« みどりと花のフェスティバル。 | トップページ | アンディ・ウィリアムスのダニー・ボーイ »

2011年4月20日 (水)

山頭火の"さくら"

毎日ヒマだから、山頭火(漂白の詩人)の詩でも書きました。
『さくらさくらさくさくらちるさくら』

Sakura 何と言うか、山頭火のこういうあっけらかんの詩が好き。

先週、満開の桜を撮ったので、もったいないから詩にあわせて合成しました。

書もいいでしょ?!

詩に溶け込み?力まず自然な気持ちで書いちゃいました。
日本の書"ひらがな"!です。(笑)

私は、"かな書道"の専門でないので、団体独特の書風や、古典だの現代書だのにこだわらない。

書は絵画などと違って、周囲の受けを狙って書くのは良くない、と思ってます。
(筆を動かしてる時の話ですが…)

何でもそう思うけど、単なる受け狙いは"さもしい"。
山頭火のような気持ちが好いのかな?

なんて…、書くときの"気持ち"、"こころ"が大事でしょうかね。(^^;ゞ

|

« みどりと花のフェスティバル。 | トップページ | アンディ・ウィリアムスのダニー・ボーイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/51474408

この記事へのトラックバック一覧です: 山頭火の"さくら":

» 四国中央市で道路へ水を撒くお婆さん [迷惑情報ネット]
他人へ迷惑をかけている情報をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2011年4月25日 (月) 13:46

« みどりと花のフェスティバル。 | トップページ | アンディ・ウィリアムスのダニー・ボーイ »