« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

復興応援駅弁大会!?

今日は朝から私用で外出、ここは東京駅(エキナカ)です。
私は単なる通行人ですが、ものすごい熱気なので思わずシャッターを。

110429_095001 そうか!新幹線が北から南まで開通。
で、駅弁が盛り上がってるのをテレビでやってましたね~。

同時に東北新幹線、復旧おめでとう。
何しろ、開通早々からトラブル続きだったけど、良かった~。

まだ朝の10時前ですよ~、
大盛況のようで?みんな並んでる!それぞれ最後尾の看板があちこちに!

ゴールデンウィーク中(6日まで)やってるようです。

私は駅弁って、出張の時に買ってもらった事はあるけど、自分で買って食べたことが無いのです。
つい、その気になったけど、こんなに並んでるんではちょっとね…。
やめました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

アンディ・ウィリアムスのダニー・ボーイ

だいぶ暖かくなってきたので、実家(台東区)の掃除と片付けを少しづつ始めました。

特に2階は長いこと誰も住んでいない。
押入れや棚を一つづつ開けてみると、ホコリがしっかりかぶっていて大変です。

でも始めてみると、これが楽しい。

宝探しじゃないけど、古い八角時計とか…、いろんなものが出てくる。
ただし、『なんでも鑑定団』に出すような代物は(我が家には)ありえないけど…。(笑)

Player 今日見つけたのは、アナログのポータブルプレーヤ。
大きいステレオは捨てた筈だけど、小さいのは残してあったんだ。
レコード盤もたくさん出てきました。

ドーナツ盤とか、45回転とか!懐かしい~。

嬉しくなったのはこの曲、アンディ・ウィリアムスのダニー・ボーイ。
1970年5月に、アンディ・ウィリアムスが2度目の来日に合わせて出したレコードのようで、CBS・ソニーレコード株式会社となってる。

きっと私の家族の誰かが大事に持っていたんでしょうね?

針は大丈夫かな?と心配しつつ下ろしてみると!

Oh, Danny boy~♪

イイね~!音が、なんとも言えない、素晴らしい!
デジタルが当たり前になってる今、これはイイな~!

臨場感のような、何と言うか…温かみがある。全身どよめくと言ったらオーバーかな?
見つけたプレーヤのほうはイマイチだけど、レコード盤の音の素晴らしさ、再発見です。

お掃除そっちのけで?懐古の世界へと浸ってしまいました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

山頭火の"さくら"

毎日ヒマだから、山頭火(漂白の詩人)の詩でも書きました。
『さくらさくらさくさくらちるさくら』

Sakura 何と言うか、山頭火のこういうあっけらかんの詩が好き。

先週、満開の桜を撮ったので、もったいないから詩にあわせて合成しました。

書もいいでしょ?!

詩に溶け込み?力まず自然な気持ちで書いちゃいました。
日本の書"ひらがな"!です。(笑)

私は、"かな書道"の専門でないので、団体独特の書風や、古典だの現代書だのにこだわらない。

書は絵画などと違って、周囲の受けを狙って書くのは良くない、と思ってます。
(筆を動かしてる時の話ですが…)

何でもそう思うけど、単なる受け狙いは"さもしい"。
山頭火のような気持ちが好いのかな?

なんて…、書くときの"気持ち"、"こころ"が大事でしょうかね。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月15日 (金)

みどりと花のフェスティバル。

私だけでは無いと思うけど、3月11日の大震災以来、なぜか?家にまっすぐ帰るようになり、無意識にも早寝早起きになって健康的になってます。

110415_091724 幸か不幸か?飲み歩きもグッと減ったような…(笑)

昨日は地味な花?を観賞しながらのウォーキングでしたが、今朝はもう少し先に進むと、何と豪華な花々が!

ここは、天王洲アイル駅近くの東品川海上公園。→

いや~、昨日とはガラリと変わって、たくさんの花壇と美しい観賞花たち。

110415_091455_2その前に、先ず驚いたのは、桜の花びらが散って、あたり一面、雪が降った後のよう。
これはまた見事!花びらの量がスゴイ!→

ここで、明日から「みどりと花のフェスティバル」があるそうで、その会場案内も出てました。

110415_091613 春を迎えた公園ではチューリップが満開、富山とオランダ生まれのステキなパステルカラーの花壇たちが皆様をお迎えします。

ですって!

様々な催しがあるようで、地震被災地への応援企画もあるらしい。

17日の日曜日まで。面白そうだし、覗いてみようかな~?(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

お花見ウォーキング。

桜のお花見は例年に無く静かにやりましたが、今日のは、"もっと地味~"なお花見です。(笑)

Course 私の毎日のウォーキングコースは自然に包まれたロードなのに、しかも美しい春の花々が咲き始めているというのに、それらには見向きもせずただひたすら歩き続けていた我に反省を。
つまりウォーキングしながら、ひっそりと咲いている道端の花々を見つけては撮り歩きました。
雑草のような花でも、そこに咲いている姿に感動する場合もあって無視はできません。

とにかく、こうやって毎日地震やら原発やらで将来不安を感じていると、同じ地球の一員である花々には敬意を表したくなっちゃう。

なんて、悟ったような気分。

Flower

ただ、東京も大きな揺れが毎日続いているけど、TVで震源地を確認すると、そちらはもっと揺れているわけで、こんな程度で大騒ぎしては申し訳ない、と、心が痛みます。

今日は、自然のなかでひっそりと咲いている花々を見つつウォーキング、
朝から、少し元気が出たような気分になりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

アメ横のパンダ。

先週は、上野公園でパンダの見物客の大行列を見てきたけど、ここ、アメ横もパンダの恩恵を受けているようです。

Ameyoko 東日本大震災で、早々と店じまいする店が多く、暗いイメージに沈んでいたけど、パンダの公開と ともに売り上げも上々、震災前ほどではないが客足も戻りつつあるとか。

←アメ横の下に、『みんなでがんばろう日本』の横断幕が!
その下に小さく、「けっぱれ!東北、北の玄関、上野アメ横」って書いてある。

ところで、"けっぱれ!"って何ですか?"がんばれ!"って意味かしら?

Pandaパンダの懸垂幕も発見、可愛く応援してました。(笑)→

上野アメ横商店街連合会青年部の公式ブログも発見。

Ameyoko1以下はInfoseekのニュース記事より。
震災の影響で延期されていた東京・上野動物園のパンダが満を持して公開された。
1000年に一度の大災害で上野をはじめ動物園周辺の商店街は軒並み大打撃を受け、
花見の自粛ムードも追い打ちをかけた。パンダ効果で、客足は戻りつつあるが、
震災の爪痕が完全に癒えるにはまだ時間がかかりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

"日本から学ぶ"というチェーンメール。

チェーンメールと言うと悪徳メールの代名詞?でもこれは違うようで…。

ロサンゼルスの方から届いた情報ですが、こんな英文チェーンメールが世界を駆け巡っているそう。

東日本大震災の被害の中で日本が示した秩序や助け合いなどに感動した人々の間で次々にシェアーされています。(中略)誰が最初に制作したかどうかには関わらず、多くの人々が感動し、日本社会の素晴らしさを称えています。

ということだそうで、英文(原文)を"超シンプル"に訳してみました。(笑)

10 things to learn from Japan- 日本に学ぶ10のこと

1. THE CALM--Not a single visual of chest-beating or wild grief. Sorrow itself has been elevated.
冷静⇒悲しみは高まりつつも、騒ぐ人や嘆き叫ぶ人の姿はない。

2. THE DIGNITY----Disciplined queues for water and groceries. Not a rough word or a crude gesture.
品格⇒水や食料を求める行列に、荒だつ言葉や粗雑な行動がない。

3. THE ABILITY--- The incredible architects, for instance. Buildings swayed but didn’t fall.
技能⇒信じがたき建築技術、大きく揺れたが崩れたビルはない。

4. THE GRACE-----People bought only what they needed for the present, so everybody could get something.
気品⇒人々は、今必要なものだけを買う、皆んなに行き渡るために。

5. THE ORDER-----No looting in shops. No honking and no overtaking on the roads. Just understanding.
秩序⇒通じあう心、店での略奪や路上での追い越しや叫び声がない。

6. THE SACRIFICE----Fifty workers stayed back to pump sea water in the N-reactors. How will they ever be repaid?
犠牲⇒命をかけて原子炉に留まった50人、その恩返しは如何に?

7. THE TENDERNESS------Restaurants cut prices. An unguarded ATM is left alone. The strong cared for the weak.
優しさ⇒値下げするレストラン、警備なしのATM、強者が弱者の世話をする。

8. THE TRAINING----The old and the children, everyone knew exactly what to do. And they did just that.
訓練⇒老人も子供も皆やるべきことを知り、淡々と行動をしている。

9. THE MEDIA----They showed magnificent restraint in the bulletins. No silly reporters. Only calm reportage.
メディア⇒抑制し落ち着いた報道、 愚かなレポーターはいない。

10. THE CONSCIENCE---When the power went off in a store, people put things back on the shelves &left quietly.
良心⇒お店で電源が切れた時、物を棚に戻し静かに店を去る客たち。

Truly Inspirational --what is happening in the Land of the Rising Sun.
※本当にスゴイ!⇒日出ずる国で起こっていること

と言うことで、本当にスゴイお言葉ばかりですね~!
実際は買占めなど色々あるし、ちょっと褒めすぎかな?とも思いましたが…(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

花よりパンダ?!(笑)

ここにいる人たちは全部パンダ見物客、上野動物園に入場待ちの行列です。
動物園入り口はずっと先なのに、どこまでも、どこまでも、うねって並んでる。
これにはビックリ!まさに"花よりパンダ"?ですね~。(笑)
Line

上野の桜は間もなく満開、でもお花見は自粛と聞き、午前中、時間があったのでふらりと寄って見たのです。

Last_2閑散としてるのかな?と思ってたらとんでもない。
スゴイ行列に遭遇でした。
最後尾まで行ってみると、これから並ぶ人がまだまだやって来る。
←この時点でグランドの裏側、まだ10時半ですよ!
このまま行ったら西郷さんの方まで続くのかな~?
全国から来てるのでしょう、何時間待ちになるんでしょうかね~?

110404_102511 上野恩賜公園入り口の看板は"桜まつり"でなく「被災地・被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げますー上野観光連盟」の文字に変わってた。

まあ、ドンチャン騒ぎは自粛するとしても、美しい桜の花見で気持ちを洗うのは良いことでしょう。

東京も震度3前後の地震が毎日続いてるし、街や駅は節電で暗い。
不安は隠せないけど、気持ちは明るく!取り戻さなくっちゃ!ですね。

ふとした好奇心で、朝から美しい心の散歩が出来ました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

Pray for Japan

Prayは祈る、Playは遊ぶ。間違える人はいないでしょうが…この言葉にも感動しました。

東北関東大震災「あなたたちは一人じゃない」というのがタイトルかな?
英語版もありますが、これは"夜明けの月編"という、冴沢鐘己さんのチャリティーソングとのコラボレーションだそうで、こちらバージョンが気に入ったので載せました。

実は、3月16日に"勇気付けられるツイートが一杯"を紹介しましたが、
このビデオもロサンゼルスの鶴亀さんからの情報。
大変心配され米国民の様子も知らせてくださっております。

そのメールの一部を紹介します。
(前半略)
被災者の皆さんのご苦労や放射能の懸念も続いています。
計画停電や物不足でお困りの皆さんも多いのではないでしょうか?

前回お送りした20歳の若者が地震初日に避難所の暗闇の中で制作
したサイトの情報に引き続き、今度はそれをもとにして、小学校の
先生が子供たちを勇気付けるために制作した6分のビデオに関する
情報をシェアーさせて頂きます。
ユーチューブに投稿され、すでに50万人以上の人が観ています。
http://www.youtube.com/user/hideyumo#p/f
今回の日本の悲劇に対して世界中から寄せられた励ましの声の大き
さ、広さには驚いています。これは日本が世界から好意を持って見
られている証拠だと思います。まだ世界の中には過去の戦争の影響
などから、時折非難の声が上がる国もありますが、戦後66年、平
和を守り、戦争により他国の人を一人も殺していない事実や、多く
の国々に経済的援助をして来た賜物だと思います。日本と日本人は
世界の国々や人々に愛されています。
(中略)
ロサンゼルス・マラソンが行われています。
東北地震の被災者のために義捐金募集の目的で走っているランナー
も少なくありません。
彼らの思いに答えるためにも、日本の皆さんが心と知恵を合わせ、
現在の苦難を越えられる事を太平洋のこちらから祈っております。
鶴亀彰

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »