« 福島講演の新聞記事 | トップページ | 勇気付けられる応援メッセージがいっぱい! »

2011年3月 7日 (月)

国立新美術館へ

頑張ってる友人のために?今年も見に行きましたよ「汎美(はんび)展」。

去年の秋は、池袋の芸術劇場だったけど、やっぱり国立新美術館が広くて良い感じ。

美術界では当たり前のような?公募展における偏った審査とヒエラルキーな組織。
しかし、この会はそれらを廃し、基本的に無審査で、会員と一般出品者の区別もなく公平に展示する。というのがモットーだそうです。

芸術作品の発表の場というのは、そうありたいもので私も賛同します。

110307_174137今年はまた質の高い作品が多くて、入り口からズシッときました。(笑)
全く同じスタイルで何年も自分と戦ってる作家もいれば、思い切って作風を変えてみる方も…。

そこで、友人の中西さんとその作品。→
今年は一気に翔びましたね~。独自の造形を追求しつつ、そこに新たな試みを…。

Tsuka こういうチャレンジが見ていて心地よいと感じる私でした。

そういえば、岡澤みさを先生も。
←今年はまたまた斬新な表現を!
思わず、私がでしゃばってます。

同じ作家を毎年続けて拝観する楽しみは、ジャンルが違う私にも良い勉強になっているのです。(^^)v

|

« 福島講演の新聞記事 | トップページ | 勇気付けられる応援メッセージがいっぱい! »

コメント

ご来場、ご紹介、会食有難うございました。あの日とは打って変わった今日になってしまいました。余りにも急な状況変化に唖然としています。

投稿: 中西 祥司 | 2011年3月16日 (水) 01:26

中西さん、
コメントありがとうございます。
本当ですね!六本木で飲んで別れたのがウソのようです。
まだまだどうなるかわかりません、
ブログ書くのもしばらく自粛しています。

投稿: 塚越 誠 | 2011年3月16日 (水) 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/51068120

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館へ:

« 福島講演の新聞記事 | トップページ | 勇気付けられる応援メッセージがいっぱい! »