み屋のはしごやって、義理?チョコたくさん家に持ち帰って…、
なんて、バカをやったけど、先月ケガをしちゃったので、顔のキズが完全に消えるまで飲み歩きは控えてます。

それでも事務所に少し届きました、まだ捨てたもんじゃないでしょう。(笑)

私は酒飲みだけどチョコは好きです、でもお酒もらうとこれまた嬉しい。

お酒といっても、芋焼酎ならそこそこのチョコと値段も変わらないし…。

気を使ってます。

というわけで、仕事が済んでからさっそく味見。
ツマミが欲しくなりました~。

ひとり寂しくつぶやく、バレンタインデーの夜でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

梁祝(りゃんちゅう)福島講演のご報告

中国「梁祝(りゃんちゅう)愛情故事」を日本に普及、"第一弾"福島市での講演会です。

Masatani_speach 福島市日中友好協会会長・山田明生さんのご尽力により、「新春のつどい」での梁祝(りゃんちゅう)講演が開催されました。

実は、梁祝会の代表、渡辺明次先生が急遽中国に戻らねばならなく、すったもんだしましたが…(笑)
代わりを務めてくださった、北京駐在代表の正谷絵美さんが立派に代役を果たしてくれました。

会場はホテル福島グリーンパレス。夕方5時からの講演には参加者40人の予定が50人も集まり、梁祝会メンバー2名も東京から応援にかけつけたのです。

Party 参加者のほとんどか会社を経営されている方々で、その中には中国に工場を持っている方も。福島県県会議員、福島市市議会議員も参加され、地元紙2社の取材の中で50分間の講演でした。
最初の15分は梁祝物語の解説、後半は日中友好の現在について講演しましたが、いくつかの質問にもよどみなく説明され、立派なものでした。

皆さん私語もなく真剣に聞いてくださったようで、ご本人はやりにくかったと言われますが、とんでもない、暖かい歓迎を受けられたようです。

その後の、懇親会では二次会、三次会と流れ、解放されたのは夜の12時!というからスゴイ。

2shot そして、参加者全員に渡辺先生著書の梁祝口承伝説集を贈呈、報道関係者の方々には他の梁祝本と孟姜女の本をセットで贈呈しました。

参加者の大部分は"梁祝"を聞くのも初めての人たちで、かろうじて何人かが"牛郎織女"を知っている程度でしたが、会としては今後、中国での経済活動をいかにするか、経済、観光、文化などいくつかの分科会を作り、より研究を進め、日中友好を深めていく計画だそう。

というわけで、何とか無事成功裡に終えられ良かったですね。

<山田明生会長より、お礼のメールをいただいたので紹介します。>
渡辺先生、この度の福島日中友好協会新春のつどいにさいして、大変なるご好意をたまわりましてお陰様にて盛況なかにて終了することが出来ました。
また先生より高価な著書を会員全員に贈呈を受け誠に有難うございました心より御礼を申し上げます。
また、正谷さんの講演も大変好評でした。これからも渡辺先生始め皆様のご支援ご指導を宜しくお願い申し上げます取り急ぎ御礼まで。
山田明生

この会は、数年間何の活動も集まりもなかったとのこと。
これを機に今後の活動を大いに期待したいところです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 8日 (火)

"魅力北京"写真展へ

110208_102000 東京都と北京市は友好都市だそうで、「北京を紹介した写真展」が都庁45階の南展望室で開催。
2月8日、9日の2日間しかやらないのですが、今日はその開幕式でした。

東京都副知事、中国側からは駐日大使館公使の挨拶、そしてテープカット。

110208_100901_2 北京の写真は結構見てるので、私としてはさほど珍しく感じるものが少なくなってますが、友好のためには良いでしょう。
別のコーナーでは、切り絵や書の実演も。
この写真展のタイトルを書かれた書家の方ですかね?その方の実演は興味ありました。

110208_100723_2 都庁の45階に上がったのは初めて、朝から気持ちが良かった。
この南展望室はそんなに広くないので360度一望できてGood!
さすがに良き眺めだねぇ。(笑)

ところで挨拶された中国大使館の公使は、一昨年、我々が開催した「和の会」展でも挨拶とテープカットに出てくだった方で、感謝感激でした~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

春節を祝う会

2月3日は中国の正月春節にあたります。そこで日曜漢語角と湖南人会、湖南省友の会、NPO法人日中交流支援機構と合同の『春節を祝う会』を…、という新年会へ。

Dscf0024 本日2時半にいつも通り西池袋公園の漢語角に集まり記念写真。
我々「梁祝会」のメンバーも集まったので、どさくさまぎれに?横断幕を出しちゃいました。(笑)→
香港のネット新聞にも載ったようです。

そして、その足で全員が中国料理店に向かったのだけどスゴイ人数です。申し込み定員50名をずっと超えてます。

110206_150342 ギッシリ満員の会場には、日経新聞と中国新聞の記者が取材に来て、色々な方にインタビューしてました。

すっかり有名になって素晴らしい。

私はプレゼント用に『兎』の書を2枚頼まれていたので挨拶とそれを披露。

Usagishikisji2枚の書のひとつは、小さな女の子が選ばれプレゼントしました。(写真)

実は、マフラーで顔のキズを隠してるので不自然になってますが、段さんのブログには中国語で載ってます

ワイワイと盛り上がってるうちに、新年会はあっという間に終わって、我々「梁祝会」は、2次会へ。

Liangzhumember この間やったばかりなのに、話は尽きない。
福島市・日中友好協会の会長もすっかり我々を気に入ってくださったようで、ご一緒です。
来週の日曜日には、福島氏で「梁祝(リャンチュウ)愛情故事」の出張講演をすることになってます。

私は行けませんが、いよいよ東北にも進出。
この素晴らしい物語が日本中に広まって欲しいものです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 3日 (木)

今日は旧暦の元旦、兎の年賀状送ります。

今日は旧暦の元旦。新年おめでとうございます。
中国語で『新年好(シンネンハオ)』。カンタンですね、覚えました(笑)

↓兎の文字と我が家から撮った富士山との合成、プライベート年賀状です。

Newyear_card

ところで去年の元旦は2月14日でした。毎年こんなに元旦が違うんですね。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

中国式?仕事の会議

ケガのキズがまだ顔面から消え去っていないけど、今日は仕事の打ち合わせ。
マスクして、スーツをきて出かけました。

110202_133859 でも、会議室は中国料理店。

お昼の12時から3時まで。
旅行会社や新聞社の方々も見えて6人での会議。
(日本人は私だけ)

仕事の内容はともかくとして、昼間からワインをグイグイ、北京ダックも出てくる、出てくる。
ワイン何本空けたんだろう?
中国人は気持ちが大きいね~

お酒を飲みながらちゃんと意見を交わしあい、アイデアも続々と出る。
今後のスケジュールもきちっと決めました。

中国式は一口飲むたびにグラスを交し合う、これが朋友関係となって良いんですね。

初対面の方ともすぐにうちとけ合えるので、私としてはgood!(笑)

ケガ依頼、久しぶりにしっかり飲んで、お腹もいっぱい。
さあ、今週はこの企画書作りで頑張ります。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 1日 (火)

大河ドラマ「江」に、友人が!

TVドラマのエキストラやってる友達がいます。
昔からの仕事仲間ですが、好奇心旺盛?本職と同時に今やこれも楽しんでるようです。

Sudo2これは安土城下の町人だそうですが、いくつか送ってもらった写真にはビックリするのも!

著作権上、画像は公開できませんが、
宮沢りえ、鈴木保奈美、ミムラと並んで、信長を見ている武家の女役です。

寒いなか正座でしたが、至福のひとときでした。2月5日の午後1時からの再放送で見れます。開始から13分でこの武家の女がちょっと出てきます。
打掛着たのは初めてで信長の側室になったような気分でした(^^)
ロケは1日でも放送はほんの一瞬ですので録画をおすすめします。

ですって、

メイン女優と並んで、武家の女性役。
エキストラでも、こんなメジャーなシーンを受け持つチャンスがあるんですね~!

あと、4月からの日曜劇場"仁"にも出るそうです。

こんな楽しんでの仕事もいいもんですね~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »